« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

強姦 服役3年6ケ月 冤罪

これはたまらない。強姦で逮捕、起訴、有罪で実刑12年判決が言い渡され、3年6ケ月間、服役させられた男性が実は無罪だった・・・大阪の警察はやっぱりアホで信用できん。電車に乗るのが怖くなる。男性専用車両が大阪には必要。

この男性の人生はメチャクチャではないか。会社や世間から強姦と言うレッテルを貼られた人の気持ちなんて他人にはとても理解できるものでは無い。無罪が確定して終わりというわけでは無い。

彼を陥れた女はどんな気持ちで過ごしてきたのか腹が立つ。こんなケースの場合、女に男性が服役した期間の倍、懲役を課したらいい。そんな法律が欲しいもの。誤った判断を下した裁判官に何の罰がないのもおかしい。

2015年2月26日 (木)

熟成を促進させる商品

Elementsユニークな商品を教えてもらった。私が今、考えているモノと同じジャンルの商品なのでビックリ。その商品はもっと手が込んでいて私の陳腐な発想のモノとはレベルが違うようだ。

お酒の熟成を促進するオーク材で写真のようにオーク材をクシの様にカットしてあり、木がお酒に触れる面積を増やしてある。カット後、オーブンで焼かれているようだ。

これをお酒に24時間浸すだけで味が変わると言うのだからお酒好きには試してみたくなる逸品。1本800円位するのに一度しか使えないと言うのはつらい。ケチを付けるわけではないが急激な変化には無くすものもあるはず・・・

Stick_2私が考えて既に製造中のモノは右の「オーク棒」。ミニ樽の中に熟成促進材として投入する。オーク材をカット後、直下火で焼いてある。(チャーリング)これを入れることでお酒とオーク材との接触面積が増えて熟成が促進される。

お酒の瓶に直接、入れてもOK。1~3ケ月で色と味に変化が出るのは確認済。価格は上の商品よりかなり安め。

2015年2月22日 (日)

初めてミニ樽10リットルを取り寄せ

10l5l1購入希望者からの依頼で初めて10リットルのミニ樽を取り寄せた。いままで扱っていた1リットルから5リットルのミニ樽とは大きさがかなり違い、存在感がある。写真の左が10リットル樽。

直ぐに水を入れて樽を膨らます工程に入った。直ぐに漏れが止まって欲しいと祈る気持ちで水を入れる。

漏れを止める作業は決して簡単ではない。これまで多くの漏れと戦って来たが、漏れを止めきれずにあきらめた樽もある。

10リットル樽を定番品にするかはこれから検討。

2015年2月20日 (金)

久しぶりに難波を歩く

数ケ月ぶりに難波に行った。丁度、春節で中国からの観光客が多い時期とニュースで騒いでいる。難波の地下街で串カツを食べて帰ろうと歩いていると確かにドラッグストアーの前には大きなビニール袋を下げた人たちを多く見かけた。中国人に違いない。「爆買」をしているのだ。

彼らは私より裕福な人たちなのだろうと複雑な気持ちですれ違う。私は今から安い居酒屋で串カツとイモ焼酎のお湯割りを飲んで帰る。予算は2,000円。

彼らは立ち止まってアイフォーンを操作しながら道順を検索している。周囲の日本人に聞く必要もない。だからそこにはコミニケーションや日本人との出会いも生まれない。何とも無味乾燥なことか。

2015年2月19日 (木)

ミニ樽購入者が動画をYouTubeにアップ

ミニ樽を買ってくれた方が自分で動画を作ってYouTubeにアップ。

2015年2月18日 (水)

ヤマトから値上げ通知

ヤマトから50円の値上げを通告された。例外なしで値上げすると言うが、皆がすんなり受け入れるはずもない。一気に50円は大き過ぎる。

私の場合、顧客への送料の一部をこちらが負担しているので、それに50円が加わると私の負担が増える。

2015年2月16日 (月)

5PM 直後に閉門

34日ぶりにさやま池を歩いた。風邪でダウンしていたのでこんなにも間があいてしまった。歩いていても体が重いし、ペースも上がらない。半周、歩いて「まだ半分」と、ガッカリしてしまうほどしんどい。

やっと回り終えて帰ろうとした時に5時のアナウンスが流れた。それと同時にさやま池管理事務所から数人の男性が出て来て門に鍵をかけている。見事に5PMピッタリ。彼らは毎日、こんな感じで帰宅するのだろう。公務員はいいよな~。事務所の中には将棋盤や碁盤があるのだろう。

2015年2月14日 (土)

また書類にケチがついた

役所仕事の典型のような事がまた起こった。担当者がかわった時、その人の見かたでこれまで通用していた書類が不適格になるケースがある。完璧主義の人に担当されると重箱の隅をつつかれるから大変。

今回、指摘を受けた箇所はホントに些細な点。間違いではないが、その人の見かた次第で誤解を招く可能性があるのも確かなので素直に受け入れた。今後、改めることで提出済の書類は承認してもらえた。やれやれ。

2015年2月13日 (金)

脅威のイスラム国

イスラム教を信じている人たちには迷惑な話。同じ宗教の名を国名にしようとし、しかもその根幹はテロリストたちと言うのだから恐ろしい。こんなキチガイ集団は早い内に潰す必要があるのは当然。国として承認されるはずもない。

90ケ国から2万人の志願者が兵士としてシリアに渡ったと言うのだから驚き。世界中の不満分子たちを集めて洗脳したり、逃げようとする者は見せしめに殺害したりと信じがたい事が起きている。パスポートも取り上げられて奴隷のように戦闘に駆り出されている連中もいるに違いない。

世界中のイスラム教徒たちが声を上げてイスラム国の掃討作戦に参加、協力すべきでしょう。このままではイスラムと聞いただけで同じように思われかねない。特に日本のような宗教オンチな国では・・・

世界にはアメリカや一部の欧州主導のやり方に不満を持つ人が多くいることの証。新しい価値観が生まれるまでの混乱期にいるような気がする。軍事力でけりをつけるやり方はもはや通用しない時代になっている。でも巨大軍事産業を持つアメリカはそう簡単に社会構造を替える事は出来ない。銃弾、銃器や軍事品をどんどん使ってくれないと在庫がはけないのだから。

2015年2月12日 (木)

色んな人がいる

ネット通販でミニ樽を販売しているが「この人アホか」、「もうこの人とはかかわり合いたくない」と思う人がいるのも確か。3年も通販をしていると色んな人が出て来るのは当然。いいことも増えれば、おかしなことや想定外の事態も出る。

最近、増えてきたことは「コックをひねっても出て来ない」と言うもの。気の利かない人は上の栓を取ってみようなんて考えは及ばないようだ。商品の欠陥だと決めつけてクレームを言って来る。若い人だけでは無く60才を超えた年配の中にもいるから情けない。同封の説明書やチラシにも「栓を取ってから・・・」と明記しているが読まないのだろう。

子供をさとすように説明すると「俺ってバカだよな」と、つまらない質問をしたことを恥ずかしく思う人もいる。でもたいていはメールでのやり取りが多いので、先方の反応は返って来ない。

今日、「コックからお酒が出て来ません。コックは飾りですか?」とのメールが来た。その返事のタイトルに「飾りじゃないのよコックは」♪と書いて、いつもの説明を書いた。果たして先方の反応は?

2015年2月11日 (水)

犯罪者の家族

風邪でダウン中の私。テレビを見ると殺人事件のことを各局がレポートしている。こんな悲劇が起きた時、犯人のことより家族の事が気になる。家族の誰かが逮捕された次の日から子供は学校に行けないだろうし、親や兄弟も仕事に行けないと思う。子供の場合、考えられるのは親の両親宅にしばらく預けて学校は休む。

社会人の場合はどうするのだろう。パニック状態になるのは当たり前。知らんふりして会社に行っても周囲は既に知っているケースが多いだろう。上司に事情を伝えてしばらく休みを取る・・・

自分には何の罪は無くてもそう簡単に割り切れるものでは無い。特に日本はまだまだ周囲や世間の目は厳しい。この視点に立った報道は見たことが無い。ぜひ、専門家の考えや意見を聞いてみたいものだ。

2015年2月 9日 (月)

漏れがなかなか止まらない冬場

樽屋さんの冬はつらい。樽に水を入れて樽木を膨張させて漏れを止めるのだが、冬場は気温が低いため木の膨張が鈍い。結果的に漏れが止まるまでの時間が長くかかる。感覚的に2倍以上、かかっているような気がする。

2g61となれば出荷するまでの待ち時間が長くなるので購入者には待ってもらうことになる。今日も「いつ頃になりますか?」との電話を受けて小心者の心が痛む。

発注したら直ぐに欲しいのが購入者の心理。それが良く分かっているだけに直ぐに発送できないのが心苦しい。

便利なプラ容器に慣れた生活では樽のようなアナログ商品は極めて異色な存在。漏れが止まるのをじっと待つのだから・・・

2015年2月 8日 (日)

三途の川 周辺の最新情報

咳のひどい風邪のせいで頭の中はパニック状態。そんな中、三途の川のほとりに行って周辺の様子を調査するチャンスに恵まれた。

【仙人の恰好をした老人】
桟橋付近に1人の老人がいた。ヒゲが長く、まるで仙人のような感じ。彼が桟橋を仕切っている。ほとんどの国の言語を操るつわもの。

【渡し船】
三途の川は「渡し船」に乗って渡る。全ての人が直ぐに船に乗れると言うわけではなく審査がある。

【審査所】
三途の川にたどり着いた人たちは皆、「審査所」と呼ばれる所にまわされ、生きてる間にどれだけの「施し」を行ったかが審査される。施しを多く行った人は直ぐに乗船が可能。私欲にまみれた人生を送った人は作業場に誘導されて必要な期間、労働が課せられる。

【作業場】2ケ所あり
①船上で食べる食事を作る。試食したがマシュマロのようなもので無味無臭。作業場に立派な事を言っていた政治家を見かけた。
②渡し船のメンテナンス作業。そこには昔、立派な実業家と呼ばれた人の姿もあった。

2015年2月 6日 (金)

1週間 声が出ない

風邪で声が出ないのはつらい。仕事の電話には対応せざるを得ないが、こんな声を聞くのは相手もつらいだろう。2,3日で治るだろうと思っていたら1週間、経ってもまともに声が出ないだからたまらない。今日は通訳の手伝いが入っていたが遂に断った。とてもじゃないが人前で仕事の話が出来るレベルではない。

風邪をひいてから市販の咳止め薬を飲んだが全然効果なし。マメな塩水でのうがいが一番のようだ。食欲低下の中、バナナを1本、枕元に置いて寝る。夜中に咳で起きた時に食べる。涙が出るほど美味い。そろそろ治ってほしい。今日でちょうど2週間。

2015年2月 3日 (火)

キーボード苦手でもネットショッピング

ネット通販で色んな人たちとやり取りしていると様々なパソコン・レベルの人たちがいることに気付く。ネット注文の場合、ほとんどがクリックで文字入力は限られているのでキーボードが苦手でも住所、名前程度なら何とか出来る。

ミニ樽の注文をいただいた中に無料のネームシールを希望しながら文字の指示が無い注文がたまにある。そんな方専用の文章も用意して先方にメールするのだが返事が来ないケースがある。メールで返事が苦手な人には返事のしようが無いのが実情のようだ。そんな方なのだろうか、今日は電話で文字を伝えてくれた方がいた。声から察して年金受給者と思われる。たまにはアナログな対応も悪くはない。

2015年2月 2日 (月)

クラークに残る50~70年代の街並み

フィリピンのクラークにはアメリカにタイムスリップしたのかと思わせるような街並みがある。アメリカン・スタイルの家、広大な芝生の運動場、レストラン・・・まるでアメリカ。大きな家には将校たちが住んでいたのだろう。レストランに入ると映画のセットの中に入ったような雰囲気がある。クラークにはアメリカ空軍の基地があった。

もし、沖縄からアメリカ軍がいなくなったらこんな雰囲気の街が残るのだろうか。そんなゆったりした空白の時間帯は無く、直ぐに巨大な隣国に動きが出るのだろう。

2015年2月 1日 (日)

空回り会見のイチロー

イチローの醜い面が見えた会見だった。イチローは歴史に残るような何か名言を言いたかったのだろうが、語彙が少なく一般教養の低い彼には難しい。もっと自然にふるまえばいいのにと思うが、彼は「自分は他人とは違う」と強調したいようだ。結果的に内容の無い空回り会見になる。

良かった点はイチローからやる気が十分に伝わって来たこと。彼の気持ちに火を付けたマーリンズは上々のスタート。41才のイチローがどれだけの成績を残せるか球団のギャンブルは続く。イチローに現役以外の野球人生があるのだろうか? Now or Nothing. に思える。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »