« 迷惑なタバコの煙 | トップページ | 8ケ月ぶりに狭山池を歩く »

2012年10月 8日 (月)

英語ならシャレたセリフが言える

アメリカ人女性のローラに久し振りにメールを出すことになった。彼女は親日家で日本で英語を教えた経験を持ち日本語はペラペラ。美人で頭もいいから私には印象深い存在。

ロスのリトル東京で待ち合わせした時に「トム・クルーズを探してくれ」と言ってガッカリさせたのが最初。その後、名古屋と大阪でも会っている。彼女へのメールの最後に書いた文章がコレ;

Do you know your pocket is always full of my love?
(君のポケットはいつも僕の愛でいっぱいなのを知ってる?)

正しい英語か分からないが、意味は通じる。こんなセリフは日本語では浮いてしまうが、英語なら言えてしまう50を超えても・・・

« 迷惑なタバコの煙 | トップページ | 8ケ月ぶりに狭山池を歩く »

My 視点」カテゴリの記事