« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

ミニ樽 水漏れチェックに時間がかかる

002今回のミニ樽 は水漏れチャックにいつもより時間がかかっている。到着を心待ちにしている人もいるだろうから、早く届けてあげたいが、完全に水漏れが止まってからの発送を守っている。

毎日、チェックしながら漏れて減った分の水を追加したり、中の水を入れ替えたりの作業が続く。ミニ樽が占領する場所がだんだん増えて来た。

納品を待っていただいている人の中には不安に思う人もいるだろうから、水漏れチェック中の写真を送って理解を求めることにした。これで納得、安心してもらえるかは分からないが、誠意を示したい。

水漏れは確実に時間が経つにつれて減ってくるが、樽によって漏れが止まるスピードは異なる。超アナログな商品だ。

2013年2月27日 (水)

「無くなり次第、終了」ってウソ言うな!

TVショッピングで「無くなり次第、終了です。お早目に。」と言うセリフで衝動買いをさせようとしても私は引っかからない。毎日、同じセリフを聞かされて真に受ける人はアホ。世の中にはアホもいるから、そんな人からは注文が来るのだろう。

「グルコサミン」「卵黄にんにく」・・・TVCMが続けられると言うことは、毎日、受注して売り上げが上がっているからできること。世の中にはアホがたくさんいると言うことの証明。

2013年2月26日 (火)

泡盛&ラム酒

001今日はちょっと気分がいいので夕食時に沖縄の泡盛(25度)とアメリカ産ラム酒(40度)を飲んだ。泡盛はお湯割り。ラム酒はストレート。こんな組み合わせは人生で初めてのこと。直ぐにほろ酔い気分になった。

気分がいい理由は今日、江戸の会社からミニ樽 の注文を頂いた。ホームページを見たとのことで電話の後、メールで複数個の注文が来た。

その直前には、私の知人のUさんからミニ樽のことを聞いたとメールで注文が入った。Uさんが仲間とパーティーをした際に焼酎を仕込んだミニ樽を持って行って、それを見た参加者の一人が欲しくなりメールが私に来たのだ。有り難い話だ。

2013年2月25日 (月)

放置自転車 もったいない

回収した放置自転車の置き場が近所の高架下にある。見る度に「もったいないな~」と思う。本人は盗まれたと思い、あきらめている人もいるかも。中には返却の手続きが面倒と思っている人もいるだろう。

どちらにせよ、駐輪禁止場所に自転車や原付を置いて立ち去ったのだから自業自得。中には結構、新しいものや安物とは思えない自転車もある。「贅沢な時代になったものだ」と、一言では済まないような気がする。

使い捨て時代でモノを大切にしない人があまりに多い。また、モノを作る側も丈夫な部品を使わなかったり、そんな設計にしていないのも問題。昭和の時代の価値観に学ぶべき点は多い。

2013年2月24日 (日)

偽ハチミツ from オーストラリア

オーストラリア産の小瓶に入ったハチミツをもらった。Pure Honey 100%とあるが私は信じない。開けて食べてみると私の疑い通り、水飴たっぷりのハチミツの味がする。あまりに水飴の量が多いので驚いてしまう程。ハチミツは世界的にインチキが横行している証拠だ。

001この会社のホームページを見るとまじめそうな印象を受けるが・・・そこで、ふと思ったのは「私は本当のハチミツの味を知らないのでは?」 私は瓶入りの加工品しか食べたことが無い。テレビで見るようなハチ箱にある本当のハチミツの味は知らない。

本当の味を知らない私にハチミツを語る資格はないが、今回のオーストラリア産のハチミツは胡散臭い。あまりにも水飴の食感が強いのだ。ハチミツにこんな歯ごたえがあるとは思えない。私には水飴の歯ごたえだ。

2013年2月23日 (土)

お気に入りのチョコレート

001私のお気に入りのチョコレートはこれ。アメリカのスーパーで売っていて、袋の中に5種類のミニ・チョコバーが入っている。ロスからの荷物の中に入れて送ってもらった。食べ始めたら止められなくなるのが困る。一番のお気に入りはMilky Way。

スニッカーズは日本でも売っているが他のチョコバーも日本で売って欲しいもの。健康には良くないがたまには食べたい。

2013年2月22日 (金)

狭山池子と会いそこねる

今日は風が吹いて寒かったが、頑張って狭山池を歩いた。池の駐車場に色あせたフィットを置く。車から出た途端、冷たい風が吹き付けて「歩かんと帰った方がええよ。」と、私の本気度を試す。なぜか大阪弁。

半周ほど歩いたところで帽子が飛ばされそうな風が吹き始めたので、帽子のつばを後ろ側にしてかぶりなおす。帽子なしではハゲ頭は風邪をひいてしまう。

歩き終えて駐車場に戻ると見覚えのある車を発見。なんと池子の車が私の1台となりに止まっているではないか。前回、池子の10m後について歩いた時に、彼女がホンダの車に乗り込むのを見て車を覚えていた。どうやら私の後に狭山池に来て歩き始めたようだ。池子は今も狭山池のどこかを歩いているのは確実。

池子に会う4回目のチャンスをちょっとしたタイミングで逃してしまった事が悔やまれる。車の中で池子の帰りを待つことも出来るがそれではストーカーだ。次の瞬間、ラジオから「まつわ」が流れた。続いて「まちぶせ」そんなアホな。

2013年2月21日 (木)

ミニ樽の水漏れチェック

015注文していたミニ樽が入荷したので早速、樽に水を入れて水漏れチェックを開始。漏れが落ち着いたらトレーの中に移して完全に漏れが止まるまで待つ。その間、樽の水を入れ替えて内部の洗浄も行う。

樽の内部にはドリルで穴をあけた際の木くずや、内部を焼いた際にはがれた炭が入っている。水を入れ替えることでそれらを除去できる。

水漏れチェックを自宅で体験する納品方法も検討したい。超アナログな仕組みの樽だが、良く出来ていると思う。組み立てに接着剤やクギは使われていない。

2013年2月19日 (火)

GODIVA チョコレート1粒300円

002日本で大ヒット中のGODIVAのチョコレート。手元にロスから送ってもらったGODIVAがあるがオークション用。私の口には入らない。

GODIVAと言えば1粒300円のイメージが強い。私はそんなお金をチョコレートに出す気持ちも余裕も無い。

ところで日本語では「ゴディバ」と皆、言っているが、英語では「ゴダイバ」と言うらしい。

ロスの友達がGODIVAを探していて、チョコレート売り場で「ゴディバはどこに売っている?」と、店員に聞いても通じない。何度か繰り返していると、やっと「ゴダイバの事ね」ってアメリカ人の店員が言ったとのこと。

2013年2月18日 (月)

オーク製ミニ樽 到着

001今日、オーク製ミニ樽 が到着した。箱を開けてみると今回のミニ樽は色白な樽に仕上がっている。自然のオーク材から作られるので毎回、見た感じは異なるのは仕方のないこと。

早速、明日から樽に水を入れて水漏れチェックのスタート。少し手はかかるが私には可愛い存在。これまで水漏れが止まらなかったミニ樽はゼロ。止まるまでの日数は樽によりバラバラだが、確実に水漏れは止まった。

樽によってはかなり「やんちゃな」樽がある。水を入れるとあちこちから水漏れを起こす。最初の頃はビックリしたものだが、最近は余裕を持って対処できるようになった。さて今回の色白なミニ樽たちはどうだろう。写真は1L, 2L & 3L のミニ樽。

2013年2月17日 (日)

eBay に登録して購入

今日、eBayに登録してオーク製ミニ樽の部品を購入した。出品者に部品に関して質問したら、翌日にはきちんと返事が来ていて信頼できる感じ。

部品10ケで$70程度だが日本への運賃が気になるところ。$30くらいかかると思われる。日本では入手できそうにない部品なので仕方無い。

販売者からメールで運賃の連絡が来て、合計額をPayPalで支払うことになる。eBayは全く、初めてなので不手際が起きないことを祈る。

いつかeBayに何か出品して世界を相手にやり取りしたいような気もする。

2013年2月16日 (土)

ポルトガルからメールが来た

ミニ樽のブログを見たと言うポルトガルの会社からメールが届いた。日本語で書かれたブログなので、海外からのメールに驚いてしまった。きっとブログ内のあちこちをクリックして、問い合わせ先を見つけてメールを出したと思われる。

ネットで発信する情報は世界からアクセスができる事を実感すると共に、今更ながらインターネットの凄さを感じてしまう。

分かりやすい英語で書かれたメールは簡潔で謙虚な内容。「我々は小さなファミリー運営会社で、樽関連製品を手作りしています。ビジネスの可能性を検討して欲しい。・・・」と、こんな内容。

ポルトガルの場所を思い浮かべるとスペインの西側。日本の裏側にあたるので輸送コストが大きくなるだろう。少量の輸送では値段が合わないと思われる。かなり付加価値の高い商品が要求される。ビジネスチャンスがあるか探ってみよう。

2013年2月15日 (金)

揚げバナナに挑戦

001昨日のTVでカンボジア料理の「揚げバナナ」が美味しそうだったので早速、お母ちゃんが挑戦。

初めて食べたが少量なら美味しいと言える。でも甘いのですぐに飽きる味。衣に味のあるホットケーキの素を使ったのは良かったのか悪かったのか?

2013年2月14日 (木)

ドッキリカメラ

ドッキリカメラです。

手品のハトが大変なことに 

2013年2月13日 (水)

石原慎太郎のこと

日本維新の会の橋下徹を共同代表に格上げして、共に代表となった石原慎太郎のおとなしさには少し驚いている。都知事時代の言動からは驚くほど。

今までの頑固さが衰えたようにも見える。自分の代わりを橋下 徹がやってくれると感じたのかもしれない。環境大臣の息子(石原伸晃)に期待するよりも、橋下 徹に乗り換えた印象も受ける。息子はあまりに保守的なので石原慎太郎には物足りないのかもしれない。

その点、若くて粋のいい橋下 徹の方が改革は託しやすいと言える。自分の分身を彼に見たのだろうか。最近の石原慎太郎は急に老けた感じがする。彼は自分の年齢と引き際を察したのかもしれない。

2013年2月12日 (火)

太陽光発電とマンション

自然エネルギーが注目される中、太陽光発電システムを取り付ける家が増えている。発電して余った電気は電力会社が買い取ってくれるので昼間、自宅に誰もいない家は電気代タダどころか、プラスの収入になるケースもある。

いい話ばかりでは無い。もし、取り付けして数年後に自宅の南側に高層マンションが建ったら大変。影になって発電効率は一気に下がる。そんな場合の保証はあるのだろうか。保険会社から「太陽光発電保険」とか出て来るのか?

2013年2月11日 (月)

生まれなくてよかったと思う国

TVニュースを見ていて「この国に生まれなくてよかった」と、思う時がある。真っ先に北朝鮮で次に中国。イスラム圏の国も苦手だ。軍事政権の国もイヤ。

これだけ文明や機器が発達しても、基本的人権や自由の無い国で差別を受けて生活している人が大勢いるのも現実。一部の独裁者たちが国民を洗脳して犠牲にしている。せめて世界の色んな情報がそこの国民に入れば考えを改める人たちも出るに違いない。インフラが無くても情報が届くような、インターネットを超える情報伝達システムがあれば世の中、さらに良くなるだろう。

2013年2月10日 (日)

うまい大阪ガスCMに一人笑い

車の中でラジオから流れるCMに一人笑いしてしまった。このCMはうまい。大阪ガスのCMで小さな女の子が歌を歌っている。「○きやコンコン、○きやコンコン、○きやコンコン・・・」と、壊れたレコードのよう。この歌は誰でも知っている「雪」の歌。でも、最初の「ゆ」が聞こえない。

CMの落ちは「ゆ」(湯)が出ないトラブルは大阪ガスへ。これには「やられた」って感じで「座布団一枚」。笑いの町、大阪でのユニークなCMだ。

2013年2月 9日 (土)

カーペンターズの英語は分かりやすい

中学の頃、英語の歌で最初に耳にしたのは「カーペンターズ」の歌う曲だった。当時、耳は英語の発音に慣れていないのは当たり前。でも、美しいリズムと歌声に新鮮さと魅力を感じた。

同じ頃にビートルズやサイモン&ガーファンクルの曲も流れていた。ところが格段にカーペンターズの英語の方が聞きやすかったことを思い出す。私は「きっと日本人のために、わざと分かりやすく歌ってくれているんだ。」と、思っていた程だ。それ位に他の歌手の英語は聞き取りにくかった。

ラジオから流れるカレンの歌声を聴くたびに当時の思いがよみがえる。彼女の英語はきれいだし、言葉を大切に歌っているのが伝わって来る。もっと長生きして歌い続けて欲しかった。

2013年2月 8日 (金)

狭山池子に3回目

一人で寂しく狭山池を歩いていた。池子はその後、しばらく見かけていない。歩く早さが同じなので出会うチャンスはなかなか訪れない。「もう会えないのかな~」なんて思ってから10分ほどしてからの事。ミニ樽のお酒を飲んだ天使が動いたようだ。

小走りで女性が私を追い越して行った。その後ろ姿に見覚えがある。もしや池子?と思った次の瞬間、その女性は私の10m程前で走るのを止めて歩き始めた。

そう、池子だった。ウソのような本当の話。なんでわざわざわ私の前で走るのを止めて歩き出すの?まるで私を誘っているような行動ではないか。髪の色と長さ、スタイル、ファッションと帽子は間違いなく池子だ。

池の半周を池子の後ろ10mにピタッリついて歩く2度目の幸運に恵まれた。過去に出会った日はダイアリーに♥マークを付けている。チェックすると;
1月3日、1月12日、2月7日

さて、どんな展開になるのだろう。もしかして池子は中国が送り込んだハニー・トラップだったりして。でも、そもそも私は狙われるような大物ではない。それにしてもこんな偶然は初めての体験。

2013年2月 7日 (木)

良くできた箱

001ミニ樽の発送用にネット通販で購入した箱は重宝している。この箱は1~5リットルのミニ樽 を発送するのにちょうどいい大きさ。良くできたもので箱の上部には中に入れるモノに応じて高さ調整ができるように折れ目が付いている。これは実用新案だろうか。

このラインのおかげで1&2リットルのミニ樽を梱包する時は、箱を簡単に小さくすることが可能となる。使う側の気持ちをくみ取ったアイデア商品だ。

ミニ樽の販売が最近、好調。少量しか仕入れていないので在庫切れになってしまった。こんな時に限り、手元にないミニ樽の問い合わせが来るのだからつらい。メキシコに発注したが到着するのは月末頃だろうか。

2013年2月 6日 (水)

韓国から毎日、電話が来る

2012年にホタテ貝殻の件で知り合った韓国の人から1年振りに電話があった。その後、独立して自分の会社を始めたとのこと。私との昨年のメールを探して私に電話をかけて来たと言う。有り難い話である。目的はホタテ貝殻と海産物の調達依頼。

私からは彼にメールで質問や情報提供を行っているが、彼からは毎日のように電話が来る。メールで済むような内容でもわざわざ電話してくるので困ったもの。

電話で質問や情報をもらっても誤解や記入漏れは起こる。後で読み返すことも出来ないので確認が出来ない。ビジネスの基本が分かっていない。とは言っても相手は日本語がペラペラの60代。

まあ、私を当てにしているからこそ、電話してくるのだろうから文句は言えないが、無駄の多いやり方だ。果たしてビジネスになるのだろうか。私はブローカーの立場なので情報だけ取られて「飛ばされる」危険性はある。特に人間関係が無いのでそのリスクは高い。

2013年2月 5日 (火)

アボカド活躍中

家のお母ちゃんにアボカドを教えてやってから色んな料理にアボカドが入るようになった。最初は生のままワサビしょう油やポン酢で食べることが多かったが、最近は水炊きや炒め物にもアボカドが入るようになった。結構、いけるものだ。

スーパーからメキシコ産を1ケ88円で買って来るようで買う際も手で握って柔らかさを確認後に買うとのこと。メキシコやアメリカでは当たり前の事だが、日本でもアボカドを買う時は同じ光景のようだ。

色んな人がアボカドを握るたびにだんだん柔らかくなるのだろうか。マッサージ効果で・・・

2013年2月 4日 (月)

「なまはげ」はパワハラだ!

Image3毎年、テレビから「なまはげ」が子供たちを怖がらせるシーンが流れる。私は今年、違った印象を受けた。

これってパワハラではないのか。純粋な子供たちを怖がらせて無理やり「いい子にします」と、言わせる。子供心を大きく傷つける危険性もある。心理学的に考えたら子供の成長にマイナスな行為と思う。

小さな赤ちゃんの泣き相撲にも同じような印象を持ってしまう。大人たちの都合による勝手な風習などいらない。子供の気持ちになってみろ。恐怖におびえる様子を見て大人が笑うなんて趣味の悪い話。弱い者いじめはやめようではないか。

2013年2月 3日 (日)

洋画をみると英語力ガッカリ

そこそこの英語で仕事がこなせても洋画を観ると英語があまりに理解できないのでガックリする。アメリカにいた時、映画には殆ど行かなかったのは英語が理解できなかったから。テレビの方が英語は理解しやすい。

所詮、仕事で使う英語なんて決まりきった表現ばかりで文法的には中学生レベルで事足りているケースがほとんど。決して高いレベルの英語力とは言えない。

映画では慣用表現、俗語、宗教や文化を背景とした表現などが沢山出てくる。瞬時に理解するにはかなり高い英語力が要求される。

英語後進国ニッポンは立派な英語教材を作るより、他にすることがあると思うけど。

2013年2月 2日 (土)

文字の大きさ150%では操作に困る

Windows7を使い始めて2週間が過ぎた。少しずつ慣れてきているが小さなイライラは続く。今日、メールの署名設定をしていて、開いたボックスの「OK」が見つからない。一番下にあるはずだが見えない。やっとその原因が分かった。私は画面の文字の大きさを150%に設定していたので、OKのボックスが画面から外れてしまって見えなかったのだ。

文字の大きさを125%にすると「OK」が現れた。私としては150%の大きな文字で作業したいが、今回のような問題が発生することがあるので125%で我慢するしかない。老眼は不便。

2013年2月 1日 (金)

天使の分け前 Angele's Share

Imagecaxvh908自宅でオーク製ミニ樽 に色んなお酒を仕込んで熟成させている。樽にお酒を入れると当然だが樽がお酒を吸収するのでお酒の量は減ることになる。その事を表現するスマートな言い方がある。英語で「Angele's share.」(天使の分け前)と言う。天使を持ち出されてはお酒が減っても文句のつけようが無い。

天使はお酒をもらった分、それなりの見返りをちゃんとくれる。仕込んだお酒に色、香りやうま味成分をしっかりと付けてくれる。こればかりは今の化学の力でもできない技。

通常、天使は1年間で2~4%のお酒を持って行くようだ。10年ものの樽仕込みだと減る量は18~34%にもなるらしい。だから当然、値段も高くなる。

実際、ミニ樽に仕込んだお酒の量を1ケ月後に計ってみると我が家の天使は約5%を飲んだようだ。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »