« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月26日 (木)

「電話してくるヤツと仕事をするな」って分かる

ホリエモンが本で「電話してくるヤツと仕事をするな」って書いている点には私も同感。電話って急な時、以外にされては困るというもの。こちらの事情も知らずに一方的に電話されたら迷惑でさえある。

電話を頻繁に使う人の共通点は仕事が出来ないこと。その点は見事に当たっているから滑稽。こんなことを書きながら数人の名前が浮かんでくる。彼らには申し訳ないが社内の評価も想像がつく。

電話の内容がメールで用が足りる場合、怒りが込み上げてくると同時にこの人への評価は更に下がる。インターネットが無い時代にはこんなことは無かった???

2017年10月11日 (水)

ミニ樽プランター タテ&ヨコ型

Img_3644
天使のミニ樽を使ったプランター。作業の合間に加工。これに植物を植えるとオシャレ度は抜群!タテ型とヨコ型の2種類。サイズは1リットル、2リットル、3リットルと5リットルあり。アンティーク風にペイント。購入はこちらから。

2017年10月 9日 (月)

夜中、徘徊する老人を保護

昨晩は初めての経験をした。23時半頃、誰かが庭を歩く足音で目が覚めた。独り言をつぶやきながらグルグル回っているようだ。布団から出て2階の窓からのぞくと白髪の老人が歩いている。変だ!直ぐに痴ほう症の老人が徘徊しているのだと悟った。

家の電気を付けて外に出ると知らない老人がよろよろと歩いている。同じ場所をグルグルと何周も。「ちょっと休みませんか?」と声をかけると「県警本部の〇〇です。ご苦労様」としっかりした返事が返ってきたのでちょっとビックリ。

現役時代はどこかの警察官だったのだろうか?知的な感じはする。玄関近くに呼び寄せて110に電話。事情を説明すると「警察官を行かせます。」とのこと。家の前の道路に出て警察を待っていると女性が現れておじいさんを探していることが分かり、引き渡す。事故になる前に見つかってよかった。高齢化の問題は直ぐ近くでも起きているのを実感。

 

2017年10月 1日 (日)

20年ぶりの再会

昨晩は楽しかった。アメリカで働いていた頃の日本企業の仲間たちと20年ぶりに京都で会った。不思議なもので会って直ぐに20年のギャップなど吹き飛んでしまった。皆、アメリカで一番、暑いと言われるエリアで過ごしたことは連帯感を強めるようだ。夏場は40℃を超える地域なのだから・・・

当時、それぞれ異なる3社で働いていて、私以外の2人は大企業なので今も同じ会社。二人とも出世している。テレビに出た人もいた。

順にその後の経緯を話すとそれぞれに面白い人生を歩んでいる。彼らの会社は大きく、世界に拠点があるので今もあちこち出張しているとのこと。かなり差をつけられた感じがする。

最後に私の番が回ってきて話し始めた。まずは昨晩からかぶり始めたウィッグから話さざるを得なくなった。皆の目線が私の頭にあることに気づいたからだ。「実はウィッグです。」と、告白すると一斉に「ホー」と、声が上がった。「髪が増えてるからおかしいと思った」「似合ってる」「高いんでしょう?」・・・次々に質問が飛んでくる。

ウィッグを見る目を持つ人は少ないから助かる。私のウィッグは安いものだがほとんど人に数十万のウィッグに見えるようだ。この話題で一気に場が和んだのは事実。「〇〇さんらしいわ」で次の話題に移る。   

つづく

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »