« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

1ドル=110円 間近 勘弁して

円安が止まらない。まいった。1ドルが110円を超えそうな感じだ。私の場合、円安ではミニ樽の輸入代金の支払いが増えるので大問題。

2l同じ原料、工場、人が作ったモノがそれらとは無関係のことで、支払い価格が変るって納得できない。為替相場に頼らない新しい決済システムを誰か賢い人が考えて欲しい。

2014年9月29日 (月)

綾瀬はるか 29才 天然は卒業できない

「綾瀬はるか」って特にかわいいってわけでも無いのに男心をくすぐる。彼女のあどけなさがその魅力と思われる。「天然」という表現で大目にみていたが彼女も29才。中身の成長はしたのだろうか?どうもそのようには見えない。

いい年をしていつまでも間の抜けたことを口にしていては相手にされなくなるぞ。29才に、もはや「あどけなさ」は通用しない。大人の女性の魅力を見せて欲しい。

2014年9月28日 (日)

小学館の通販誌「大人の逸品」にミニ樽が載った

015小学館が発行する通販雑誌「大人の逸品」にオーク製ミニ樽が載った。雑誌が送られてきて初めてめくると、かなりこだわりの品が載っていると言う印象。どんな雑誌かも知らないままに先方の誘いに乗った私。大手出版社の目にミニ樽が留まったことは嬉しいが不安もある。なにせこちらは個人商店だから。

ミニ樽が載ったページが凄い。前から7ページ目でかなり目立つ位置。直ぐに発送依頼書が届き、急にあわただしくなる。このペースで注文が来ると在庫が不足する。直ぐにメーカーに発注を出すが海の向こうの話なので・・・

2014年9月27日 (土)

相撲の「変化」 ブーイングせよ

相撲はモンゴル出身、逸ノ城の活躍で人気の遠藤は吹っ飛んだ感じ。でも昨日の横綱、鶴竜に対して「変化」で勝ったのはアカンやろ。勝てばいいと言う行為に対して観客たちはブーイングすべきと思う。座布団を投げる危険な行為より、ブーイングを浴びせればいい。

同じモンゴル人同士で、しかも新入幕力士から人をバカにしたような逃げの変化をされた横綱鶴竜は腹立たしいに決まっている。昨晩はヤケ酒を飲んだに違いない。

話しは違うけど、土俵を掃く担当の人を見るたびに誰にでもできるように思える。家に同じようなホウキがあるので大阪場所でアルバイトに雇ってくれないかな。

2014年9月26日 (金)

私なら味が分かってもらえるからと・・・デーツ

003_640x381大家さんの娘は主人の仕事の関係で海外にいるらしい。赤ちゃんが生まれたので里帰り中。お土産を近所にあげても味を分かってもらえないと言いながら、私なら海外にいたので分かってもらえるとの事で回って来た。

見た瞬間に「デーツ」(ナツメヤシ)と分かった。デーツはアリゾナ州ユマにいた頃、冬場に良く食べた。近くにプランテーションもあったし、その一体は大粒のデーツで有名でもあった。

もらったデーツは袋の文字から中東産だと分かる。私が食べていたデーツよりも格下。日本はこれらをソースの原料として使っていると知った。デーツは飲み物なしでは食べられないほどに甘い。

2014年9月25日 (木)

リンカーン・リムジンが直らない

ロス郊外のメーカーから輸入したリンカーン・リムジンのバッテリーが上がってしまう。その対策にリレーと制御装置を取り付けたがまた、バッテリーが上がってしまった。エンジンを切った後もオーディオ関係が電気を消耗している様子。

取り次いだ私がメーカーとスカイプでやり取りしながら作業を行ったがダメだった。リンカーンからパネルやスピーカーを取り外すのは結構、大変。それに車にキズも付く。まいった。

修理に持ち込みたいがリムジンと聞くと修理を断られるケースもあるからつらい。

2014年9月24日 (水)

ワイヤレス・マウスからビリビリ電気が

マウスをにぎると右手の人差し指にビリビリと電気を感じる。ワイヤレス・マウスから電気が漏れてるのか?こんな体験は初めて。それともこのマウスには指先電気マッサージ機能が付いている?気持ち悪いのでコード式のマウスに交換。「マウスでショック死」なんてイヤだしね。

2014年9月23日 (火)

ヒラリー・クリントンと話したぞ 夢で

今回の夢はしっかり覚えている。あのヒラリー・クリントンと直接、話をしたのだから・・・渡米中の安倍総理が彼女と会う予定とのニュースを見たのが脳裏に残っていたと思われる。それが夢へとつながった。

次期、大統領の可能性もあり、女性初の大統領になるかもしれない彼女と夢ではあるが話ができた。何の話をしたかまでは分からないが二人だけで話したぞ。

2014年9月22日 (月)

三菱東京UFJを名乗る詐欺メールが来た

各銀行から「詐欺メールにご注意」のメールは良く届くが、他人事と思っていた。そしたら私の元にもその詐欺メールが来た。下が実際のメール。いきなり「こんにちは!」って書いてあり、軽々しいのでおかしいと直感的に思った。日本語も正しくないので文章力の無いアホのようだ。

こんにちは!
最近、利用者の個人情報が一部のネットショップサーバーに不正取得され、利用者の個人情報漏洩事件が起こりました。
お客様のアカウントの安全性を保つために、「三菱東京UFJ銀行システム」がアップグレードされましたが、お客様はアカウントが凍結されないように直ちにご登録のうえご確認ください。
以下のページより登録を続けてください。

その後、三菱東京UFJ銀行から来たメールにこのメールの事が書いてあったのでビックリ。

2014年9月21日 (日)

アゲハが山椒の木にとまった

003_464x640我が家の小さな山椒の木にいたアゲハ蝶の幼虫はその後、カマキリに食べられてしまった。自然界の厳しさを見せつけられた。木が小さいから害虫たちに直ぐに見つかったのだろう。近くの大きな山椒の木から枝を折って来てエサ兼、目隠しにしたつもりだったがカマキリに見つかった。

今日、庭にいるとアゲハ蝶が飛んで来たのでじっと観察していると、山椒の木を見つけてとまった。入り込んだ場所に置いてある山椒の木を良く見つけるものだと感心する。卵を産み付けたのだろうか。

2014年9月20日 (土)

マツコ・デラックスとフナッシー

ふとした事でマツコ・デラックスを知人から紹介されたが、とんでもないことに・・・

知人:「ご紹介します。こちらの方、ご存じですよね。」

私:彼女を見ながら、少し間をおいて「ふなっしーですよね。」

マツコ・デラックス:「まあ、何てひどい。初対面の私に何てこと言うのよ。この人」

私:「すみません。人違いでした。」 メガネをカバンから取り出してかける。

マツコ・デラックス:「私は人だけどフナッシーは人では無いから、人違いじゃ無いわよ。」

私:「ふなっしーのお母さんですか?」

マツコ・デラックス:「だから~私は人間だけど・・・ この人、私にケンカをうっているのね。」

これ位に彼女が嫌いだ。

2014年9月19日 (金)

会計ソフト入れてから調子悪いパソコン

弥生会計ソフトを入れてからパソコンの調子が悪くなって困っている。電源を切ろうとしても「シャットダウンしています・・・」が延々と続いて電源が切れない。仕方なく、スイッチを長押しして強制的に切る。

会計ソフトを入れるまではこんなことは起きなかったので、弥生のせいだと決めつけている。今度、ソフトを削除してノートパソコンに入れるつもり。自分ではできないので知人に依頼する。

2014年9月16日 (火)

リムジン修理に九州入り

リンカーン・リムジンの電気系統の修理に九州まで来ている。オーディオ関係は地元のオートバックスに持ち込んでうまく行った。ところが、その後、場所を変えてメインの修理に悪戦苦闘。電装部品の修理工場に持ち込み、そこのオーナーのアドバイスを受けながらアメリカ・メーカーの指示通りにするがダメ。

暗くなるまで作業を続けた結果、そこのオーナーのアドバイス通りに配線することに変更した。これで理論的にはOKとのこと。しばらく様子を見るしかない。

走るリムジンの後部座席に初めて乗ったが気分は最高。客室内は別世界。街ゆく人たちが目でリムジンを追っているのが分かる。それくらいに長~いリムジンなので目立つ。車体を切って2m54cm長くしてあるのだから。

2014年9月15日 (月)

アリゾナ州ユマで歓迎?

20年近くぶりにアリゾナ州ユマに今年の秋、行く予定。メキシコに行った帰りに寄る計画で、1990年代に世話になったドーンさん夫婦に会いに行くのが目的。80才になっても元気なようで私が来ることを楽しみにしている様子。

ユマの経済開発局の人に私の訪問を話したら「私に会いたいと、言っている」とのメールが来た。一体、私と会って何の話をしたいの?って感じ。別に私がユマに投資するわけでも無いのに(そんなお金は無いし)・・・ ドーンさんの顔も立てないといけないからOKの返事はしたが、きっと暇な公的機関の人とのおしゃべりだろう。

7年間住んだユマはその後、人口は2倍の10万人になり、大きく成長した様子。ぜひ、この目で見てみたい。私の中でユマは第二の故郷のような場所だし、人生の中で最も元気だった30代を過ごした土地だから想い出は多い。食べたい料理もある。プライム・リブステーキ、ポーク・リブ、メキシコ料理・・・。

2014年9月14日 (日)

マンゴーの種を埋めたら・・・

002_640x633メキシコ産マンゴーの種を埋めたら芽が出て、今ではこんな感じに成長。果たしてどこまで大きくなるか楽しみ。冬場は室内に入れてあげるから、生き延びて欲しい。マンゴーの実がなるほど甘くはないだろうが楽しみが増えた。

塀に乗せて写真を撮ったらお月さんが向こうに・・・ナイスショット。

2014年9月13日 (土)

ラジコンのボートを許可したら さやま池

57c95ec550a0f64004c27ef3fe18d5401近くのさやま池はもったいない。池の周囲に安全な遊歩道があり、車とは完全に遮断されているので気持ちよく歩ける。駐車場やトイレも完備しているので遠方から来る人もいる。周囲の草刈は定期的に行われ、植栽も豊か。

Yjimage1周囲を歩きながら「ここなら色んなワォーター・イベントができるな~」と思う。ラジコンのボートを走らせるには最高だし、愛好家たちが遠方からやって来るに違いない。中には自慢の大きな船やヨットを走らせるマニアもいるだろう。そんな人たちに開放すればいいではないか。全国からボートの愛好家が集まるような大会を開いてもいいだろう。

役所は万が一のことを考えて許可しないのは見え見え。

2014年9月12日 (金)

デング熱 蚊取り線香がけむい

Yjimage3テレビでデング熱のことをヤイヤイ言うので、我が家は残った蚊取り線香を玄関で燃やしっぱなし。これではけむくて人間までいぶり出されそうだ。ローズの蚊取り線香が無くなるまでの辛抱。新たに買う事はしないだろうから。所詮、まじないのようなもの。

2014年9月11日 (木)

ゆとりの無い海外ビジネスは無理

どんなレベルであれ、外国とビジネスを行う時に大切なことがある。その一つに「時間的なゆとり」がそう。日本のように何でもスムーズに事が進む国は世界中、探しても無い。絶対に無いと断言できる。それを頭では理解しても温室国家ニッポンで育った人には深く理解できないのが現実。

今、手伝っている仕事はこの点において、かなり厳しい状況。私からのアドバイスを聞き入れようとする余裕すら失っている。自分の意に沿わない内容には感情的になるから、私も嫌気がしてアドバイスする気が無くなる。中小企業では個人の力量にゆだねるところが多いのでギャンブル。

海外での仕事が前倒しになる事はまず無い。反対に遅れる理由は波の数ほどある。私は何年もそんな状況の中で仕事をしてきたが、日本にずっといる人にはなかなか分からない。こうして同じ失敗が繰り返されていく。残念だがこれが現実。特に中小企業において。

2014年9月10日 (水)

1ドル106円 円安はどこまで?

このところ円安が続いていて、1ドルが106円になった。極小輸入ビジネスには影響が出る。2年前は1ドルが80円程度だったから、26円の違いは大きい。
1ドルで26円の差があると;


【輸入で $5,000 の支払いの場合】

$5,000 x \26 = \130,000 多く、支払うことになり、まいってしまう。かといって商品の値上げはしにくい。

輸出産業は大いに助かる。
【$20,000 の自動車の輸出なら】
$20,000 x \26 = \520,000 多く、入金になるから嬉しい。

国際間取り引きは固定相場制の方がいいのではないのか・・・何か変だ・・・

2014年9月 9日 (火)

あやまらないアメリカ人

3434_640x427ロス近郊のリムジン会社から長~いリンカーンを輸入するのを手伝って顧客に納品したのは昨年の春。当初から電気系統に問題が出て、その解決のために顧客とメーカー間で手伝っている。車を見ないでメーカーに説明するのも大変だし、メーカーの指示を顧客に伝えるのも難しい。

時々、イライラするのはアメリカ人って本当にあやまらない人種だ。不備なリムジンを輸出しておきながら一言も謝罪の言葉が出ない。それどころか指示通りにしないこちらを責めるのだから「何やねん、それ」って感じ。

来週、私が必要な部品を取り付けに顧客の所に行くことになった。難しい配線ではないが、慣れない作業なのは事実だから不安はある。現地のオートバックスにリンカーンを持ち込んで修理する計画。

2014年9月 8日 (月)

農家が除草せずに女装していたら・・・

ややこしい食品関連書類の日本語訳をしている中、変換キーを押した直後、笑ってしまった単語がある。「除草」と書きたいのに、最初に現れたのが「女装」だった。

海外の農家の人たちが畑で除草せずに女装してたら大変。こんな事をしている畑の作物は誰も買わないぞ。

2014年9月 7日 (日)

ヘリから勝手に家の写真を撮って売る

Yjimage5色んなビジネスがあるものだ。ヘリを低空で飛ばして乗り込んだカメラマンが上空から民家を無作為に撮影する。目的は家の持ち主に写真を販売すること。持ち主から依頼されたわけではない。このビジネス・スタイルを最初に考えた人は凄い。

自分でマイホームを上空から撮影するなんてできない。個別に航空撮影を依頼すれば目の飛び出るような料金に違いない。その点も大きなセールスポイント。上空から勝手に人の家を撮影して「ご自宅の写真を書いませんか?」と言うのだからユニーク。

セールスマンがプリントした写真と地図を頼りに、目的の民家を見つけ出して写真を見せながら売り込む。自宅が綺麗に写っていたら嬉しいだろう。写真と一緒に額縁を売るのもポイント。価格は1万円近く~3万円程度。

中には「プライバシーの侵害だ」と怒る人もいるとの事だが、法的には問題はないようだ。

台湾に旅行に行った際、園の入り口付近で勝手に写真を撮られて、出口に行くとそれらがプリントされて展示されていたな~買わなかったけど。 

2014年9月 6日 (土)

当選回数で大臣のイスって アホちゃうの

安倍新内閣がスタートした裏で大臣のイスをめぐる様々なかけ引きがあったと新聞に出ていた。当選回数が多くなると大臣にすると言う、何とも信じがたい事が日本の政治の世界にあるからあきれてしまう。

当選回数で大臣になった人に何ができると言うのだ。そんなことをしているから官僚にバカにされるのだ。腰かけ、お飾り大臣と・・・

2014年9月 5日 (金)

ミニ樽 ポツポツ注文 有り難い

どんな経路でオーク製ミニ樽のホームページにたどり着いてくれるのだろう?楽天などのモールに出店していないので、砂漠の一軒家と思われがちなミニ樽のホームページ。にもかかわらず、見つけてくれて注文をいただくから本当に嬉しい。

不思議なのは最近、注文がポツポツではあるが継続的に来ている事。今の私のビジネス・スタイルと状況からは、これがとても有り難い。手間のかかる工程があるので一度に大量の出荷はできないのが現状。それを知っているはずはないが、ポツポツ注文は私には都合がいい。

Oak_sticks_2ミニ樽の購入者がどんなお酒を熟成させているのか? 満足度は? 気になる点? 不満な点? 改善個所?・・・ 大いに知りたいところ。購入者にアンケートをしてみたい。できれば何かプレゼントを用意して。プレゼントに「熟成サポートオーク」がいいかも。今、試作中の長さ10cmほどの小さなオーク棒。ミニ樽の熟成をサポートするのが目的。近々、商品化予定。

2014年9月 4日 (木)

メキシコ食品ビジネス 問い合わせあり

ロス時代の知人から電話があった。彼の同級生が日本で、ある食品の業務用スープの供給で成功しており、そのビジネス拡大でアメリカからの輸入を考えているとの事。その話を聞いた知人が私の事を思い出して電話をくれた。

概要を聞いたらメキシコにも原料があり、十分チャンスがあると思ったので「その分野の人を紹介できる」と返事。早速、同級生にそのことを伝えたら、まず、情報が欲しいと、当たり前の返事。この手の話は無駄骨が多い。タダでの仕事はいつまでも出来ないので、相手の真剣度を見極めたい。無報酬で振り回されることだけは避けたい。

海外ビジネスは十分な資本なしでは到底できない。多分、その人の考えも甘い箇所が多々あるに違いない。大きな夢は持っているだろうが現実は厳しい。ましてアメリカの大企業は個人の言うことに耳などかさない。果たしてどんな展開になるか・・・ 

2014年9月 3日 (水)

ミニ樽落札 ヤフオク 不慣れな人に郵便

ヤフオクでミニ樽を落札してくれたけど返事がスムーズに来ない。IDを見るとヤフオクの取り引きは初めての人と分かった。返事が来ないのは不慣れが原因と思われる。住所と名前を書いた返事は来たので購入する意志はある方のようだ。

1s12400翌日、必要事項を書いて郵送した。数日後、先方から電話があり、振込みを行ったとの事。少し手間はかかったが、こんな対応も時には必要。ミニ樽を受け取ってから「思った以上のモノだった」との言葉をもらって安心した。

アナログな市場にもビジネス・チャンスはあるに違いない。少し考えさせられたケースだった。

2014年9月 2日 (火)

食欲と分解能力にギャップ

50才を超えると体もガタが来る。最近、思うことは食欲と実際の体内での分解能力に差があること。食欲にまかせて多く食べると、胃がしんどくなる。「美味しいからもう少し」と思って食べると後で大変。今日も食べた後、寝てしまった。これでは太る原因にもなる。これからしばらくは食欲との戦いが続きそう。

2014年9月 1日 (月)

山の手線 座席で寝る男にイタズラ

土曜日9時頃の山の手線はそんなに混んでいなかったが空席は無し。乗り込んだ車両に1人の若い男が座席に寝て、4人分くらいの席を占領していた。しばらく男の前の吊り革をにぎって立っていたが起きる様子は無い。

向かいの席が空いたので座り、何かしてやろうと悪知恵スイッチが入った。カバンから紙を取り出して「キケン」と赤字で書く。それを男の上に置く。周囲の客たちはこのイタズラにも知らん顔。山の手線でぐるぐる回りながら、笑いものになればいい。写真を撮るのを忘れた。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »