« 韓国大統領様 ご乱心ですか? | トップページ | 国民年金保険料 未納分 払えますよって »

2012年8月21日 (火)

中学時代の先生宅がゴミ屋敷に

ここに引っ越してきてから気になっていた事があったので、今日、自転車で確認しに行った。結果的に私の40年後の記憶は正しかったようだ。

1970年代に堺市内の中学校で数学を習った先生の自宅を確認できた。当時、無線クラブの顧問をしてもらっていたので担任では無かったが世話になった。先生の無線のコールサインは今でも言える。

中学時代に一度だけ先生の自宅を訪れた事があり、おぼろげに場所を記憶していた。そこで先生の無線機をみた事を今でも鮮明に覚えているし、その無線機の機種は今でも言える。トリオ310送受信機。

私は中学2年生でハムの免許を取り、直ぐに電信級まで進んだ。当時、かなり積極的に無線の世界に入り込んで行くと同時に英語への関心が出始めた頃だった。

その先生は今は80代と思われる。寄って声をかけようと思ったが、予期しない家の状態に驚いてしまった。表札で名前は確認できたが、その家は俗に言う「ゴミ屋敷」状態。庭木は伸び放題、庭には多数のゴミ袋。洗濯物は干しっぱなしで汚れたまま。ナンバー付の軽自動車があったが車の上にもダンボール箱が置いてあり、乗っている様子は無い。

近づくと防犯ライトが点燈したので電気はつながっているようだ。今日はショックで何も出来ずに帰った。次回は隣の人に聞いてみようと思う。心配だ。

« 韓国大統領様 ご乱心ですか? | トップページ | 国民年金保険料 未納分 払えますよって »

大阪のこと」カテゴリの記事