« さやま池まつり | トップページ | 嫁の来ないウグイス »

2013年4月29日 (月)

ミニ樽の焼かれた内部

101これは珍しい写真ですよ。オーク製ミニ樽 の内部です。自分でミニ樽のタガとパネルを外して撮影。「チャーリング」という焼き加工が施されていて、内部のオーク材は真っ黒に焼かれて炭化状態。樽の内部が焼かれていることは私もミニ樽を扱うまで知らなかった。

この焼き加減や焼き方に樽メーカーのこだわりがあります。樽に入れるお酒の色と味に大きく影響するので。

« さやま池まつり | トップページ | 嫁の来ないウグイス »

知っ得情報」カテゴリの記事