« 近所の布団たたきの音が小さくなった | トップページ | 今年初のブーゲンビリアの花 »

2013年5月 2日 (木)

メキシコから肉加工品の輸入

新しく仕事関係で知り合った人からメキシコの肉加工品の話が来た。偶然、その人が探している加工品の事を私が知っていたので話は急展開。直ぐにサンプルが欲しいと言われた。昔の関係者に問い合わせたり、ネットでの情報収集をスタート。

そんな中、インターネットの凄さを実感してしまった。私が探している加工品を作る会社のフェイスブックを見つけた。正直、フェイスブックには不慣れな私だが、そこからメッセージを送ってみた。

「御社の商品に関心あり。サンプルを購入したい。」 そしたら直ぐに返事が来て、リアルタイムでのやり取りが始まった。いわゆるチャットだ。メキシコ時間は夜中を過ぎていたが、祭日前で遅くまで起きていたのだろう。

私のメールアドレスとスカイプ名を教えて翌日にはメールでのやり取りが始まった。相手は社長の娘で20代と思われる。きれいな英語を書いて来るので助かる。フェイスブックに写真を載せており、かなりの美女!

私の過去の知識は役立っており、彼女に業界用語である TIFや SAGARPAを使ってメールを書く。彼女は私をプロだと感じていることだろう。果たしてどんな展開になるのか。肉製品の輸入はそんなに簡単なことでは無い。

インターネットのおかげで日本にいながら海外のサプライヤーを見つけてやり取りできるのだから凄い。20年前にはできなかったこと。

« 近所の布団たたきの音が小さくなった | トップページ | 今年初のブーゲンビリアの花 »

メキシコのこと」カテゴリの記事