« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

アメリカ・メキシコ勤務時代の元上司夫婦に会う

かれこれ14,5年は会っていない。東京から大阪に帰る前に時間が空いたので、アリゾナ州ユマ&メキシコ工場で仕事していた時の上司に電話を入れた。直ぐにOKの返事をもらい、吉祥寺駅前で待ち合わせ。奥さんも駆けつけてくれて3人でランチを食べた。

食事をしながら私は質問攻めにあう。それは仕方のないこと。長くご無沙汰だったし、私は普通の人とは違った人生を歩んでいると思われているのだから・・・ 上司は3年間、滞在して帰国。私はその後も4年間、残って仕事をした。だから話す話題には事欠かない。元仲間の情報、工場の様子・・・翌朝までも話せるほどの話題と答えはたくさん持っている。

奥さんは私が右腕に入れたタツーの事をしっかり覚えていて、その後、どうなったか聞いて来た。私が「いつかサボテンに緑色をいれるつもり」と言うと、真剣に怒られてしまった。何度も「消しなさい」とせまられた。奥さんが初めて知った時、余程のショックを受けたに違いない。「消しなさい」と、真剣に言ってくれる人がいるのは有り難いこと。

2014年8月30日 (土)

池袋 樽キープバー 

003_640x480

東京で1泊することになったので、その夜を有効に使おうと、池袋にあるミニ樽が40ケ程、並ぶBARSEEDに初めて行くことにした。ミニ樽を最初に買ってもらってから1年が経過するが顔を出すのは初めて。

夕方6時の開店を待って行くと、前日、私が発送したミニ樽を運び入れるヤマトと出くわした。名前を名乗るとオーナーはビックリしながら歓迎してくれた。私からのプレゼント用ミニ樽5リットルの箱を開けと感激してもらえた。

店内に置かれた樽キープの写真を撮らせてもらう。これだけミニ樽が並ぶとなかなかの迫力。徐々にお客が入り始めて、実際に樽キープしている人も現れて、自分のミニ樽から自慢のお酒を飲む。ぜひ、飲んで欲しいとのことで少し、飲ませていただく。1人はジャック・ダニエル、1人はテキーラ。それぞれ確実に変化しているのが分かる。お酒はまろやかになり、色も濃くなっている。

大阪からの私を江戸の人たちは暖かく受け入れてくれて楽しい時間を過ごせた。また是非、訪れたいバー。

2014年8月28日 (木)

東京 日帰り しんど~

明日、東京に行って打ち合わせに参加する。知人の進めている海外ビジネスの交渉が大詰めの段階。英文の契約書も何度か書き直して完成。私は英語の助っ人。中小企業のビジネスにはオーナーや担当者の仕事のやり方がもろに出るし、行き当たりばったりの思い付きが多い

外国の人とビジネスを行う時、日本式のやり方はあいまいで、穴がいっぱい。外国人には分かりにくいことも多く、ムダも多い。外国人とのやり取りにたいていの日本人は慣れていないので、どうしても日本式になってしまう。まして英語を自由にあやつれる日本人はほとんどいないので十分なコミニケーションはとれない。

片道、新幹線3時間+ローカル線1時間の日帰りは正直、しんどい。

2014年8月27日 (水)

酒屋さんからミニ樽の注文

3g12400今日はミニ樽に関して、実りのある(productive)会話ができた。千葉県と東京地区でお酒の販売を行っている会社から問い合わせがあり、代表の方から見本としてミニ樽4ケの注文を頂いた。

お酒の小売り店舗を展開しており、オリジナルなお酒の販売やミニ樽の取扱いにも関心があるとの事。「やっとミニ樽を見つけた」と、喜んでいる様子がうかがえた。

店内にミニ樽を置いてオリジナルなお酒を提供すれば当然、ミニ樽を欲しがる人も出るだろう。酒屋さんでのこのパターンはまだ経験が無いのでどんな展開になるか楽しみ。

2014年8月26日 (火)

大阪のおばちゃん アメでお礼

南海電車と言うローカル電車内でのこと。2人組のおぼちゃんが電車に乗り込んできた。並んで座りたいのだが2人分のスペースが無い。その様子を見た1人の30前後の女性が立ち上がって向かいの空いた席に移ったので、おばちゃんたちは並んで座れた。

おばちゃんはお礼を言いながら2人並んで座った。するとおばちゃんがカバンから何やら取り出して、その女性に手渡す。「アメ」のようだ。女性はもらったアメを見ながら「無糖のアメはないですか?」と言った。隣のおばちゃんが「体に悪いアメあげたらアカンやろ。私のあげるから」と、別のおばちゃんのカバンからアメが出て来た。

大阪のおばちゃんが持ち歩くアメも、健康志向を考えたものを持ち歩く時代のようだ。

2014年8月25日 (月)

高給取りでも許せるって思う時

久しぶりに電車に乗った。1日のほとんどを大阪の田舎に引っ込んで過ごしているので「井の中の蛙」状態。

近くの駅のホームで立っていると暑いのに長袖シャツ、スーツ姿の人やネクタイまでしている人を見かけた。朝6時すぎにもかかわらずホームに人が増えて来る。いつもの私は寝ている時間。

次の瞬間、おかしなことを考えてしまった。私よりしんどいことをしている人たちは私より、給料をたくさんもらっても当たり前。そんな寛大な気持ちになった。

●長袖シャツの人には1万円プラス/月
●スーツの人には2万円プラス
●ネクタイの人には2万円プラス
●毎日、この時間に出勤の人には2万円プラス
●複雑な人間関係に耐えているので5万円プラス
●服代も必要だろうから1万円プラス
●交際費もいるから2万円プラス

合計:月間15万円となり、年間では180万円。彼らの仕事が何であれ、私より年間180万円多くもらっても私には何の不満も無い。

2014年8月24日 (日)

寿司職人 料理人としては下

昨晩も名古屋でトップレベルの寿司を頂くチャンスに恵まれた。旨い寿司って所詮、ネタが新鮮なもの。新鮮なネタや希少な魚はカネの力で買える。ネタの下処理やカット、シャリの酢加減や握るかたさ・・・もろもろあるだろうが調理技術や味付け、盛り付け・・・は和食とは比較にならないほど単純なもの。だから寿司職人の料理人としての位置づけは上位にはならない。

知らぬ人が素手で生のネタに触れて出される寿司。ある意味、決して衛生的とは言えない。アメリカで1990年代に寿司店で食中毒が発生した際、当局がビニールの手袋をして寿司を握るように、寿司店に要請したことがニュースになった。

2014年8月23日 (土)

年寄りの会話 おむつの練習

年寄り同士の会話を小耳にはさんだ。「おむつをしてオシッコするのは慣れないとなかなか出来ないらしい。だから私、今、練習してるねん」笑うに笑えない内容なのでしっかり、こらえた。

おむつの中で排泄するには、最初はプライドが邪魔をするに違いない。トイレに行って自分で排泄できると、最後まで思いたいに決まっている。

家族や周囲に手間や迷惑をかけずに人生を終えられたらいいと誰もが願う。「ピンピン・コロリ」が理想と多くの人が言う。

2014年8月22日 (金)

生きているアジ刺身

Yjimage7尾頭付きの魚料理を見るたびに日本人は残酷な民族だと思う。他の生き物を犠牲にして人間は生きているのだから、もっと敬意を払う食べ方にすべきだ。見世物にした食べ方は絶対に良くない。マグロ解体ショーも即禁止すべき。

今回、見たアジの刺身料理は残酷過ぎた。アジの体の身は切り離されて骨が見えている。ところがアジはまだ生きていて頭の部分が時々、逃げようとして動き出す。それを見た外国人たちはビックリ。私はビックリよりも、恥ずかしさで穴があったら入りたい気持ち。

料理人は意図的に魚を殺さずに客に出して、鮮度をアピールしたいのだろう。こんな事は生き物の虐待。こんな行為を文化や慣習と言う言葉に置き換えても世界には通用しない。

昔、アメリカ人と一緒に食事をした時に尾頭付きの刺身盛り付けが出て来た。アメリカ人は「魚から頭を取り除いて欲しい」と申し出たので、店にそのようにお願いした事を思い出した。

2014年8月21日 (木)

知らない単語たち

飛び交う言葉を即座に英訳するのは大変。今回は化学も関係するので厄介。希釈、10の6乗、次亜塩素酸~、分解・・・知らん!

日本食レストランではハモ、こはだ、アジ、イチョウ、ぎんなん・・・わからん!

ミニ樽の出荷があるので昨日、深夜に大阪に帰ってきたけど、明日から再度、1泊2日で愛知県入り。2泊になる可能性もある。移動と慣れない分野の業務は疲れる。

2014年8月20日 (水)

土瓶蒸し 私にはネコに小判

E0009772_20598391あの高価な「土瓶蒸し」とやらを3日間で2回、頂くと言う奇跡が起きた。外国からの来客に同席したおかげ。

ところが、味わい方すら知らない私。それよりも、私は「まつたけ」の味が分からないのだから情けない。まさしくネコに小判。

となりの知人から「どないや?ここのは違うやろ?」と、聞かれて日本式の肯定的な返事をするしか無い。その隣にお金を出す代表が座っているので「私には味が分かりません」とは、とてもじゃないが言えない。私はスライスしたエリンギが入っていても分からないと思う。

その店は名古屋でも超が付くほどの高級店で高層ビルの上階にある。日本酒1合が1,600円。グラスは薩摩切子。

2014年8月19日 (火)

猟師町 魚は旨い

知多半島の猟師町で通訳の手伝い中。フィリピンからの来客の接待に同行なので、普段は食べられない高級料理にありつける特典はありがたい。見たことないような大きなヒラメも胃袋に入った。その縁側とやらも初めていただく。

でも、通訳しながらの食事はなかなか思うように食べられない。必ず、誰かがしゃべるのでそれを訳すことになる。だから、口に入れるものは、すぐに呑み込めるような小さなモノを選ぶことになる。私の目はテーブルに並べられた豪華な料理をみて元気に泳いでいるのだが・・・

2014年8月18日 (月)

愛知県 知多半島へ

7月にマニラに行った件の続きで、今度は先方が来日するので再度、通訳の手伝いをすることになった。今日から2泊3日で愛知県の知多半島の方へ行く。契約することを前提の来日だが、契約書は相手の希望を聞き入れてから作り直す作業があるので正直、大変。

2s12400名古屋駅の近くにミニ樽を9ケ購入してくれたバーがあるので、帰りに顔を出したいと思っている。「ミニ樽屋さんで~す」と、言って入ればビックリするだろう。そこで1杯飲んでから大阪に帰る予定。

旅慣れない私。もう少しで携帯の充電器を忘れることだった。ギリギリ出発前に気付いた。

今日は暑そうな日。そろそろツクツクボウシが鳴いて欲しい。

2014年8月17日 (日)

旨い たこ焼き もらった

Slider3thumb700x495631たこ焼きなんて所詮、どこで食べても大差のないものと、大阪にいながら思っていた私。ところが食べた瞬間、美味いと思えるたこ焼きに出会った。しかもそのたこ焼きは前日にもらって冷蔵庫で保管されていたものをチンして食べたもの。

食べた次の瞬間、包み紙を見て販売者を確認する行動を反射的に取っていた私。こんな事は珍しい。それ位に私を感動させたのは「丸幸水産のたこやき」 家から車で15分ほどのスーパーに隣接した店舗なので近いうちに焼き立てを食べに行きたい。

2014年8月16日 (土)

ネコ好きな新聞配達のおっちゃん

私もネコは大好き。犬よりネコが好き。ネコには犬のようなしつけは出来ない分、自由奔放で野性的なところがいい。寒い時期にネコと一緒に寝るのは最高。

Image3_2毎朝、2:30頃に我が家に新聞が配達される。丁度その頃、目が覚めてメールチャックをしていたら表で音がした。2階の窓からのぞくと玄関のセンサーライトが点灯しているので新聞配達だと分かった。後姿を追うと直ぐに自転車を出さずに何かしている。するとネコの鳴き声がしてきた。野良ネコにエサを与えているようだ。

数日後、ネコの鳴き声で目を覚ますと2:15分。最初のネコが現れて仲間に知らせているのだろうか。しばらくすると新聞配達のおっちゃんが定時にやって来て、いつものようにエサを与える。それにしてもネコはどの様にして時間が分かるのだろうか?不思議だ

2014年8月15日 (金)

B29爆撃機墜落現場を見た母

鹿児島に爆弾を落とした後のB29爆撃機を撃ち落としたのは18才の青年。当時17才の母はその墜落現場に行き、機内から引っ張り出されて並べられた米兵の死体を見たと言う。一部の住民はその死体を竹やりで突いて、死体から血が出たことを覚えていると言うから怖い。

2014年8月14日 (木)

金持ちと結婚したい女性たちへ

お金持ちと結婚したいと考える女性は世界中にたくさんいる。その女性の一人がネットに出した質問に答えたJPモルガン社長の答えがユニーク。

【女性の質問】
私、年収4000万円以上の男性と結婚したいと思っているんです。今、私は25歳で、見た目は結構可愛いと思っていて、スタイルももよく、センスもいいと思う。・・・

2014年8月13日 (水)

負けてる方を応援

家のお母ちゃんは高校野球を熱心に観ている。新聞折り込みに入っていた勝敗表に記入する力の入れよう。テレビに向かって話しかけながら声援もするし、時には批判もでる。

「どっちを応援してるの?」と、聞くと、「負けてる方」との返事。「負けてる方が逆転したら、どうなるの?」と、更に質問すると、答えは「負けてる方」との事。何とも親心的な応援だが、こんな楽しみ方もあるようだ。

2014年8月12日 (火)

空襲・原爆 なのに アメリカ、アメリカって

この時期になると過去の戦争の話題でマスコミが賑わう。宮崎にいた時の70代の男性の言葉を思い出した。「大空襲や原爆を経験したのに日本人はアメリカが好きなのは不思議だ」何気ない言葉だが、奥が深い内容だ。そんな彼もアメリカ好きな一人だった。

あんな悲惨な目にあいながらも日本人はアメリカに対して好意的な思いを持つ。憎んでも憎み切れないほどの関係になってもおかしくないのに。なぜだろう。そこには奥深く、複雑な理由があり、戦後処理の仕方や色んなアメリカの戦略があった。それにまんまと日本ははまってしまったのだろうか。そして、いつも間にかアメリカは日本の憧れの国になっていた。原爆を2発も落とされたのに・・・私にも不思議だ。

2014年8月11日 (月)

契約書 日本人は苦手

今、日本の中小企業が海外の工場とのビジネスをスタートすべく、その合意に向けての手伝いをしている。相手も小規模な工場で日本側の提案に興味を示している。ところが用意した契約書が良くない。

日本側は日本式の契約書を英訳して使おうとしている。日本の契約書は日本人同士が日本国内で締結する目的で作られている。そこには信頼や基本理念の共通認識が下地にある。それを文化や慣習の異なる海外の会社との契約書にしようと言うのだから問題が出るのは当然。

日本の会社側に英語を理解する人がいないので、あくまでも日本語優先で進めたい意向。契約書にも「日本語を正式な言語とする」と、書いてあるので「海外ビジネスでは英語の契約書が必要」と、アドバイスしたが、聞き入れようとしない。先が思いやられる。社内に英語の分かる人材を置かずに海外ビジネスが出来る分けが無い。英語から逃げてビジネスをしようというのだから困ったもの。

2014年8月10日 (日)

台風でイベント中止・延期

昨日、今日と雨風が続いている。高校野球、花火大会、祭り、盆踊り・・・各地の大きなイベントが台風の影響でメチャクチャ。関係者の落胆は大きいと思われる。事前の準備や練習など、相当なエネルギーが費やされて来たに違いない。

もし人間が天気をコントロールする世の中になったら、幸せになるのか、それとも悲劇をもたらすのか?

2014年8月 9日 (土)

超過激なミニ樽

Cid_cdb470cc986e4b3aaaa466bce90363e東京のバーで樽キープしている人が何とも斬新なことをした。特殊な赤色のロウをミニ樽にかけた。

ウイスキー派の人なら直ぐにピンとくる、あのメーカーズマークを真似たもの。

血がしたたるようにも見えるミニ樽。次はどんなミニ樽が出現するのだろう。

 

2014年8月 8日 (金)

マンゴーを3ケ購入

008_640x462スーパーの放り出し品の中にマンゴーを発見。表面のキズが黒くなっている沖縄産が298円。すかさずゲット。

近くにメキシコ産が2ケ入り598円でこれもゲット。一度にマンゴーを3ケも購入。極めて贅沢な話??? 

沖縄産は既に食べ頃のようなので冷蔵庫で冷やしていただく。幸い、キズは表面だけだった。

メキシコ産はしばらく涼しい所に置いて熟成を待つことに。これが今年、最初で最後のマンゴーだろう。

2014年8月 7日 (木)

日本女性は既にイスラム化

Yjimage8女性の紫外線防備姿は年々、凄くなっている。身を隠して巧みに自転車を運転する姿は危険な気もする。こんな姿を見慣れるとイスラム圏の国に行っても違和感を感じないかも知れないそ。

イスラムの女性たちが日本人女性のこの姿を見たら、どの様に思うのだろうか?「日本のイスラム女性はこんな風にするんだ」と、思うのだろうか・・・

2014年8月 6日 (水)

にやけた顔のNHK籾殻かいちょう

就任会見から間抜けな側面を見せたNHK籾殻会長。彼の顔はなんであんなに「にやけて」いるのか。私は生理的に拒絶反応が出てしまう。人を小馬鹿にしているようにも見える。

大きな組織を渡り歩いてきた彼は、自分一人の力でやって来た位に過信しているのだろう。何ともアホな話。こんなオッサンがトップにいる限り、受信料なんて絶対に払わない私の場合、トップが誰になっても払わない。綾瀬はるかがなっても・・・

 

2014年8月 5日 (火)

コテコテの大阪を案内

ロスから知人がやって来たのでコテコテの大阪を案内して来た。実家は江戸で夏休みに福岡まで行くとの事。私の最近のパターンは決まっている。まず新世界に行って串カツとどて焼きを食べる。大阪の下町風情が残っているし、かなり個性の強いエリアなのでインパクトはある。串カツ屋には台湾からの女性3人組がいた。ここもインターナショナルになったものだ。

次に日本一高いハルカスへ向かった。無料で登れるのは16階までなのでそこまでで終わり。幸い前日の雨で遠くまでくっきり見えたのが良かった。上から見ると大阪の街に緑が少ないことを実感する。なにわ商人魂か何か知らんけど「カネにならない緑地はいらん」って感じだろうか。

法善寺横丁に行ってお好み焼きを食べる。私が作るお好み焼きとさほど変わらないと思い、自信を深めることになった。

道頓堀周辺は外国人でいっぱい。中国語があちこちから聞こえてくる。

2014年8月 4日 (月)

日本語のヘタな日本人

日本人と会話しているにもかかわらず、相手が何を言いたいのか分からない時がある。宮崎にいた時「この人の日本語わからん」と思った人がいた。その人は話の組み立てが下手なのだ。自己中心的な考えも影響している。相手に分かるようにストーリーを考えて順序立てて話さないと、通じない。

今日、電話で話した人も同類のようで、とにかく分かりにくい。結論をなかなか言わない事も原因の一つ。どんな風に話せば相手に理解してもらえるかを考えずに、思い付きで話すから内容が前後する。こっちはジグソーパズルをつなぎ合わせるようなもの。同じことを繰り返し聞かされると、こちらはイライラしてくる。

「もっと分かりやすい日本語で話してもらえますか?」とは、年配者に対して、さすがに言えなかった。言ったらケンカになるかもしれない。この男性は箸もまともに使えなかった。60代後半にもなるのに食事する時、何とも見苦しい箸の使い方だった。

2014年8月 3日 (日)

夜鳴きする老犬が死んだ

すぐ近所から夜中、犬の鳴き声が何年もしていた。正直、腹が立つし、うっとうしかった。ところが最近、犬の声がしないことに気付いた。どうやら犬は死んだと思われる。犬には申し訳ないが静かな夜が過ごせるようになった。

006_640x480あとは50m先の家の布団たたきの音が無くなって欲しい。そんな事を思っていたらクマセミが元気よく鳴きだした。庭に出てみるとブーゲンビリアにとまって鳴いている。彼の鳴き声はセミ女子のハートを虜にするのだろうか。

2014年8月 2日 (土)

早送りできるテレビが欲しい

最近、根気が無くなったのか、目が肥えたのか、テレビを続けて見れなくなった。ほとんどの番組が見どころを出し惜しみする手法を使うのも原因の一つ。

そこで思ったのが早送りできるテレビがあればいい。生放送は早送りできなくて当然だが、収録番組は番組表の数時間前に放送して、テレビ内の記憶装置に自動録画。普通にテレビをONにすると番組表の通りに映るが、早送りも可能。こんなテレビがあったら売れるぞ。

統計を取って早送りされたワースト番組、芸人、CMなどを発表すれば更に面白い。これはいいアイデアと思うけど、どうでしょうか?

2014年8月 1日 (金)

PLの花火 Today

8月1日のイベントを心得ておかないと大変なことになる。恒例のPLの花火が夜、打ち上げられるので見学スポットは近くは大渋滞になる。我が家の近くにある、さやま池もスポットの一つで多くの人たちが押し寄せる。

今年の天気はいいので関係者はほっとしていることだろう。1,7000発、打ち上げられる予定。去年は花火の音を聞いただけだった。今年、どうするかはその時の気分しだい。見ようと思えばいつでも見れる位置にいるのだから。ある意味、ぜいたくな話。

夕方5時頃に買い物に行く途中、駅方向からは多くの花火見学者たちが歩いて来るのを見た。電車で来ているのだ。たまには浴衣を見るのもいい。

8時前に花火が始まったが、結局、見に行かなかった。毎年の事だが、花火の音で車のアラームが鳴るわ、地響きはするわ・・・ネコたちは怖がって隠れていたに違いない。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »