« 日本が食べさせてる歌手たち | トップページ | 恋人がサンタクロース ちびまる子バージョン »

2013年12月22日 (日)

態度がデカすぎ 千原せいじ

こんなところに日本人」は世界の辺境の地に住む日本人を訪ねる番組で結構、面白いが言いたいことがある。現場スタッフの力不足とプロデューサーのセンスの悪さを指摘したい。

どこの会社でもそうだが現場を若者に任せているため、社会常識やマナーレベルは確実に下がっている。彼らを管理・指導する立場の人たちにもその力量が無いのだから、正して質を上げることもできない。こうして日本の全ての分野でレベルは下がって行く。

今回見た番組で「千原せいじ」という芸人の言動があまりにデカくて横柄なのであきれてしまった。彼のような態度は公共のテレビにはふさわしくないし、見ていて不愉快になってくる。こんなつまらない芸の無い連中が増えた。

この番組の主人公は明らかに現地で生活する素人の日本人なのだ。その人たちにスポットを当てて人間臭さや、日本では経験できない事を聞き出して「こんな所で頑張る日本人がいるんだ。」と、紹介するのが主旨のはず。

ここでの芸人の役目は海外で頑張る日本人の魅力を引き出す事。だから素人の露出度を上げて、自分はそれを支える役目がいい。

ところがこの芸人は相手が自分より年下で、やり込められると感じとるや否や、横柄な言動を取り始めた。ソファーに大きく足を組んで座り、インタビューをするなど「ええ加減にせ~よ」って感じ。こんな態度を若い撮影スタッフは気付かないし、注意も出来ない。現場力の低下で番組のレベルは確実に下がっていると指摘したい。

« 日本が食べさせてる歌手たち | トップページ | 恋人がサンタクロース ちびまる子バージョン »

My 視点」カテゴリの記事