« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

我が家のいたち撃退法

Itati1いたちが家の周囲に現れ始めたと母が言う。「ほんまかいな」と、思っていたら本当だった。薄茶色の細長い体のいたちを目撃。

母がゴキブリ用のスプレーを持って隠れこんだ隙間に噴射する。次の瞬間、いたちは飛び出して逃げ回る。しつこくスプレーを手に追いかける母。素早い身のこなし。

その後、いたちを見かけなくなったぞ。「この辺におったらえらい目にあうわ」と、言ったかは分からないが恐れをなしたようだ。恐るべし84才。

2012年9月29日 (土)

日中開戦?

9月28日の毎日新聞に「日本人の70%は中国に親しみを感じない」とのアンケート結果が出ていた。そんな高い数値を持ちながら中国市場に行き、ビジネスをして友好関係がいつまでも続くはずが無い。日本人の7割が中国を嫌いなら、中国の9割は日本が嫌いと考えるべきだろう。

日本陸軍は戦争当時、どんな極限状態だったにせよ、非人道的な無茶苦茶な事を中国でして来たに違いない。その事実を兵士たちは誤った美徳の下、告白しないまま墓場まで持って行ってしまった。兵士たちはその事実を直視して告白すべきだったが、それをさせる空気が日本には無かったのかもしれない。天皇陛下にもその責任があることも否定できない。

中国の経済力と影響力が上がった今、これまで抑圧していた事を言い始めたのだ。日本への恨み、劣等感は長い歴史の中で積もって爆発寸前だった。その引き金を引いてしまったのが「野田政権が決めた尖閣国有化」だ。このあまりに単純な決定の是非は今後、問われることになるだろう。

中国のそんな事情に気付かず、上辺の外交であいまいに過ごしてきた日本人の優柔不断で、お人好しな外交はもはや世界には通用しなくなった。それを許していたのは日本の強い経済力だったが、もはやそれは過去のもの。今までならアメリカに応援依頼ができたが、アメリカも多くの問題を抱えており、もはやあてにできない。

アメリカは日中戦争を望んでいるかも知れないぞ。多くの軍事産業を抱え、在庫の銃弾が多くあるから・・・そう考えるとオスプレーの配置もタイミングがいい。アメリカは中国をたたくために日本と中国が戦争になるような裏工作をたくらんでいるとしたら・・・

安い週刊誌のような内容になってしまいました。

2012年9月28日 (金)

スカイプって音質いいね

スカイプに登録して使い始めたが音質の良さにビックリ。こんな便利なものを今頃になって知るとは、これまで損していた気分になる。

まだ使い方が良く理解できていないが通話できることは分かった。海外とのやり取りが発生する環境の人やビジネスには必須だ。

そんな中、「バイバー」と言う無料通話ソフトが出て、スカイプを超える勢いで増え続けていると言う。スカイプでは通話相手のIDが分からなければ、かけることができないがバイバーはアカウント登録すら必要無い。ダウンロードした瞬間に自分のメモリ登録しているメンバーがバイバーユーザーなのかどうか表示されるシステム。今週、スカイプを始めた私はどうなるのって感じ。

スカイプはネットにつなぐと登録者の中で誰が今、オンラインかが分かる。当然、相手にも私がオンラインだと分かる。自分の動きを覗かれているような気もする。

2012年9月27日 (木)

ブーゲンビリア花の終わり

Img_19324月から花を咲かせて約半年間、楽しませてくれたブーゲンビリア。最後の花が散ってしまった。今年は幹や枝も太く、丈夫に成長した。宮崎の親木から挿し木で増やして大阪に持って来て、ここの環境にも慣れたようだ。

私の水やりや手入れに不満があるのだろうか、鋭いトゲが何か言いたそうでもある。

外気が10℃を下回るようになれば室内に入れて冬越しの準備に入る。2m程の高さに成長したのでかなりの場所が必要。剪定して小さくすることも可能だが、小心者の私は枝を切るのが可愛そうでできない。私はこのブーゲンビリアを一生、大切にするぞ。

2012年9月26日 (水)

だんじり祭りのシーズン

クマセミの鳴き声がしなくなったと思ったら、今度は太鼓の音が鳴り始めた。だんじり祭りの練習だ。私の住む地域では昔からさかんに行われている恒例の秋祭り。

私はこのだんじり祭りと言うものがどうも好きになれない。子供の頃から見てきたが「不良少年や酔っ払いたちが夜遅くまで騒ぐための言い訳」に思えてならない。

「豊作祈願」と言う、本来の祭りの意味など忘れ去られ、酒を飲んで騒いだり、久し振りに会う地元の仲間同士の親睦会に成り下がっているのが現状だ。一部の連中がそんな事をするために寄付などする気持は全く無い。

2012年9月25日 (火)

My樽 最初の受注 2件

Img_1826「My樽」に最初の注文をいただいた。2リットル・サイズの注文。ヤフオクではなく「My樽専用ブログ」を見ての注文。電話をいただいてからメールで情報の確認となった。うれしい記念すべき最初の注文だ。

その後、ヤフオクでも2リットル・サイズ1ケの落札があったので合計2ケの販売となった。

今晩飲むMy樽は最高の味になるのは確実。琥珀色の夜を乾杯だ。My樽は小さいながらなかなかのモノ。こんな即効性のある商品はなかなか出会えない。何と言っても、オリジナル焼酎を造れるところが男心をくすぐる。

私は毎晩、小さなMy樽を抱えて食卓に向かう。まるで子供のようだと自分でもおかしくなるくらい。コックをひねると前回とは違う色、味の焼酎が出てくる。その時点で大満足。先入観があるからまずいわけが無い。

これから私のような男たちが日本で増えていくことを願う。「樽マン仲間」が・・・

2012年9月24日 (月)

注目のオークション設定

ヤフオクでの出品で「注目のオークション」設定をしてみた。有料のサービスで出品するジャンルの最初の方に表示されるサービス。今までの2ケ月間は普通に出品していただけで、有料オプションの太文字や色付き背景などはしたことが無かった。

「My樽」は「焼酎サーバー」のジャンルに出品しているが、そこには600点以上の商品があり、どうもその中に埋もれてしまっている感じがする。そこで「焼酎サーバー」で検索した場合、その上位にMy樽が表示されるように、その位置をお金で買うことができるオプションがそれだ。Img_1925

事前に1日当たりいくらで上位の場所が占められているかを知る事ができる。例えば1日15円でトップの位置が確保されていたら、私が16円出せばトップの位置を奪えることになる。実に良くできたシステムだ。表示される位置まで競争で勝ち取れるのだから。

「注目のオークション」設定をしてから焼酎サーバーで検索するとMy樽は最初のページに表示されるようになった。同時にアクセス数が目に見えて増えだし、ウォッチリストに登録する人も出始めた。これには感激!即効性があることを確認。この有料サービスは値打ちがある。

2012年9月23日 (日)

大阪のえこひいきなスポーツニュース

まあ大阪民放のTVスポーツニュースはいい加減。阪神タイガースの話題が多いのは地元だから仕方のないこと。阪神の選手が打ったり、ファインプレーしたシーンが多く流れるから「阪神が試合に勝ったんだ」と思いきや、負けている。「なんやねん、コレ」って感じ。

阪神の良いシーンを一杯、見せながら試合には負けているのだから笑ってしまう。試合に勝った相手チームの活躍シーンの方が多いはずだが流れない。こんなえこひいきなニュースを流す大阪は「ここは中国か北朝鮮か」と言いたくなるが、それが浪速では許されるのだから滑稽だ。浪速は江戸の人達からバカにされる理由を自ら作っているのだ。

そんなえこひいき放送はスポーツだけにして欲しいもの。中国では普段のニュースにも情報コントロールされた内容が報道されているのだから悲劇。それを鵜呑みにデモや暴動を起こす単純な農民工たちは哀れなものだ。

2012年9月22日 (土)

スカイプ・デビューします

Img_1773スカイプを始めようとやっっとヘッドセットを買った。ジョーシン電機で一番安い\680。今頃?と言われそうだが、間もなくスカイプ・デビューです。

YouTubeに動画でソフトのダウンロード方法や使い方の説明があったのでそれを見てからダウンロード。こんな説明はありがたい。なぜかダウンロードには怖いイメージを持っている私。

仕事でメキシコと話す案件ができたから必要に迫られてって感じ。一応、使えるようになったと思うが、まだ一度も話していないので何とも言えない。どんな音質で会話できるのだろう。ヘッドセットを頭につけるとパイロットになった気分だぞ。

2012年9月21日 (金)

偽ブランド品を斡旋するメール

ヤフオクに出品し始めてから私のヤフーアドレスに偽ブランド品を斡旋するメールが毎日、届くようになった。迷惑な話。こんな連中を取り締まることはできないのか。堂々とコピー品とうたっているものもある。

私にこれらを仕入れて売れと言っているのだから腹が立つ。日本人の名前を使った中国人もいる様子。日本語が少しおかしい。当然、日本人もいる。

これでは「ヤフーには多くの偽ブランド品が出回っていますよ」と言っているようなもの。ヤフーが取り締まることはできないのか。我々から情報を収集して警察に依頼することもできるのでは。ヤフーにそんな窓口があってもいいと思う。同一の連中が名前やアドレスを複数、使ってメールするケースも有ると思う。とにかく腹が立つ。

ネット上の犯罪者を特定し、検挙する世界規模のシステムと法律が必要だ。野放し状態ではないか。著作権意識の低い中国が高度な製造技術を持てば益々、問題は複雑化する。早く、厳格で有効な規制システムが欲しい。

2012年9月20日 (木)

中国から撤退&国交断絶だ

中国の反日デモ、日系企業に対する破壊行為や日本人への暴力をTVで見て腹が立つ。こんな暴挙が中国で起きても中国政府はそれを容認することが良く分かった。それでも中国に進出してビジネスをするのか。日本人のプライドがここまで傷つけられているというのに。

中国は日本が嫌いなことが良く分かった。過激な活動をしているのは反日思想を埋め込まれた哀れな民だとは思うが、もう限界だ。そんな国と上辺の付き合いがいつまでも続くはずが無い。互いに二枚舌の友好、交流なんて所詮、無理なのだ。一度、距離をおいて冷却期間を持つ選択肢もある。

この際、中国との国交を断絶しよう。日本企業は一斉に中国から撤退。経済的なダメージはあるがきっぱりと切り替えるのだ。同じような問題は必ずまた起きる。腐った中国政府が変わらない限り。

韓国が日本の後釜を狙っているようだから渡せばいい。世界から嫌われている韓国のすることなど先が見えている。

サイチェン中国
カネカセヨ韓国

2012年9月19日 (水)

My 樽 最初の仕込み

Img_1886My 樽の洗浄作業を終えていよいよ焼酎を樽に仕込む。酒類のディスカウント店からペットボトル(2.7ℓ)入り25度の焼酎とホワイト・リカー(35度)を買って来た。

ホワイト・リカーはとてもじゃないがそのままでは飲めない。果たしてどんな色と味に変化するのか楽しみ。オークの樽から色と香りが付くのは確実だが、焼酎とどのようにコラボするのか期待が膨らむ。

画像のMy 樽は1ℓサイズ。1週間後にコックをひねって試飲してみよう。我が家は密造酒造りの隠れ家となった。「チョイ悪オヤジ」の気分がする。

2012年9月18日 (火)

中国での暴動 今すべきこと

中国での一連の反日運動と暴動は歴史に残る犯罪として教科書に載るだろう。中国で働く日本人たちやその家族の心境を思うと辛い。政治的な問題を抱えながら、その国で仕事するなんて精神的にかなり厳しい。政治家を恨みたくなるだろう。

今の一連の中国の動きは反日が根底にあるとのことだが、それよりも中国政府への不満の方が大きいとの見方が多いようだ。日本の尖閣国有化が不満のはけ口の引き金を引いたと言うことか。

日本と世界の政治家や戦略家たちは今こそ、一致結束して中国政府転覆の策略を練るべきだ。以下のようにして;

●中国から海外に留学や仕事で出ている人達が結集して中国の若者にネットを使って訴える。中国政府の間違いと民主主義の必要性を。同胞の言うことなら中国の若者も耳を傾けるだろう。

●その運動を背後でアメリカや日本が支える。中国国内の若者たちも冷静に考えれば自分たちの言動の不合理には気付くはず。原因は中国政府にあるのだから。

●中国から外国企業は一斉に撤退し、中国経済は一気に下降する。仕事をなくした若者たちは事の重大さに気付き、新しい動きが始まる。海外で学んだ同胞たちが帰国してそのリーダーとなる。

●一時的に日本のダメージも免れないが巨大な隣国を正常化するためには通過しなければならない試練。

こんな作戦が本当に必要だぞ。

2012年9月17日 (月)

不思議なオークションの世界

ネット・オークションでの出品経験が2ケ月を超えた。まだまだ奥が深そうなオークションの世界。心理的な要素でも価格が吊りあがっていくのは何とも興味深い。

例えば数人が競って1,800円で落札された商品がある。その商品を最初から1,800円で出品して売れるかと言えば、そうとは限らない。

商品本来の価値とは違う面での働きが価格を吊り上げているようだ。その一つが競争心理。狙った獲物を追って自分が手に入れたいと思う独占欲かも。

1つの獲物を見知らぬ誰かと競い合っていく。それはゲームの世界。入り込むと何とかして相手に勝ちたいと、競争心が芽生えて当初の上限価格を超えてまで深追いしてしまう。

追っている内にその商品に更なる価値を勝手に付けてしまっているのだ。「他人がここまで追うからにはこの商品にはその価値があるのだ」と、自分を正当化する。

2012年9月16日 (日)

POUND PLUS チョコを入手

Img_1860ロスのトレーダー・ジョーズで買った500gのでかチョコ「POUND PLUS」をもらった。初めて手にするチョコは予想通り、ずっしりと重く大きい。

明治アーモンドチョコとの比較でその大きさが分かると思います。手では簡単に割れない程、厚い。これで$4.99は嬉しい価格。

2012年9月15日 (土)

My 樽の使い始め

樽の使い始めにはルールがある。いきなり焼酎を入れてはいけない。まず、届いた樽に水を満タンに入れて一晩放置する。場所は万が一、水が漏れてもOKな風呂場。

樽は水を含んで膨張して木と木の間に隙間をうめる。もし、漏れが見つかったら更にそのまま放置して漏れが止まるのを待つ。

Img_1823それでも漏れが止まらなかったら樽の中の水を抜き、樽の表面を乾いた布で拭いて乾かす。乾いたら「ロウソク」を漏れる箇所に塗る。これで漏れは止まる。

次は樽にお湯を入れて樽を振りながら中を洗うような感じ。樽の内部前面にお湯が当たるように軽く振る。お湯を捨てると最初は濁った色になって出て来る。出てくるお湯の色が透明になるまでこの作業を繰り返す。5~10回程度の作業となる。

これでやっとMy樽に焼酎を仕込む準備ができた。樽を冷やしてからジョウゴを使って安い焼酎を樽に注ぐ。数週間後には琥珀色と樽の香りのある熟成焼酎がコックから出て来る。秋の夜長を琥珀色の焼酎と共に過ごす日は近い。

2012年9月14日 (金)

オーク製 ミニ樽 My 樽

Img_1816注文していたオーク製のミニ樽が届いた。箱を開けると木の香りが漂う。お願いしていた刻印「My TARU」の感じもいいぞ。手に持つと職人の手作り感がしっかりと伝わってくる。容量は1リットル、2リットルと3リットルの3種類を購入。焼酎の熟成用だ。

ペットボトルに入った安い甲類の焼酎(25度)や果実酒を作る時に使うホワイト・リカー(35度)をMy樽に入れて熟成させる。

数週間~数ヶ月で透明な焼酎が琥珀色になり、オーク樽から香りも浸み込む。自宅でオリジナル焼酎を楽しむことができると言う、まさに男のロマンを実感できる逸品。

「ムーン・シャイナー」とは昔、山の中で月明かりの下、密造酒を作っていた人達のこと。この樽を使えば自宅でムーン・シャイナーの気分に浸ることができる。「ちょい悪オヤジ」になって琥珀のひと時を楽しむ夜は近い。

この樽、大きさこそミニだが、材料や基本的な製造方法は大きな樽と同じ。樽工場の職人たちが作っている本格的なモノ。樽の内側のオークは適度な焼きがほどこされている。接着剤や釘は一切、使用していない。インテリアとしてもカッコイイ。

My 樽をプレゼントにすれば、あげた人のセンスは高く評価されるに違いない。焼酎を飲む人が父の日や誕生日にこんなミニ樽をもらえば、最高に嬉しいだろう。

この My 樽を日本で販売開始

2012年9月13日 (木)

WANTED ポスター仕上げ

Img_1862昨日、コーヒーをスプレーしたWANTEDポスターが乾燥したので今日は線香を使って焦がす作業。日頃、宗教には無頓着な私。線香とは無縁だが今日は数本、仏壇からいただくことにした。

最近のライターのスイッチのかたいこと。子供の火遊び防止用にかたくなったのは知っているが、かなりかたい。これが原因で禁煙した老人がいたと言うから面白い。

線香に火をつけて思いのまま紙を焦がしたり、穴をあけたりする。これが結構、面白い。まさしく火遊びだ。コーヒー・スプレーと線香焼きでポスターは一気に150年程、古くなり西部劇時代にタイムスリップ。

これを今、オークションで出品中。

2012年9月12日 (水)

WANTEDポスターを古く見せる方法

Img_1829英語で Cofee Stained Paper と呼ばれる紙がある。WANTEDのポスターや昔のイメージのモノに使われている。

その名の通り、コーヒーで染みを付ける手法らしい。早速、自己流で挑戦してみた。スプレー容器にインスタント・コーヒーを水に溶かして入れる。それを古く見せたい紙にスプレーする。最初は勇気がいったが、だんだん大胆になってくる。

画像はスプレー直後。乾燥するとかなりイメージは良くなるから面白い。乾燥させて終わりではない。次は線香を使って紙に穴をあけたり、ふちを焼いたりしてアンティーク感をUPさせる。

2012年9月11日 (火)

ハイレベル過ぎて分からない?

我が家の地区ではスピーカーからお知らせ事項などが流れる。夕方7時前と8前に流れる内容はハイレベルなもので、私の84才の母には何を言っているのか分からないそうだ。

【7時前に流れる内容】
「こちら○○地区会、自主防災、治安組織です。最近、身近な所で犯罪が増加傾向にあります。犯罪防止のため、ご近所であいさつ、声かけ、戸締り、街灯を明るくなどの運動を推進しましょう。」

【8時前に流れる内容】
「こちらは○○地区会、自主防災、治安組織です。○○地区で犯罪をさせないために、地域の一人ひとりの意識と行動が大切です。隣近所で協力して犯罪をさせない環境を作りましょう。」

確かに立派な内容で理路整然としている。ところが間接的な表現が多く上品過ぎて理解できない人もいるようだ。もう少し、レベルを下げた表現にした方がいいかもしれない。

いっそ、大阪のおばちゃんが話す庶民感覚の内容にした方がいいかも。

2012年9月10日 (月)

サッポロ一番 坦々麺 いまいち

101024tantanmen1TVCMを見て食べたくなったのでサッポロ一番の坦々麺を購入。袋を見ると真っ赤な色がいかにも辛そうなイメージで期待が膨らむ。

ところがどっこい、子供だましのような辛さにガックリ。ダシはいいが辛さが全く足りない。それに麺は今までと同じものをそのまま使っていると言う手抜き商品。

丸ちゃん生麺の方がずっと美味しい!ええ加減にせえよ!子供だましのラーメンではないか。

2012年9月 9日 (日)

PCの醍醐味はコピー&貼り付け

何気なく使っているパソコンだが時々、便利だな~って思うときがある。私の場合、コピー&貼り付けの作業がそれだ。一度、手間をかけて作った文章や資料をいとも簡単に再利用できるのだから助かる。

ちょっと前なら一度コピーしてからカッターで切って、ノリで貼り付けしていたものだ。その後、貼り付けした影を消す作業が後に続く。そんな作業をついWindows95が出るまで実際に行っていた。パソコンが使えない人達は今もそんな原始的な方法をしているのだろうか。

ネット上の記事や情報を無断でコピーして使用することはいけないが、そんな事は建て前の話であって現実はパクリ放題と言える。一度、ネット上に出た情報はコントロールのしようが無い。どこで誰がパクってどんなふうに使用しているのかは分からないのが現状。

技術の進歩である程度は解決できるようになるだろうが、イタチゴッコだろう。著作権や価値観の意識変革もインターネットによって大きく換わらざるを得ない。中国が一番、喜ぶようなことでは困るが。

2012年9月 8日 (土)

東国原 元宮崎県知事に実力なし

そのまんま東は宮崎県知事時代から橋下氏にくっついてきた。彼の野生の勘が働くのだろう。橋下氏と仲良くしていれば自分にもメリットがあると。

東国原氏が知事時代、私は宮崎市に住んでいたので彼の仕事ぶりの情報は入って来た。彼はマンゴーと地鶏を代表とする宮崎産品の販路拡大に貢献し、観光客を宮崎に呼び込んだ実績は認める。それまで街中を走らなかった青島太平洋マラソンのコースを変えて、街中を走るようにして注目度を上げた。その程度のこと。

当時の実務は河野副知事(現知事)が行って来たので、東国原氏は芸能人の延長のような軽いノリで知事職が務まった。彼には「品格」が欠けているのが何と言ってもマイナス。品格の無い人間は何をしてもどこかでボロが出るのだ。

彼はTVニュースのコメンテイターとして出演しているがまともなコメントなど聞いた事が無い。気の抜けたコーラのような事しか言えない彼にTV局も良く依頼するものだ。そんな彼が大阪維新の会に出入りしているのだから笑ってしまう。橋下市長はとっくに彼の力の無さを見抜いているだろうが、厚かましい東国原氏のずうずうしさに押し切られている様子。

維新の会も「ごった煮」状態になりつつあり、崩壊が始まろうとしている。その引き金を引くのが東国原氏と言うことか・・・

2012年9月 7日 (金)

世界から起業家を募る

私が20代の頃、1980年代の新聞にはたくさんの求人広告が載っていた。特に日曜日の新聞には見開きの2面いっぱいに求人広告があったものだ。当時、仕事を探すのは新聞がメインだった。

ところが最近の新聞に載っている求人広告はせいぜい10~15社程度で見落としてしまうほどの量。大変な時代になったものだ。若い元気な世代に仕事が無いのは個人だけでなく国力も低下する。

世界中から仕事を増やす斬新なアイデアを募集してその起業に補助金を出したらどうか。ムダなことに税金を投入するより、可能性のある起業に投資するのだ。優秀な人材、技術やインフラは既に日本にあるのだから。そんな斬新な発想を政治家は持って欲しいもの。

2012年9月 6日 (木)

チョコレート国別消費ランキング

1人が1年間に食べるチョコレートの量に関する情報を見つけた。チョコレートは好きだが日本製は物足りない。原料を輸入に頼っているせいもあるだろう。繊細な味の調合はトップレベルでも、ボリューム感がぜんぜん足りない。日本人は子供だましのチョコレートに満足してはいけない。

1位  ルーマニア  15.4 kg/人・年
2位  ドイツ        11.3 kg/人・年
3位  イギリス      10.9 kg/人・年
4位  スイス       10.4 kg/人・年
5位  ノルウェー     9.6 kg/人・年
6位  デンマーク    7.4 kg/人・年
7位  フィンランド    6.8 kg/人・年
8位  フランス       6.4 kg/人・年
9位  スウェーデン  6.1 kg/人・年
10位 アメリカ       5.2 kg/人・年
11位 ベルギー      5.0 kg/人・年
12位 ポーランド    4.4 kg/人・年
13位 ギリシャ     3.6 kg/人・年
14位 ハンガリー   3.6 kg/人・年
15位 オーストリア  3.5 kg/人・年
16位 イタリア      3.5 kg/人・年
17位 スペイン     3.3 kg/人・年
18位 ポルトガル   2.9 kg/人・年
19位 アイルランド  2.8 kg/人・年
20位 ブラジル    2.6 kg/人・年

21位 日本       2.1 kg/人・年

2012年9月 5日 (水)

フェイスブック まだ理解できない私

一応、フェイスブックに実名で登録しているけど、いまだに何になるのか理解できていない私。先日、ロスの島田さんがフェイスブックで私を見つけたようでメッセージが届いた。その後、友達登録に加えた。知っている人なので全く問題は無い。

ところが見知らぬ人から「友達リクエスト」が来ることがある。最近も20代の女性からリクエストが来た。私と同じ市内に住んでいる女性のようだが全く交流も面識も無い。何が目的なんだろう?直ぐに承認するには軽すぎる話なので、そのまま保留にしていたらいなくなった。今も保留中の人が2人いて全く知らない人達。知らない相手に友達リクエストをするってどういう意味なのか?

迷惑なのは友達登録した私の知る人たちが自身のページに何かメッセージをUPする度に、私のページにもそれが表示されること。その通知がメールでも届くからやっかいな話。メッセージが出ないように設定できるのだろうが、その方法が分からない。押し売り的で、ありがた迷惑な話。

いつか学校時代や昔の友達が私を見つけてメールが来るかも知れないと思ったら、ヤフーの検索結果のページには同姓同名の人がTOPに出て私は出て来ない。グーグルでは「その他の~」の欄に私が出てくる。
まだ、フェイスブックの活用方法が分からない。

2012年9月 4日 (火)

はこBOONを初めて使った

荷物を送る時の選択肢がかなり増えている。オークションを始めてヤフーとファミマの提携する「はこBOON」を初めて知った。(伊藤忠商事の運営)

郵便局で定形外郵便で送る予定の荷物が長さ制限を越えていたので、「ゆうパック」扱いになると告げられた。送料の予算(\580)をゆうパックにすると\1,300となり、オーバーするので他の方法を探すことにした。

前から気になっていた「はこBOON」を調べると重さ優先で品物によってはかなり安く送れることが分かった。今回の無線のアンテナは\680で送れるのでゆうパックよりも\620安い!

予めネットで送り先と差出人情報を申し込み後、ファミマの端末機で操作をする。良くできたシステムだ。これから大きめの荷物の発送には活用することになるのは確実。郵便局はどんどん客を取られて行く・・・

郵便、ヤマト宅急便、佐川急便・・・こんな色々な発送方法がある便利な国って他にあるのだろうか。日本から出たら、どこの国に行っても不便さを実感するに違いない。

2012年9月 3日 (月)

記者に現金渡す中国

新聞記事にビックリ!中国では取材に来た記者に「交通費」の名目で日本円で\2,500~\6,100位の現金を渡す習慣があるとの事。現金を渡した側の会社は「記事はいつ出るのか」と、記者を突くケースもあるらしい。何だよ、それって「賄賂」じゃないか。

交通費が出る会社の記者会見に来る記者の数は多いと言うのだからあきれてしまう。記者の買収と同じで、記者の質も問われる。

こんな事が行われているのだから公平な視点での情報など期待できるわけがない。そんな記事を鵜呑みする国民も多いのだろう。中国って国は困ったもんだ。

2012年9月 2日 (日)

ちょっと一休み

またまた面白い画像がユマのドーンさん来ました。

下をクリックすると男性が走って来ます。
男性が止まったらマウスのポインターを男性の頭の上の方に持っていきます。
さて何が起こるでしょう?

http://www.selfcontrolfreak.com/pakken.html

2012年9月 1日 (土)

大阪維新の会も既成政党もおかしい

大阪維新の会にまつわる一連の動きは、あまりに話がうまく進み過ぎに見える。維新の会トップが大阪市長のままで国政政党になり、橋下氏がそのトップをすると言うのか。それは無理でしょう。市長のポジションが足かせとなるのは目に見えている。

その足かせを外す行為、大阪市長を任期途中で辞めて国会議員に鞍替えしたら、大阪から総スカンをくう危険性は高い。大阪都構想に向けての実務はこれからが本番。言いだしっぺの当人が抜けては無責任の烙印を捺されることになる。(入れ墨がいいかも)

日本の政治を動かす勢力がほんの数年で表舞台に躍り出ることに危険すら感じる。今の一連の動きはあまりに軽すぎないか。この動きに動揺し、融合する政治家や既成政党も情けない話。今までの政治活動は何だったのか?

今の姿は日本の政治レベルの低さを物語っている。しっかりしろよ日本の政治家!隣国の悪たちに付け入るスキを与え続けて国益に反する事を政治家自身が行っているではないか。Shame on you.(恥を知れ)

維新の会の動きはまるでAKB48の人気拡大やその総選挙のイメージとダブって見えてしまうからおかしい。橋下氏に期待することは多くあるが、担がれて段飛ばしに階段を駆け上がると足をすくわれるのではと心配だ。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »