« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

コルクホルダー 販売スタート

164_165_5一目ぼれしたブリキ製の「コルクホルダー」。色んな形があって中にコルクを入れるようになったもの。アメリカのネット通販で見つけた。その後、製造者を探すと中国と分かった。

今回、国内仕入が出来る小さなタイプでスタート。高さ16cm程度で10種類を購入。ヤフオクに出品開始。果たして希望者は現れるか? 

2ケセットで2,900円+送料。1ケずつ販売したいが送料の負担が大きくなるので2ケセットにした。在庫が豊富にあれば「よりどり3ケで3,980円+送料」としたいところ。

 

2015年6月29日 (月)

家具の入れ替え 疲れた

Desk_640x480知人の引っ越しで不用品をもらったので入れ替えをした。1日かかって何とか落ち着いた。以前より見栄え、機能性共にアップしたので満足。

写真はOAデスクに入れ替えたもの。解体して2階に運んだが重かった。白色なので部屋が明るくなった。今まで使っていたダイニング・テーブルは隣の倉庫に運んで作業用テーブルとして使う。

今晩は爆睡だ。筋肉痛になるのは間違いない。

2015年6月28日 (日)

ギリシャ破産

ギリシャって国は困ったものだ。4人に1が公務員と知って呆れてしまった。ユーロ加盟国から「辛抱せえ」との声も聞かないのだから始末が悪い。ギリシャ破たんで一番の被害国は真面目で豊かなドイツになるのだろう。

オークションにかけて国ごと売る方法があったら面白い。1ユーロ、スタート。多額の債務付きだから買い手は現れるか?

スポンサーを確保したイスラム国が入札。それを阻止しようとアメリカを中心にしたグループも入札に参加。価格は上がって行く。

2015年6月27日 (土)

焼酎 青汁割り 

焼酎の青汁割りがあると聞いて試してみた。鮮やかなグリーンでトロピカルな感じになった。量を飲みたい夏にはいいかもしれない。でも焼酎好きな人にはどうだろうか。

2015年6月26日 (金)

連日 引っ越しの手伝い

今日で引っ越しの手伝い3日目。男2人で箱詰め、レンタカーで運び、積み降ろし・・・かなり疲れた。プロの業者を使わずに安く済ませようと、融通のきく私が駆り出された。

今回は急な事情での引っ越しだったので処分するモノが多数でたので、その恩恵を受けることになり、文句は無い。捨てると言うので色々ともらってきた。知人は結構、いいモノを持っていた。

我が家に少しの保管スペースがあるので一時的に荷物も預かることになった。彼にしてみれば大助かりに違いない。

2015年6月25日 (木)

OAデスク スチール棚 もらう

知人の引っ越しを手伝って来た。その際、不要というので色々ともらうことにした。一番のお気に入りは白いOAデスク。業務用のしっかりしたものなので重いし、解体しないと2階に運べないから厄介。

スチール棚も数点、もらったのでこれは重宝する。全て中古で買ったとしても3万円はしそうな感じ。普段、使わない筋肉を動かしたので、きっと筋肉痛になると思う。

2015年6月24日 (水)

ノラ猫3匹ちょろちょろ

このところ近所から子猫の鳴き声がする。ノラ猫が赤ちゃんを産んだようだ。近所のおばちゃん情報では3匹いるそうだ。内、1匹が我が家の倉庫に来たので目撃。ネコ好きな私が小さなトラネコに「おいで」って言ったけど、走って逃げられた。

子猫の時から人間を恐れながら生きて行くのは大変だろうな。毎日、エサに有りついているのだろうか。飼いネコとは違い、厳しい環境だ。カラスからも身を守らないといけない。

居つかれても困るが、適度に遊びに来ればエサはあげるのだが、そんなこちらの都合はネコには通じない。

2015年6月23日 (火)

お礼の言えない人

ネット通販は顔の見えない人達とのやり取り。ほんの1行の文章にも人柄は現れる。限られた単語なのに不思議なほどに人柄が伝わる。几帳面そうな人、だらしなさそう、礼儀知らず・・・

ミニ樽に貼るネームシールを無料で作っているが、たまにスペルの間違いやバランスの悪い依頼が来る。そんな時、こちらから「こうではないですか?」とか「こんなスタイルもあります」と、提案している。

こちらの提案に対する対応で相手はどんな人なのか観察できる。面識の無い人への対応で結構、その人の性格が出るもの。残念ながら、きちんとした対応の出来る人は限られる。

2015年6月22日 (月)

夢を抱かせる大切さ

私が何かを買う時の判断は何だろうと考えた時、その商品を手にすることによって〇△が出来るようになる・・・とか、どれだけ大きな「夢」を見させてくれるかだと思う。顔の見えない不特定の人を引き止めて、注文をいただくネット通販ではこの点は特に重要。

他社のページを見ているとあまりに事務的なもの、文字だらけなど様々。文字が小さいページはそれだけで私はパス。動画を上手に盛り込んだページや購入者目線で簡潔に分かりやすく作られた優れたページからは多くが学べる。

1g12ネットでミニ樽を販売する私はこの「夢を見させる」という点を大切にしたいと再認識している。ミニ樽を見た瞬間、何が出来るか直観的にひらめく人がいる。そんな人は「こんなモノがあったんだ」と、ツボを押されたような感覚になり、欲しくなる。そんな夢を持つキッカケをページ上でもっと表現していきたい。まだまだ改良の余地は残されている。

2015年6月21日 (日)

軽自動車のスポーツカー

ダイハツホンダから軽自動車の新型スポーツカーが出ているが、小さなボディーなのでいくらデザインにこだわっても迫力は伝わって来ない。たとえ、フェラーリやランボルギーニのようなスタイルでも車体が小さければ魅力は感じない。200万円近いお金を出して買う価値があるのって感じ。

0001普通の日本の軽自動車のレベルは高い。これを世界に輸出したら大きな市場があると思う。アメリカは輸入禁止だし、政治的な課題があるようだ。

アメリカで唯一、見た軽自動車はゴルフ場でナンバー無しで走っていた軽トラ。

2015年6月19日 (金)

21世紀の黒船来航

私の頭の中でいまだに整理がつかない事は「押し寄せる外国人たちが繰り広げる光景」。つい、80年代頃までは「外国人」=欧米人(白人)のイメージだった。それは当時の国の経済的な理由が背景。ところが今はダントツにアジア圏の人たちが多い。

今日、すっきりしたのは「今の光景は21世紀の黒船来航なんだ」と、考えれば分かりやすい。経済力を持った外国人たちがテレビで見る日本を訪れる。円安も彼らを後押ししている。

円安は日本の魅力を外国人に伝えるいいチャンスなのは確か。日本の良さは来ないと分からない事や、気配り、親切など至れり尽くせりの宝庫。水道水も飲めるし、まず、安全なのが一番。

2015年6月18日 (木)

親切な中国の対応

ある商品を扱いたくてアリババで見つけた中国のメーカーとのやり取りを昨年から行っている。サンプルも届き、気に入ったので具体的な見積りを取ると、航空便での輸入は予想以上に高いことが分かった。これでは価格設定が難しいので何か方法は無いかと考えていた。

ダメ元で「この商品を輸入している日本の会社があれば紹介して欲しい。AIRでの輸入は運賃がかかり過ぎる。」と、正直にメール。すると翌日、1社を紹介してくれたではないか。これには感激。

直ぐにその会社に電話すると親切に対応してくれて、私が求めていた商品の在庫も有った。価格を聞いたら、この会社から仕入れる方が安いと分かり、HPから商品を選び、見積り依頼を出す。今日、代金を振り込んだので数日中には商品が届くだろう。まず、ヤフオクに出品して市場の反応を観たいと思う。何かはヒミツ。販売価格は1,480円。

中国の担当者にも日本で仕入が出来るようになった件を伝えたが、今回の行為は営業成績に貢献するのだろうか?しないだろう。一つ、借りができた。

2015年6月17日 (水)

自然な対応

宮崎市からミニ樽の注文をいただいた。住所を見ると知っている地域。たまたま注文時に一部の情報が記入漏れだったので、その情報をメールで求めると、注文者の奥さんから電話があり、話すチャンスに恵まれた。

懐かしいイントネーションに「私、宮崎にいたんですよ」と言うと、女性は驚いて「どちらにいらしたんですか?」と聞いて来てくれた。「清武町と恒久の方にいました」と答えると、女性は驚いた様子で自分の住んでいる地域の事を話し始めた。そこは私の知る地域だったので女性とも話が合った。

この女性は多分、50代だろうと思われる。ごく自然な会話だが、若い世代ではこれが出来ない人が多い。前にも書いたが、世間話が出来ない若者が多いのに驚く。守備範囲が狭いから、臨機応変に相手の話題に話が付いてけないのだと思う。ゲームばかりしてたらそうなるのだろうか。

2015年6月16日 (火)

オーク棒 の注文あり

54日前に「オーク棒」をホームページに載せたり、ヤフオクに出品し始めた。すると直ぐに注文が3件、入ったのでちょっとビックリ。1人はミニ樽の購入者からの注文。

この「オーク棒」の本来の目的は衰えたミニ樽の熟成力をサポートすること。だからミニ樽の購入者に使って欲しいと思い、開発した。

ところが、ミニ樽を持たない人でも市販のお酒に「オーク棒」を投入すれば、ガラス瓶の中でもお酒を変化させることも可能。そんな使い方もあってOK。オーク棒がきっかけでミニ樽が欲しくなることもあり得る。いいスタートで嬉しい。ヒットするかも。もう少し、オシャレな袋やデザインが欲しい。

FAX はゴミ攻撃と同じ

どこかの記事で「FAX禁止」の会社があると知った。FAXなど使われたら経費がかかるし、ゴミが増えるので禁止する会社があってもおかしくない。ほとんどの場合、メールでのやり取りで十分。プリントする必要があるケースは少ない。

ある会社からFAXが来るのでメールで「FAXは希望しません。メールでお願いします。」と、出したにも関わらず、またFAXが来た。きっと先方のオッサンはパソコンが苦手なのだろう。彼の職場は窓際族のオッサンばかりと思われる。ネットにつながったパソコンで、相手からのメールは見れるが、キーボードが苦手なので打てない。多分、そんなことろに間違いない。

次回、ここから電話が来たら「FAXをして来る会社との取引はしません。」と、言ってやろう。どんな言葉が返ってくるだろう?

2015年6月15日 (月)

円安 いい加減にして

一体、どこまで円安が進むのか。小規模な輸入ビジネスをしている者にとってこんな急激な円安はたまらない。1ドルが125円になるなんて・・・ アベノミクスと言いながら、実態は金のあるニッポンだから出来る為替操作。うまい具合にアメリカの景気回復や近い将来の金利UPも連動した結果だろうが、あまりに急激すぎる。

為替が大きく動くたびに「もっと近代的な経済システムはないのか」と、思ってしまう。実社会と経済システムはマッチしていない。4Kのテレビを開発するより、最新経済システムのソフトが欲しい。

 

2015年6月14日 (日)

安倍総理はレッドカードもの

Imagecaqtvwwn「図に乗っている」としか思えない安全保障に関する安倍総理の言動。そろそろ「レッドカード」を突きつけられてもおかしくないのでは。「戦後レジームからの脱却とか、押しつけの憲法改定」と言いながら、結果的にアメリカの思いのままになろうとしているではないか。

安倍総理は一気に国民の信頼を失い、前回以上にみじめな思いをしそうな気がする。日増しに反対勢力は膨らんでいるようだ。まるで「裸の王様」。YESマンだらけの側近の責任も大きい。

今回の安全保障法案を引っ込めるタイミングを失ってしまい、致命傷を負うのは確実。

2015年6月13日 (土)

国会は机上の空論

敵にとって個別的自衛権や集団的自衛権など関係ない。敵は逆らう者には攻撃をして来る。戦闘地域なんて名ばかりで、どこに戦火が及ぶなんて知る由もない。国会のやり取りはまさに「机上の空論」じゃないの。戦争ごっこをする子供の方が良く分かっているぞ。

そもそもあれだけの規模の自衛隊と装備を持っているからこそ、アメリカがあてにするのだ。自衛隊は外国からは軍隊にしか見えない。戦後、一人の死者も出していないとか何の自慢になるのと言うのか。自衛隊は「自衛隊48」に名変してはどうか。

NHKは「過剰演出」で流行語大賞を狙う中、安倍さんは「解釈の変更」で同賞を狙うようだ。

2015年6月12日 (金)

役立っている情報 ためしてガッテン

「ためしてガッテン」はもう見なくなった。あまりに番組を引っ張り過ぎでイライラするから。番組構成はいまだに昭和のスピード感。時代錯誤に気付かない番組関係者のアホ度が分かる。

過去、何年か観た中で、唯一、私が今も続けていることはタオルを干す時にバタバタとタオルの「ループ」を立ててから干す事。見事にふっくらとした柔らかなタオルに仕上がる。何もしないで干すとゴアゴアになる。この違いは凄い。

2015年6月11日 (木)

柏木由紀と手越祐也が旅館で抱き合っている写真が流出

13196480s16月6日に行われた第7回AKB48選抜総選挙で第2位に躍進した柏木由紀(23)が、 ジャニーズの手越祐也(27)と抱擁している写真を「週刊文春」が入手し、出版する。これはヤバイ。事務所は対応に苦慮しているに違いない。

 お泊りデートを写真に残すなんて何とも浅はか。デジタル時代に一旦、画像が流れたら回収は不可能。写真を流すような男とデートしたのが間違い。さてどんな展開になるのだろう。上位を狙うメンバーは多いから、何か裏が有ったら面白い。犯人探しが始まったりして?

 

 

2015年6月10日 (水)

目ざとい人たち

ヤフオクで欲しいモノを見つけた時は嬉しい。商品説明を読みながら夢が膨らんでいく。どんな時も購入前が一番、ワクワクするもの。心の中で「誰にも発見されませんように」と祈るのだが、そうはwholesellerが許さない。直ぐに誰かに見つけられてしまう。目ざとい人はいる。

出品者にすれば一人でも多くの人に発見してもらい、価格がアップするのを希望しているのだから私の気持ちとは180度異なる。今も毎日、価格が吊り上っていくのを見ながら入札に参加するか迷っている。

2015年6月 8日 (月)

くしゃくしゃ新聞紙は迷惑

Sinnbunn瓶入りのお酒を通販で購入したら、商品の間にくしゃくしゃにした新聞紙が緩衝材として詰められてあった。これは受け取った側にすれば迷惑。くしゃくしゃのまま捨てるにはかさばるので、一枚ずつ伸ばしてたたむ。たたみながら腹が立ってきた。

送る側は受け取る人の事を考えていない。大量のゴミを一緒に送りつけている。

2015年6月 7日 (日)

今年 初マンゴー

Manngo崎産マンゴーが送られてきた。落下しないようにネットで吊るされた過保護育ちのマンゴー。2ケで1,500円位だろうか?

宮崎の人たちは産地だからと言って、皆がマンゴーを食べているわけでは無い。きっと送ってくれた人も自分は食べずに贈答用として送ってくれたと思う。

アメリカにいた時、3ケ(小玉)1ドルで食べていた頃が懐かしい。日本のリンゴ売り場のように山盛りしてあった。

2015年6月 6日 (土)

女性の方が高い参加料のパーティー

Photo新聞に載っていた婚活パーティー案内。色んなグループがある中で気になったのがこれ。女性の参加費の方が男性よりも高いぞ。印刷ミス?ではない。その理由は男が金持ちだから。金持ちの男を見つけるには女が金を出せと言う事らしい。左のイラストは医者に見える。

結婚してお金の苦労はしたくないから経済力のある男を選びたい気持ちは分かる。金があるならチビ、ハゲ、デブでも我慢。パティーには勝負服を着て行くのだろう。

こんなシチュエーションで男性とどんな会話をしたらいいかのアドバイス。私の知人が婚活パーティーに参加してゴールイン。その彼から色々、聞いた。

【ダメな質問】
●資産を知りたがる女(持家ですか?車は?など)
●親の健在を確認する女(介護はしたくないから)
●家族構成を知りたがる女(少ない方がいいから)

【OKな質問】
●休みの日の過ごし方(趣味など)
●好きな料理
●今後の夢

2015年6月 5日 (金)

ミニ樽&ニューポットで自家熟成

007世界に一つのウイスキーを造る。オーク製ミニ樽と熟成前の蒸留酒「ニューポット」のセット。名付けて「自家熟成キット」ウイスキー好きなら一度は自分で熟成させたウイスキーを飲んでみたいもの。

熟成前の透明な生まれたての蒸留酒をオーク樽に入れて熟成させる。まさに男のロマン。出来上がりは少し物足りなさを感じるかもしれない。香料や着色料は無添加だし、何年もミニ樽で熟成させることは出来ないので。それでも自分で熟成させたお酒は格別。

香料となる素材をミニ樽に入れるのもアリだし、安いウイスキーを少量加えてブレンドする方法も考えられる。自分だけのウイスキーを造る方法は無限大。密造酒を造る「ちょい悪オヤジ」の気分が味わえるセット。

2015年6月 4日 (木)

とろいハンコ屋さん

自宅から車で5分の所にハンコ屋さんがあり、前回はそこで作った。その時も店の男性のとろさにイライラしたのを覚えている。今回、印鑑セットが必要になり、できれば地元でお金を使いたいと思い、その店に出かけた。

Yjimagegvwenx2yとなりの閉まった店舗の前に車を止めて、問題ないかハンコ屋さんに入り、聞きに行く。「そこは人が住んでいるからダメ」とのことで、どうしたらいいかの指示が無い。彼がどんな対応をするのかしばらく観察していると、煮え切れない態度が続く。「やーめた」と思い、無言のまま車に乗り込み、自宅に戻る。2年前のイヤな気分を再度、味わうことになった。結果的にネット通販で印鑑セットを購入することになり、その方が安くついたと思う。

私がもっとおおらかでゆとりある人間になってから、このハンコ屋さんに行こう。まだ私は人間ができていないようだ to do business with this seal shop.

2015年6月 3日 (水)

食欲旺盛なシャーロット

Photo良く食べてフンをいっぱいするシャーロット。小さな植木鉢の山椒の木から葉が無くなって行く。下には黒くて丸いフンが散らばっている。

近くの畑の山椒の木に引っ越しさせる時期は近いようだ。そこなら豊富に山椒の葉はある。でもそこには外敵の危険性があるのでちょっと心配。どうするシャーロット。

昨日から育毛剤をつけ始めた時に葉っぱが減って行く光景など見たくない。縁起が悪い。

2015年6月 2日 (火)

若いのにデジタル機器が苦手

スマホやタブレット、パソコンは若ければ当たり前に使えると思ってしまいそうだが、20、30代にもかかわらず苦手な人たちがいる。会社勤務で事務ワークをする人なら必要に迫られて覚えるものだが、そんな環境にいない人の中に悲劇が起こる。

私の周囲でもいまだに「パカパカ携帯」を使っていたり、パソコンが使えない若者がいる。50代の私でもスマホを使っていないことを情けなく思うのに、彼らはどうなるのか?一体、どんな言い訳をするのか?同年代からも白い目で見られているに違いない。

誤解を恐れずに言うならそんな人たちは「デジタル障害者」。時代について行けない「落ちこぼれ」。スマホやパソコンが使える同年代と比較すると情報量に大きな開きが出るのは必須で、その差は広がり続けて行く。自分で世の中を狭くしている。

2015年6月 1日 (月)

サントリー育毛剤スタート

Photoサントリーの育毛剤CMをネットで見て申し込んだ。定価10,000円の商品が1,000円で使えるキャンペーン。2011年に同社、育毛剤の無料キャンペーンに応募して試したら効果はあった。それの改良版?それとも売れなかったから容器と名前を替えて再発売したもの?後者の臭いがするぞ。

1561_16月1日から使用開始。今日は髪を6mmにカットしてbeforeの写真を撮った。朝晩、頭を洗ってから育毛剤をつける。その後、育毛ハットをかぶり、帽子の上から「はえる、はえる、きっとはえる」と呪文を唱えながら100回、マッサージする。果たして結果は?

育毛剤にとり、このハゲはかなり手ごわいぞ。どこまで髪が増やせるか。気になる人は毎月1日をチェック。比較画像をアップします。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »