« 三途の川 周辺の最新情報 | トップページ | 犯罪者の家族 »

2015年2月 9日 (月)

漏れがなかなか止まらない冬場

樽屋さんの冬はつらい。樽に水を入れて樽木を膨張させて漏れを止めるのだが、冬場は気温が低いため木の膨張が鈍い。結果的に漏れが止まるまでの時間が長くかかる。感覚的に2倍以上、かかっているような気がする。

2g61となれば出荷するまでの待ち時間が長くなるので購入者には待ってもらうことになる。今日も「いつ頃になりますか?」との電話を受けて小心者の心が痛む。

発注したら直ぐに欲しいのが購入者の心理。それが良く分かっているだけに直ぐに発送できないのが心苦しい。

便利なプラ容器に慣れた生活では樽のようなアナログ商品は極めて異色な存在。漏れが止まるのをじっと待つのだから・・・

« 三途の川 周辺の最新情報 | トップページ | 犯罪者の家族 »

オーク製ミニ樽」カテゴリの記事