« リムジン製造中 予想外の速さ | トップページ | ヘッドライトのもう一つの意味 »

2013年1月17日 (木)

オナラの音と臭いを消す薬を開発・・・

今回から「もしも・・・」シリーズをスタート。想像力を爆発させて世の中に情報を発信する。第一弾はこれ。

私は小みかんが大好きで良く食べるのだが「オナラ」が出て困る。もし電車の中だったら・・・と思うと怖くなる。オナラを我慢する特技は私には無いので、私が電車通勤をする生活だったらみかんは食べないかもしれない。フライドポテトを食べても確実にオナラが出る。

もし私がオナラの音と臭いを消す栄養剤を開発すればヒット間違いなしだ。芋やポテト製品の売り上げアップに貢献して業界から表彰される。

この成分を使ったドリンク、グミ菓子、ガム、キャンディーも発売し、コンビニでの定番商品になる。

海外からの引き合いも来て、国内生産を増やし、輸出も開始。この業績が認められて「イグ・ノーベル賞」を受賞。

« リムジン製造中 予想外の速さ | トップページ | ヘッドライトのもう一つの意味 »

もしも・・・」カテゴリの記事