« 色んな人がいる | トップページ | また書類にケチがついた »

2015年2月13日 (金)

脅威のイスラム国

イスラム教を信じている人たちには迷惑な話。同じ宗教の名を国名にしようとし、しかもその根幹はテロリストたちと言うのだから恐ろしい。こんなキチガイ集団は早い内に潰す必要があるのは当然。国として承認されるはずもない。

90ケ国から2万人の志願者が兵士としてシリアに渡ったと言うのだから驚き。世界中の不満分子たちを集めて洗脳したり、逃げようとする者は見せしめに殺害したりと信じがたい事が起きている。パスポートも取り上げられて奴隷のように戦闘に駆り出されている連中もいるに違いない。

世界中のイスラム教徒たちが声を上げてイスラム国の掃討作戦に参加、協力すべきでしょう。このままではイスラムと聞いただけで同じように思われかねない。特に日本のような宗教オンチな国では・・・

世界にはアメリカや一部の欧州主導のやり方に不満を持つ人が多くいることの証。新しい価値観が生まれるまでの混乱期にいるような気がする。軍事力でけりをつけるやり方はもはや通用しない時代になっている。でも巨大軍事産業を持つアメリカはそう簡単に社会構造を替える事は出来ない。銃弾、銃器や軍事品をどんどん使ってくれないと在庫がはけないのだから。

« 色んな人がいる | トップページ | また書類にケチがついた »

My 視点」カテゴリの記事