« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月29日 (金)

GWも仕事

今日から世間ではGWだが私は仕事。昨日、やっと新しい仕事場で電話が使えるようになった。パソコンの接続設定は自分では出来そうにないので明日、知人が来てしてくれる。

引っ越し後、連日の片づけで体はボロボロって感じ。その間も出荷はあるので大忙し。やっと仕事ができる環境が整いつつある。実際にモノを入れると思ったより狭いことに気付く。

建屋の2階なので天気のいい日は結構、室温が高くなる。ホームセンターでカラーボードを買って来て窓をふさぐ。商品への悪影響を防ぐため。

2016年4月22日 (金)

メキシコの「明日」は24時間以内にやって来ない

「明日、返事する。」と言われて「ホントかな?」と思いつつ、期待して待つ自分がいる。やはり私は日本人なのだ。

されど1日経っても返事が来ないし「遅れる」との連絡も無い。その時点で「またやられた」と思う。

メキシコ人が使う「明日」とは日本時間の24時間以内ではないのだ。それにメキシコには物事が計画通りには進まない理由は山ほどある。停電、工事、故障、休暇・・・

2016年4月20日 (水)

Windows 8.1 パソコン購入

作業場にもパソコンを入れるべく量販店に買いに行く。事前にヤマトに電話して確認すると伝票発行はWindows 10には対応していないとの事。それなら10を搭載したのパソコンは買えない。仕方なく、店頭で売れ残っていた展示品の8.1のパソコンを購入。今、使って入るPCはWindows 7だから、慣れるまで苦労が続くのだろう。

プリンターはFAXも出来るブラザーの複合機にした。これならプリントせずにパソコンからFAX出来るので助かる。最近、始めたリカーショップとのビジネスはFAX中心なので大変。デジタルに慣れるとアナログの煩わしさはたまらない。

2016年4月19日 (火)

気の利かない対応

私の場合、メキシコとやり取りしているわけだがメキシコに限らず、海外とやり取りしたことにある人ならだれでも経験することの一つに「気が利かない」って感じることがある。「なんで言わないのだ?」と聞けば「それは聞かれていない。」と言われる始末。それを言われたら一瞬「私が悪いのか?」と気の弱い日本人は思ってしまう。

「気が利く」と言う点において日本は最高の下地がある。個人の主張や権利を前面に出している国では相手を思いやる気配りなど世界文化遺産レベルもの。

そんな外国人たちも日本に来て気配り文化に触れた時、心地よさを感じる人がいるに違いない。そういう意味で日本は今のままでも魅力はあるのだ。お人好し国家の出番はこれからかもしれない。

2016年4月17日 (日)

ネイルアートってアホちゃうの

生命保険会社から女性2人がやって来た。挨拶と切り替えの案内だ。新人の研修中のようで20代前半の女性は話し方から子供じみており、気に入らない。どんな環境で育ったのだろう。しばらくあちこちでバカにされるだろうと思うと悲劇だ。

同行している先輩女性は一見、綺麗な女性だが、彼女の爪を見て唖然とした。チャラチャラした飾りが付いている。客先に訪問して説明する仕事にもかかわらずこんな爪が許されるのか。住友生命ではOKのようだ。爪を見てからアホらしくなったので早々に帰ってもらった。あんな爪で料理してるのか?

そもそもネイルアートっていうのが気に入らない。幼稚園の子供がするのなら分かるが大人の女性がする事では無いだろう。ネイルサロンがあるのだから笑ってしまう。こんな所に出入りする女はアホ丸出し。

2016年4月16日 (土)

カメラを首から下げるのは中国系

時々、カメラを首から下げる若者を見かける。その度に違和感を覚えていた。いまどきの日本人の若者はカメラを首から下げないぞ。彼らは中国系の若者たちだと思う。きっとそうだ。

手にはスマホを持っていてファッションも日本人と変わらないので、見た目では区別がつかない。

2016年4月14日 (木)

着物手当 in 京都

昨日、用事で京都に行った。烏丸通では多くの外国人を見かけた。そんな中を和服の女性やカップルが歩いていて、観光客たちが目で追っている。その姿を私が目で追う。

そこでピンとしたのが「着物手当」なるものを京都市の補助の元で出したら面白い。着物で通勤する人に手当てが支給される。その財源はふるさと納税や一般市民からの寄付をあてる。寄付は税控除の対象となるのでメリットはある。

京都に行くと着物を着た人たちがさりげなく歩いている。そうなれば街の雰囲気はアップする。年金生活者からスタートするのもいいぞ。着物で外出して地域と健康に貢献する。

2016年4月12日 (火)

オバマ大統領は広島に行かない

外相たちが広島を訪問した意義は大きいが、単純に核の廃止に向けた流れは出来ない。核ビジネスがあり、相手国への抑止力としても使われているのだから簡単に核は手放せない。

オバマ大統領が広島を訪問するかどうかマスコミが騒いでいるが、その可能性は低い。クリントン大統領候補とのやり取りを想像してみた。

クリントン:「大統領、広島への訪問はしないで頂きたい。行けば民主党は選挙で負けます。」

オバマ大統領:「分かっている。行かないと言う大義名分が必要だ。ケリーは余計な事を言ってくれたものだ。彼は図に乗っている。」

クリントン:「北朝鮮を使いますか?」

オバマ大統領:「いくつかの選択肢を考えている。」

2016年4月10日 (日)

日本女性がアホやな~と思う時

総合的に日本女性は素晴らしいと思うが、こんな時の女はアホーやな~と思ってしまう。あなたはいくつ該当?

●迷わずブランド品を買う

●痩せたいとダイエットにこだわる

●美白だ、シミ隠しだと化粧品にこだわる

●イケメン、イケメンと騒ぐ

●実年齢よりも若く見られたいと、いつも思っている

●血液型や各種占いにこだわる

●グルメ、グルメと食べ歩く

●ピースサインして写真を撮る

2016年4月 9日 (土)

移転中で筋肉痛

仕事場の移転中で重労働が続き、体のあちこちが痛い。モノの移動は終わったが、移転先での配置や整理作業がある。早く仕事とが出来るようにしないと出荷が出来ない。

実際に棚やモノを新たな部屋に入れると、思ったよりも狭い。棚が必要だと悟り、急きょ、5段のスチール棚とコンパネで棚を作ることにした。

ホームセンターに行き、棚3セットとコンパネを購入。コンパネはスチール棚に合わせてカットを依頼。1カット30円は安い。スチール棚間をコンパネでつないで棚を作る。

2016年4月 7日 (木)

エンジンまで粉々に・・・

このモンスター・シュレッダーは自動車のエンジンまで粉々にする。凄いパワーにビックリ。

2016年4月 4日 (月)

居酒屋で樽キープ スタート

480x640お気に入りの居酒屋さんに並び始めたミニ樽。私のミニ樽は左端の2ℓで黒糖焼酎(れんと)を入れてある。

これらのミニ樽は同じ時期にウイスキーや焼酎を仕込んだ。今週の土曜日で約40日、経過するので熟成具合を確認するために皆が集まって飲む計画。そのレポートをお楽しみに。

 

ラバーダック in さやま池

004_640x397さやま池の桜が綺麗に咲いていて、そこにラバーダックが浮かんでいる。花見と重なって今年は大変な人出だ。混む前の朝7時に行って来ました。

毎年、さやま池の桜は綺麗になっている。花見スポットとしてますます人気が増すのだろうが、渋滞が発生するのは困りもの。

2016年4月 3日 (日)

作業場の移転中

仕事場の移転を決めて今、引っ越し中。今までの仕事場は自宅横なので何かと便利だったが諸事情で移転することにした。新たな仕事場は2駅離れていて車で10分の所。広さは53㎡。建屋の2階なので荷物の出し入れがちょっと不便。エレベーター無し。

4月1日から軽ワゴンで荷物の搬入を始めた。一人で少しずつ運べばほとんどのモノは運べる。2日間で5回、運んだ。来週中には引っ越しを終えたい。機能的に作業が出来るまでしばらくは試行錯誤が続くだろう。

建屋の1回には居酒屋、ブティックと塾が入っている。居酒屋さんにはお世話になるのは間違いない。ブティックのお姉さんからは「ハゲオヤジが来た」と思われるのだろうか。新たなスタートなので頑張らないと。

2016年4月 2日 (土)

うるさく、しつけの悪いチビ

「さと」で仕事の話をするために知人を待っていると、隣の席にチビの女の子を連れた親子と爺さん、ばあさんが座った。入店した時点からチビは騒いでいる。「うるさいな」と思いながら彼らのテーブルに目をやる。親は一応、子供に注意はするが子供は聞く耳無しって感じ。爺さん、ばあさんは孫にはあまく、何も言わない。

「こらアカンわ」と思い、ウエイトレスに「静かな場所に席を移っていいですか?」と隣に聞えるような声で言う。喫煙席しか無かったが、まだ誰もいなかったのでそこに移動。

一般Df763508a918a311aed0b40cc0bd0b29的に日本の子供のしつけは悪い。特に公共の場での態度が良くない。子供を黙らせる印籠が欲しい。「これが目に入らぬか」と言って印籠を見せるとチビは静かになる。「印籠アプリ」を作って世に出すか!

2016年4月 1日 (金)

知っている町が映画の舞台に登場

シュワちゃんの映画(The Last Stand.)をYoutubeで見ていてビックリ。出て来た地名(Somerton)や道路番号(Route 95)に聞き覚えがある。私が90年代に通った地域だぞ。「まさか」と思いながら観ていると間違いなくアリゾナ州の知っている町だった。あ~懐かしい。

アリゾナ州のユマからメキシコ側の工場に行くには必ず、その町を通る。近くにはインディアン保護地区があり、スロットやビンゴなどのギャンブルが出来きる場所(Cocopah)がある。

映画の中で峡谷があり、向こう側がメキシコと言う設定だがそれはウソ。平坦な砂漠が続いているだけだぞ。まあ、どうでもいいけど。ネットで調べると今では人口も増えてベッドタウンになっている様子で私のいた頃からはかなり発展している。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »