« バカな母親  | トップページ | ブーゲンビリア評判よし »

2014年6月13日 (金)

小保方さん 岡本理研に転職

すっかりケチのついたSTAP細胞。もう、STAP細胞に将来は無い。小保方さんは理化学研究所(理研)には不要な存在と悟るべき。この際、岡本理研に「イグノーベル賞を目指すから雇って欲しい」とお願いしてみてはどうだろう。同じ理研でも岡本理研の方は弾力性がある。「今度、産む」を作っているのだから。

小保方さんが話題を集めたせいで、あのインチキ作曲家(佐村河内)のニュースが吹っ飛んでしまった。きっと彼は小保方さんに手を合わしてお礼を言っているに違いない。

それにしてもSTAP細胞で国から多額の予算を取ろうと企んだ理化学研究所の腹黒さはノーベル級。本当のノーベル賞をもらった野依さんは運が悪い。最悪の時期に理事になったようだ。今となっては悪オヤジ・グループの一員に見えてノーベル賞の印象は薄れた。彼は理化学研究所に来たことを後悔しているに違いないが、今となっては後のカーニバル。(後の祭り) 

« バカな母親  | トップページ | ブーゲンビリア評判よし »

もしも・・・」カテゴリの記事