« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

直ぐ近所にブーゲンビリア発見

私は「自分のブーゲンビリアは町一番」だと思っている。いわゆる自己満足。今日、郵便局に行く時にいつもと違うルートを歩いた。するとブーゲンビリアの花が目に飛び込んできた。花がまだ咲いていたので直ぐに分かった。

私の家から直線で100m位の場所だったのでちょっとビックリ。嬉しいやらライバル心が出るやら・・・そのブーゲンビリアを観察すると明らかに花屋さんから買って来たものと分かる。枝は上手に組まれていて、形が整っているのでプロが作ったものだと分かる。店から買って来たものを庭先に置いているだけのようだ。

「私のは挿し木から育てたオリジナル品で既製品とは違う。」と、変なプライドが出た。今年の大阪の冬をここのブーゲンビリアは生き延びるのだろうか?室内に入れてもらえるか心配になってきた。

2013年10月30日 (水)

人間が魚を食べなかったらどうなる?

面白い発想が頭をよぎった。もし、人間が魚を食べなかったら海や川の中はどうなるのだろう?

*魚が増えすぎて川、湖や海が魚だらけになる。
*魚同士の縄張り争いが激しくなり、魚が凶暴化する。
*船と魚の事故が多発する。(辛抱さんのようなクジラとの事故、動画あり)
*海の中が窮屈になり、魚が進化して陸に上がってくるものが現れる。
*海中のエサ不足で陸に上がって人間を食べる魚が出る。
*海水域を広げるために魚が陸地を削り始めて陸地面積が減る。

ハリウッドにこのアイデアを売り込んでみよう。映画化されたりして・・・

2013年10月29日 (火)

フィットの修理&受け取り

フィットの修理が終わって車を受け取って来た。タダだから私の財布が喜んでいる。さりげないお礼に代車のライフにガソリンを1,000円分入れて返した。15キロ走っただけなので約1リットル分しか使っていない。一瞬、満タンにして返そうかとも思ったが、例の嫌みな見送りがあったので止めた。

今回は帰る際、担当者だけの見送りだったぞ。1円もお金を払っていないからかな?もしかしてスタッフ間に合図が有って「お客様のお帰りです。」と、誰かが言わない限り、見送りに出る必要はないのではないだろうか?今回はその言葉が無かった。私の推理は当たっている自信がある。こそくな手段をここのホンダが使っている事は私にはバレバレ。

車を走らせるとギヤーの滑りは無くなっているので快適。車内のフロアーは掃除機がかけてあることにも気付く。室内には芳香スプレーの香り。FMをONにするといつもの設定と違っている。一瞬、腹が立ったが、直ぐに受信できるFM局すべてを登録してあることが分かった。「ここまでするか」って感じ。客によっては「設定をかえられた。」と、怒る人もいるかもしれない。余計なお世話だ。

メカ担当者の対応には満点をあげたい。さすがディーラーの仕事だ。彼に個人的に何かお菓子でも持って行こうかと思った程だ。(思っただけで実行はしてない。)

2013年10月28日 (月)

黒だけの印刷なのにカラーインクが減る

前から疑問に思っていたことがある。私はプリンターでの印刷はほとんどが黒色の1色印刷。写真やカラフルなものはインクがもったいないので意識的にしないようにしている。だから黒インクが減っていくのは納得できる。ところが他の青、赤や黄色のインクも減っていくのだ。

次の瞬間、思ったことは黒1色の印刷にも他の色が使われているのではないのか。メーカーが意図的にインクを減らすような設定にしているのではとの疑惑を感じ始めた。ネットで調べてみると「ピンポン!」 当たっていた。

今まで白黒で印刷する時はただ「印刷」をクリックするだけだった。それでは黒以外のインクも減る。プリンターのプロパティーから「グレースケール」を選び、更に▼をクリックして「黒プリントカートリッジのみ」を選ぶ必要がある。これでやっと黒インクだけで印刷できることを学習した。パソコン歴18年目にして・・・ 果たしてこれが本当かも疑わしい。高品質やグレースケールでは黒以外のインクも使われる。

今まで騙されていたような気がして腹が立ってきた。インクで儲けるプリンター会社だから、まだ何か罠や落とし穴があるかもしれない。ちなみに私のプリンターはHP製。インク代が高過ぎるぞ!

2013年10月27日 (日)

牛脂注入肉を阪急阪神ホテルが出すとは

阪急阪神ホテルのレストランで牛脂注入肉を「ビーフステーキ」として出していたと言うのだからビックリ。これは詐欺だし、ホテルのレストランが加工肉を使って客をだますなんてあきれてしまう。この種の事が明るみに出るのは内部告発の場合が多い。

プロの調理人なら肉を見れば自然の霜降り肉か牛脂注入肉かは見分けがつく。「分かりませんでした。」と言うのなら調理人の資格など無い。

この事件の影響で私が過去に書いた加工肉に関するブログのクリック数が急に増えた。まだまだ加工肉は周知されていないのも事実。加工肉と知りながらそれを表示、告知せずに提供しているレストランや店は確実に存在する。今も騙されている人たちがいるのが現実。食べ放題の焼肉店ではこの種の肉が使われているケースが多い。

日本の高い加工技術も誤った使い方をするとこのような事件が起きる。皮肉なものだ。日本の倫理観がかなり低下したことを物語っている。

最大の工場は北海道にある(株)ホクビー。この会社のHPで商品見本を見ることができます。このような人工霜降り肉が大量に業務用として流通している。

再度、牛脂注入肉の加工方法の動画を載せておきます。

2013年10月26日 (土)

機転のきかないレポーター

台風情報を各局のレポーターたちが伝えている。「強風で木の枝が大きくゆれています。」 ところが、後ろに見える映像の枝はゆれていない。「アホか」と言いたい。他人の書いた原稿をただ読んでいるだけのレベルの低い自己満足なレポートでしかない。センスが無いし、機転がきかない。

こんな時はアドリブで「今は瞬間的に穏やかになりましたが・・・」とか、言えば納得できる。もっと自然でリラックスしたリポートはできないのか。現場にいるスタッフたちは若いのでその辺の対応が不十分。先輩から教わった決まり文句をオームのように繰り返すだけではアカンやろ。

どんな仕事にもその場の状況に応じて瞬時に機転をきかすセンスが求められる。そのセンスは直ぐには習得できない。何をどのようにして提供すれば喜ばれるか、相手の立場に立って考えれば答えは出て来る。

こんなレポートをする連中には「帰ってから放送された動画を見て勉強しろ。」と言いたい。見ても「原稿どうりに言えてる。」と、思うのだろうか。こらアカンわ。

2013年10月25日 (金)

DJたちが頻繁に使うAORって何だ?

最近、ラジオを聴いているとDJたちが「これこそAORの草分け的な曲」とか言って70~80年代の曲を流している。昔から使われていた単語だろうか?私は知らない。何の意味かわからないままだったので調べてみると;

(1)Audio-Oriented Rock(オーディオ・オリエンテッド・ロック)
  音を重視したロック音楽

(2)Album- Oriented Rock(アルバム・オリエンテッド・ロック)
  アルバム全体の完成度を評価するもの

(3)Adult-Oriented Rock( アダルト・オリエンテッド・ロック)
  大人向けロック

の略語として使われている事が分かった。人により解釈は様々なようでまだ分からない???

2013年10月24日 (木)

京都の郵便番号 わからん!

京都にオーク製ミニ樽のDMを出すべく、住所をエクセルに入れ終えて郵便番号を検索し始めた。すると直ぐに壁にぶち当たった。連続した漢字の住所が多いので分かりにくいのがまず最初。他の地域と異なる表記なので面食らってしまう。有名な「先斗町」(ぽんとちょう)は「ほ」の欄を探しても無い。どないなってんの?もしかして住所が古いのだろうか。

イライラしてきたので一息入れるが、次第に腹が立ってきた。他の地域は容易に郵便番号は探せるが京都に関しては一向に作業が進まない。

違う仕事をした後で何度か再挑戦したが、はかどらない。その後、至った結果は「や~めた。京都にはDMは出さない。」 「出せない。」が正直なところ。特殊な住所表記の京都は他の点でも不利な事があるような気がしてきた。京都が私から一歩、遠のいた。

2013年10月23日 (水)

車検制度はムダでボッタクリ

2年前に車検したガソリンスタンドに見積もりするためにフィットを持ち込んだ。人の良さそうなメカ責任者が車をジャッキアップしてタイヤを外し、あちこち点検を始める。

点検後に告げられた車検の見積額は131,000円。その中から不要と思われる箇所を除いて11万円で合意。2年前の車検は10万円だった。

宮崎にいる時は自分で車検場に持ち込んでユーザー車検でコストを下げていた(7万円)が、大阪では勝手が分からないのであきらめた。

日本の車検制度はそのほとんどが税金で役人たちを肥やすボッタクリ制度でしかない。この制度こそアメリカの圧力で大胆に替えて欲しいものだ。

2013年10月22日 (火)

ヨモギの天ぷら 好評

E0178312_617331宮崎にいる時、行きつけの寿司屋にヨモギの天ぷらを教えたら喜んでもらえた。それまではパセリの天ぷらを添えて出していたが、殆どが食べられずに残っていた。ところがヨモギに替えてから食べ残す客が減り始めたと言うのだ。

ヨモギと聞くとにがそうな感じがするが天ぷらにすると美味しい。食べた後、ヨモギだと分かるのもいい。それに近くでつんで来れば材料代ゼロ。

2013年10月21日 (月)

自己満足なホンダの見送り

今日、フィットを近くのディーラーに修理に出した。ギヤーが発進時に滑るのだ。無償で修理をしてくれると言うので直すことにした。

修理には3日ほどかかるが、代車に軽自動車(ライフ)を使わせてくれるので問題は無い。そこまではいいが、代車に乗り込んで帰る際に事務所からぞろぞろとスタッフが出て来て丁寧にも見送りをしてくれるのだ。

会社の決まりだろうがやり過ぎっちゅーの。店を出てからミラーを見るとまだこっちを見ている。どうやら客が出てから50m位は見るようになっているのだろう。

事務作業中のスタッフにとり、こんなことは面倒に違いない。客が帰るたびに立ち上がって外に見送りに出る・・・これが客へのサービスだと思っているのだ。

心のこもった見送りなら担当者だけでいい。義務やルールから上辺の見送りに出て来ても嬉しくも無い。無能な経営者の自己満足でしかない。

最も臭い一日

栗の渋皮煮を食べたら臭いオナラが出たので再確認しようと、残っていた栗を食べたらやっぱり結果は同じだった。

そこで言いたい!栗を販売する際には「栗を食べるとビッ栗するくらい臭いオナラが出る場合があるので十分に注意ください。」との注意書きをすべきだ。そのことを知らずに栗をたくさん食べたら翌日、電車内が大変なことになる。

今日、うちの85のお母ちゃんが近くの公園からギンナンを拾って来て水洗いしていた。前にも書いたがギンナンはウ○コの臭いがする。「今年はギンナンを拾って来たらアカンよ。」と、言っておいたがダメだった。年よりはタダのモノには目が無いのだ。今日は栗とギンナンの悪臭被害にあった一日となった。

2013年10月20日 (日)

ミニ樽用 タグ & ネームプレート

586x640お酒をオーク製ミニ樽に仕込んだ時、いつ何を入れたかを書いたメモ用紙を樽とスタンドの間にはさんでいた。栓にひっかける方法を考えていたが適当なモノが見つからなかった。

近くのバーにミニ樽を納品に行った際、そのことを言うと「ボトルキープする時のタグ」がいのではと教えてもらった。

早速、ネットで探してみると丸型の適当なタグが見つかったので購入。これに日付とお酒の名前を書いておけば安心だ。

ミニ樽の前面パネルに貼る木製プレートも好評。希望の名前、店名、記念日などをレーザー刻印してお届けしている。両面テープでミニ樽に貼ると見事にマッチする。

2013年10月19日 (土)

京都で配達の仕事はイヤだ!

京都の住所って分かりにくい。古都とは言え何とかして欲しい。住み慣れれば、京都市中京区錦小路通東洞院東入西魚屋町~こんな住所でもたどり着くのだろう。

子供の頃に「京都の郵便配達員には絶対になりたくない。」と、友達と話したことを思い出す。

今、京都にダイレクトメールを出すために住所録を作っているが、その作業が大変。1行では長すぎるので2行にしたいが、どこで区切っていいのかが分からないものがある。

郵便番号を検索する作業も、通常の住所よりもかなり時間を要するのも困りもの。漢字が続く京都の住所にイライラの連続が続いている。

京都で配達の仕事をする人たちって日本で一番、苦労するような気がする。

2013年10月18日 (金)

栗の渋皮煮 食べて臭いオナラ

宮崎の親せきから「栗の渋皮煮」が送られてきた。山で拾って来た栗を煮たとのこと。今年初の栗なので直ぐにいただいた。甘くて美味しい。後で大変なことになるとは、その時は思ってもいなかった。

数時間後、オナラが出始めた。翌日もそれが続く。電車通勤なら大変なことになっていた。匂いが強烈なのだから。これにはビッ栗。自分でそう感じるのだから他人にはたまらない。

ネットで調べると確かに栗を食べた後のオナラは臭いようだ。腸の働きを活発にして腸壁の汚れを取ったということなのか???栗にはご注意を!

2013年10月17日 (木)

散歩コースでタバコ吸うな 

近頃、続けて狭山池(2.85km)の周囲を歩いている。最近の体調の不具合は運動不足が要因の一つには違いないので意識的に歩いている。歩く速度も上がっているし、疲れ方も減ってきた。

普段は快適に歩いているコースだが、そこで犬を散歩させながらタバコを吸っているヤツがいたのには腹が立った。運悪く、ちょうど息を吸い込む時にタバコの煙の前を通過してしまった。これで歩くリズムが壊れてしまった。

健康のためにウォーキングやジョギングをしている所でタバコを吸うなんてアホ丸出し。犬も飼い主に似てアホみたいな顔をしている。こんな無神経なヤツは狭山池に投げ入れてやりたい。そして岸から石を投つける。いや、レンガがいい。

こんな条例が欲しい。「狭山池でタバコを吸っている人を殴ってもOK。池に突き落としてもOK。それが原因で入院、死亡しても責任を問われない。」市にクレームを入れて提案してみよう。

2013年10月16日 (水)

互換インク購入

001_640x479上辺の安い価格につられてHP社の5,000円のプリンターを買ってから、後悔の連続。本体は安いがインク代が高いと言う罠にはまってしまったのだ。他社のように安い互換インクが手軽に買えない事も追い打ちをかけた。

「インク残量が少ない」とメッセージが出始めたのでネットで安いインクが買えないか探していると「HP用の互換インクを発見!」私の使っているプリンターのインクもあったので早速、購入。

プリンターに装着すると「プリンターにHP社以外のインクが装着されました。」とメッセージが現れたのには驚いた。HP社はこのようなケースを既に想定していたのだ。OK(ほっといて)を押して終了。

すると今度はパソコン画面に同じような表示が現れた。パソコンもHP社製だからプリンターと連携して他社製のインクを排除しようとしている。

その後、プリンターをONにするたびに同じメッセージが出るのは厄介。次から純正品のインクを買わせようと私に嫌がらせを続ける。「もう、高い純正インクなんか買わへんて!黙って印刷しなさい。」と、プリンターをさとす。

2013年10月15日 (火)

良くなついたイタチ?

さやま池のウォーキングで体調が少し改善されてきたのを実感。やっぱり運動不足はいけない。体重も2キロ減ったし、ベルトの穴の位置も内側に移った。

前方を犬を連れた女たちが歩道を占領して歩いている。迷惑な連中だ。まじめにウォーキングや走っている人には邪魔になる。ぺちゃくちゃ話しながら自分たちの世界に入って、周囲を気にする様子も無い。

Image9追い越す際に「良くなついたイタチですね。」と、言いながらすり抜けて通った。一瞬、あっけにとられたのか静かになった。次の瞬間「イタチやて。聞いた? 何てこと言うてくれるんやろね、私のかわいい○○ちゃんに」と、後ろから聞こえて来る。ダックスフンドはイタチに似ているではないか。

2013年10月14日 (月)

返金保証付きの育毛剤

育毛剤の進展はチョー遅い。この分野にノーベル賞を取れるような優秀な人材はいないのか。「これは凄い」と実感するような商品が欲しい。

私が試したサントリーのナノインパクトは確かに効果があったと思うが、満足できるレベルでは無かった。もう少し続けていれば、今頃はフサフサで何年も使っていないクシを使っているのだろうか?

最近の新聞やネットに「効果が無かったら全額返金します。」と、うたった育毛剤の広告を見かける。「ほんまかいない~」って感じ。そもそも育毛剤から1ケ月で効果を実感するなんてこと自体、無茶な話。よくこんなことを言うものだと私は懐疑的に見ている。

返金要求をして来る客は○%とあらかじめ試算済みで、宣伝文句にこの表現を使うことによって「商品に自信あり」と、思わせて購買意識をあおっているのだろう。アスカ化粧品の「商品に自信があるから電話はしません。」と、同じ心理効果だ。

健康食品にも同じように返金保証をする会社が出始めた。返金保証が欲しいものって何だろう・・・宝くじ、レストラン、理容店、美容整形、映画・・・

2013年10月13日 (日)

今年、最後のブーゲンビリア咲く

004_627x640大切に育てているブーゲンビリア。今年は6月に一斉に花が咲いた後、7月からは葉っぱだけになっていた。去年は半年間、楽しませてくれたから、ちょっと物足りなかった。

そんな私の気持ちを察してか花が一つ咲いた。これにはびっくり。確実にこれが今年、最後の花だ。

11月からは室内に移して3月までの4ケ月間を過ごす予定。挿し木して3鉢に増えたので室内で場所を確保するのが大変。

ブーゲンビリアからは今でも新芽が出て来る。心苦しいのだが、その新芽を毎日、つぶすのが日課となっている。この時期からは枝や茎に栄養を仕向けたいので新芽をカットしている。せっかく芽を出した初々しい芽をつぶすのは悲しい。ゴメンねと心でつぶやきながら、今日も新芽をカット。

2013年10月12日 (土)

ミニ樽 ヤマト代引き スタート

ヤマト宅急便での代引きが使えるようになった。これでミニ樽を代引きで購入したい人にも対応できる。今まで先に振込む方法だけだったので不安な人もいるに違いない。

ネット通販で見知らぬ人から商品を買うことに抵抗を感じる人はいる。先に代金を支払って商品が届かなかったら・・・と不安な気持ちがあって当然。

代引きだと手数料はかかるが商品と引き換えの支払いだから、安心料として納得できる。振り込む際にも手数料はかかるのだから同じようなもの。こんな日本の充実したサービス体制に感謝したい。

2013年10月11日 (金)

天使のミニ樽 紹介の動画

オーク製ミニを紹介した動画です。

2013年10月10日 (木)

893に金貸すなら宝くじの当たりを増やせ

みずほ銀行はトップの頭取も知りながら893に金を融資していたのだから悪質。脅しに屈したのだろうか。こんな銀行は次のようにして解散すべき。

みずほは「ごめんなさい宝くじ」を発売して、その支払い完了後に解散する。みずほのようなクズ銀行は必要無い。今後も続けたいなら893銀行と名前を変えることを条件に許してもいい。

893に融資した総額はいくら?融資後に返済された額はいくら? 焦げ付いた額は? 893は最初から返済する意図などないのだから。そんなクズたちに融資して、中小企業から融資を引き揚げる・・・みずほは893以下だ。

頭取たちはもしかして893の仕掛けたハニートラップに引っかかって、そのシーンをビデオに撮られてたりして。

2013年10月 9日 (水)

ヤフーの凄い決断 無料化

ヤフー・ジャパンの大胆な無料化が発表された。大いに歓迎したい。楽天関係者は驚いていることだろう。これまでは出店料、出品料、ロイヤリティー、月間手数料などの費用が発生していた。それらを無料にするという斬新な内容。(詳細はヤフーを確認ください。)

この無料化で億単位の収入が減ることになるそうだ。そのへこんだ部分を広告収入でカバーしていく戦略に方向転換したようだ。何か仕掛けがあるに違いない。

広告収入とは何? 出店やヤフオク経験者なら直ぐに分かる。つまり無料化によって当然、店と商品が増えるのは明らか。私も出店の検討を計画中。ところが単に出店、出品しただけでは多くの商品の中でうずもれてしまい、売り上げが出にくい。

そこで、検索したら自分の商品が商品グループの上位の位置へ表示させたり、様々な有料オプションを使って目立たせる必要がある。そのような広告収入をメインにしていこうということらしい。つまり集まってきたカモたちから広告費を奪い取る戦略だ。

楽天市場に追いつけないジレンマから、同じ土俵での勝負を止めて新たなステージをヤフーが作ることになる。この意味は大きいし、ネット通販業界をシャッフルする事になるかもしれない。どうする楽天?

2013年10月 8日 (火)

前回、車検した会社から電話あり

色あせたフィットの車検が11月に迫っている。2年前の車検をしてもらったガソリン・スタンドの対応が良かったから、そこにしようとほぼ決めかけていた。

そんな中、そのスタンドから電話があった。「車検の事で今、おたくのことを思っていたところなんですよ。」と、相手が喜ぶ言葉が出た。電話してきた人が女性だったので、私の中のDNAが機転を利かせて私にそう言わせたのかもしれない。

セールスの電話をしてそんなことを言われたら嬉しいに決まっている。「え~、ホントですか?」と嬉しそうな声が返ってきた。声の感じから30~40代だろうか?

「近々、寄るから見積もりをしてください。」と言ったので私の言葉が本当だと気付いたことだろう。私にたどり着くまでイヤな思いをしたケースもあったに違いない。営業の電話って大変なのだ。

車を持って行ったら「このオッサンまだこの車に乗る気?」と、思われそうで、劣等感との戦いが待っている。

2013年10月 7日 (月)

エレベーターとトイレの無い高層マンションに安部総理が住む

毎日新聞に「元総理の小泉氏が原発ゼロを提言している。」と社説欄にあった。その中で「原発はトイレの無いマンション」と表現していた。私は以前、「原発は水の流れない水洗トイレ、ブレーキの無い自動車」と、表現したので同じ感覚だな~と笑ってしまった。

次の瞬間、原発を推進する人達をエレベーターとトイレの無い高層マンションに住ませてはどうだろうと思い、一人笑いをしてしまった。勿論、最上階には安部総理が住む。

現代の技術では核の廃棄物処理が確立されていない中、日本のトップが海外に原発を売り込むとは無責任きわまりない話。しかも原発の唯一の被害国がそれを行うのだから、世界からは理解しにくい。

2013年10月 6日 (日)

11年乗ってる私のフィット

11月に車検が来るので「9年も乗ってるな~」と思い込んでいたら、実は11年だったことが分かってショック。自分で思っている以上に、私はビンボーだと思い知らされた瞬間。

そんな中、リコールの修理を近くのディーラーに持ち込んで直してもらった。助手席のエアーバッグなのでホンダからの通知を無視していたら、2回目の通知が来たので、そこまで言うなら直してやろうと出かけた。

ホンダに行った理由はもう一つある。最近、発進時に振動がしてギヤーが滑るのだ。同じ問題が宮崎で乗っている時にも起きて無償で修理してもらったことがある。その甘い汁をもう一度、吸おうと密かにもくろんでいた。

エアーバッグの修理に持ち込んだ際、営業マンが出て来たのでリコールの修理以外にギヤーの問題を言ったら面倒くさそうな対応をされた。営業マンにとってこんなことは金にならないのだ。こいつに言ってもムダと判断。まだ、諦めてはいない。

修理が終わり、メカの担当者にギヤーの問題を言うと「メーカーに打診してみます。」と、気持ちのいいい返事が返って来た。どこでもそうだが、営業マンは打算的だが、技術者たちは正直な人が多い。

数日後、電話があり無償で修理してくれるとの返事。11年前に宮崎で買ったフィットを大阪タダで修理してくれると言う有り難い話。でもこれはホンダ側に問題があるのあるのだから、修理して当たり前と言えば当たり前。ここまで親切にしてくれても二度のホンダの車は買わないよ。

2013年10月 5日 (土)

蜜ろうでミニ樽の漏れを止める

ミニ樽メーカーから「蜜ろう」をもらった。どうしてもミニ樽の漏れが止まらない時に蜜ろうを塗って止めるらしい。生まれて初めて見る蜜ろうだ。

使い方をネットで調べたがどこにも情報が見つからない。かなりレアーなモノのようだ。そこでヤフーアメリカで検索するといくつかの情報が見つかった。

鍋に水を入れて沸かして、その中にガラス容器に入れた蜜ろうを溶かしてから筆などで漏れる箇所に塗るらしい。

001_640x580早速、少量をガラス瓶に入れてから、ガスにかけた鍋の中にビンを入れた。すると確かに溶け始めて液状になった。筆を使って漏れる箇所に塗る。

まるで溶かしたろうそくを塗っているイメージ。塗るとすぐに固まるので、手早い作業が要求される。失敗してもはがすことも可能なのでやり直しができる。初めての作業だったがまずまずの作業が出来て漏れは止まった。

2013年10月 4日 (金)

吉長うどん、きっちょううどん、おくのうどん

Menu_img011元々、「吉長うどん」はおくの氏が長年に渡り、宮崎市内で運営してきた「かけうどん1杯180円」で提供するとても良心的な名物うどん店。

理由あって店名を「おくのうどん」に変えた。このところ、あちこちに「きっちょううどん」が出来ているのが原因。ひらがなの店名で大規模に展開しているのだが、どうも893がらみと聞く。大事な店名を取られてしまったのは商標登録していなかったからとか。つまり「きっちょううどん」はパクリで急成長している。

関係者間の複雑なゴタゴタはネット上にも出ているが、庶民に大きく貢献しているうどん店だけに気になる。

ここのうどんは「早い・安い・美味い」で賑わっている。出て来るダシ汁の温度が食べるのに最適なのが素晴らしい。直ぐにさっと食べられるので店の回転もいい。宮崎に行ったらどこよりも、ここでうどんを食べたい。こことは「おくのうどん」。

2013年10月 3日 (木)

宮崎市からミニ樽の受注

聞き覚えのあるアクセントで電話がかかってきた。私が3年前まで住んでいた宮崎市からだった。ホームページを見たとのことで、ミニ樽の注文をいただいた。プレゼント用とのこと。

私が宮崎市に住んでいたことを伝えて「きっちょう・うどんが食べたいですよ。」と、言うと、相手はリラックスしたような感じだった。この店の名前が言えるのは住んだことのある人の証でもあるのだから。

2migi共通点が見つけられれば互いの距離は一気に縮まるし、安心が益す。特にネット通販のような顔の見えないやり取りは、相手に安心感を与えることはとても重要な事。ミニ樽が私に代わり、宮崎市に行くことになるのは嬉しい限り。

2013年10月 2日 (水)

食べ放題 魅力を感じなくなった

50才を超えてから自分の空腹感と実際に食べる量に差があると感じ始めた。これだけおなかがすいていたら、もっと食べられるはずなのにダメなのだ。年のせいなのだろう。街で「食べ放題」の看板を見ても昔ほど魅力を感じなくなったし、行こうと思わない。

食べたいと思うのはベトナムの「フォー」。米でできた麺料理。大阪市内に店があると聞いたのでいつか食べに行きたい。

2013年10月 1日 (火)

海外送金 書類不備で返却された

海外の銀行への送金は結構、費用がかかる。数年前に宮崎銀行から海外に送金した時は手数料を6,000円近く取られたと思う。楽天銀行の手数料が安いようなので利用しようと思ったら、事前に書面での申請を行い、承認が必要とのこと。送金目的、月間送金予定金額・・・海外への送金は結構、厳しく管理されているようだ。マネー・ロンダリングなどの犯罪も関係しているのだろうか。

指示通りに書類に記入して郵送したつもりだったが、記載内容の不備で返ってきた。「名前を漢字で書け、フリーメールアドレスはダメ」の2点。直ぐに訂正して再送した。面倒やな~。

何でもそうだけど最初の第一歩は手こずるし、メンドクサイ。特に年を取ると新しい事には抵抗が出て来る。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »