« ユニセフNYから寄付依頼書が来た | トップページ | ミニ樽 水漏れチェック »

2012年12月12日 (水)

新政党への投票は金額なしの小切手を発行するようなもの

我が家の前を通る選挙カーの多さは共産党が1番で自民党が2番。この通りに共産党員の自宅があり、年中、ポスターを貼っていることも影響しているのだろう。毎日新聞によると自民党と公明党で300議席を越える勢いとの事。民主党にはショッキングなニュース。

今回の選挙で新政党に投票するのは「金額を書かずに小切手を発行するようなもの」。つまり大ギャンブルってこと。党首たちは立派な志と力量が備わってと信じるが彼らの傘下は未知数の人達がいっぱいな様子。今回はそんなギャンブル枠の多い選挙だ。

日本人はギャンブル好きとは思えないが普段、投票に行かない人達が軽~い人気投票感覚で選挙に行けば結果にも影響する。そんな人達に投票に行かれて一番困るのは自民党。

何年か前に森元総理が選挙に無関心な無党派の人達に対して「(選挙に行かずに)家で寝ていてくれればいい」と、つい本音を漏らして非難されたことがある。今回、自民党は特にその様に思っているに違いない。

« ユニセフNYから寄付依頼書が来た | トップページ | ミニ樽 水漏れチェック »

My 視点」カテゴリの記事