« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

ガス屋の攻撃

節電が日本中で叫ばれる中、ガス会社のCMに笑ってしまった。「電気を使わなくてもガスでお湯も沸かせるし、調理や食べ物の温めなおしも出来る・・・」確かに。

要するに電気温水器やIHクッキングヒーターへのあてつけにここぞとばかりに反撃に出た。電力会社の仕掛けた「オール電化」に長い間、苦しめられてきたガス会社はビジネスチャンス到来と見たようだ。

それにしても発想が軽すぎる。子供のケンカのようだ。

2012年7月30日 (月)

オリンピックのこと

イギリスでのオリンピックが始まった。入場行進の様子をTVでちょっと見たが、知らない国もあったり、数人の選手しか参加していない国もある。

先進国と途上国とでは当然、練習量や質に大きな差がある。そんな人達が統一のルールで競い合うのだから究極の公平と言うことか・・・

知らない国の無名選手がトップに躍り出て金メダルが取れるような競技が欲しいもの。あまりに商業化され過ぎてそんな分野など残されていないのが寂しい。

野球やソフトボールがオリンピックから無くなって当然。あんな複雑なルール、お金のかかる装備、長い試合時間のゲームが出来るのは限られた裕福な国だけ。

それにしても人間って練習で鍛えればあんなことが出来るんだって思わせてくれる素晴らしいチャンスだ。オリンピックは。

2012年7月29日 (日)

アメリカのバイク免許 日本での切り替え

ハーレーが走り去って行った。ふと、12年前の記憶がよみがえる。

帰国の際、ハーレーも持ち帰ったが、免許の切り替えで実技試験が必要だと告げられる。車は何の問題もなしに切り替えが出来たが、バイクは実技試験が必要とのこと。私が日本で大型バイクの免許を持っていなかったのが理由。

26548_111仕方なく試験会場までハーレーに乗って向かう。(アメリカの免許で一定期間は日本で乗れる) 日本の大型バイクの試験は厳しいのは知っていた。一般の飛び込み受験の人達と一緒に試験を受けるが、私の場合は少し簡単な内容になっていた。それでも不合格が続くからカッコ悪い。試験に落ちてからハーレーにまたがって帰る姿は異様。

友達が教習場でバイクの教官をしていたのでそこで1日指導を受けることにした。そこへもハーレーに乗って行く。他の教官たちが「あの人、何しに来てるの?」と、友達に聞くのは仕方が無い。

6回目で試験にやっと合格。何度も続けて通うと、試験官に顔が覚えられる。私にはS字カーブが一番の難所だった。試験官の言葉は「あなたの年齢なら無茶な運転はせんやろうからおまけで合格」

2012年7月28日 (土)

ICレコーダー \200スタート

オークションに出品すると何人が見たのか、何人がウォッチリストに入れたのかが気になる。当然、入札してくれるのが一番だが、そう簡単には入札してくれない。

Img_1230競りあがっていく様子を体験したいと思い、使っていない東芝のICレコーダー(録音機)を思い切った安値の200円(送料無料)で出品した。

すると反応はかなりいい。次のような結果で落札された。

●ページを見た人の総数:263
●ウォッチリスト登録:17
●入札回数:110
●スタート価格:200円
●落札価格:731円

やはり商品力と価格が重要と言うことだ。

2012年7月27日 (金)

レアー アメリカ1ドル紙幣

Img_1405_2 

私の手元に巡って来た1ドル紙幣に手書きの文章が書かれている。内容は「この紙幣を受け取った人で同じ文章を10枚の紙幣に書けばお金に恵まれるでしょう。」

どうやら「幸福の紙幣」と言うわけだ。全く同じ文章が書かれた異なる1ドル紙幣を2枚持つ私は凄いこと?その後、1枚も文章を書かなかったからビンボーになったのだろうか。

この紙幣を今、オークションに出品中。果たして入札者は現れるのか?

2012年7月26日 (木)

木のフレームにニスを塗る

Img_1140Img_1176100円ショップで買ったA4サイズの木製フレームは写真写りが良くない。白すぎて色がとんでしまうのだ。それに西部開拓時代のWATEDポスターやメキシコ樹皮絵を入れるには少し軽すぎる。

自宅にニスの使い残しがあったので試しに塗ってみると木目が現れてしぶくなった。この方が随分とイメージもいい。

WANTEDのポスターを入れて比較するとこんな感じ。価格も980円から下げて400円スタート(送料無料)にした。この価格ならお買い得と思うが市場の反応は良くない。商品自体に関心が無いのだろうか?

出品するジャンルを替えて出す手もある。メール便で送れる商品が売れてくれると助かるのだが・・・

2012年7月25日 (水)

半額のピザ

Img_1170近くのスーパーは深夜12時を過ぎるとその日に焼いたパン類が半額になる。私の目当てはピザ。大手ピザチェーンのようなレベルは期待できないが結構、美味しいから好きだ。

今日、買ったのはミックスピザで\399。チーズの量が物足りないけど文句は言えない。こんな時のためにふりかけ用のチーズは買ってある。

ハバネロをかけていただく。ハラペーニョをトッピングしてもいいだろう。

2012年7月24日 (火)

ちょうちん 入金&発送

やきとりのちょうちん代金\700が入金されたので今日、発送した。支払い連絡が無いので不安にさせられた。まめな連絡が苦手な人なのだろうがこんな態度はいただけない。

太平洋を往復したちょうちんは宇都宮市に向かった。そこの焼き鳥屋で使われるのだろうか?

今頃、思いついたのだが、商品タイトルを「太平洋を往復した恋する やきとり・ちょうちん」とかにすればよかった。

押入れのグッズが1つ現金になったので嬉しいこと。出品が出来るようになり、今は練習のつもりでどんどん出品しているが市場の反応はなかなか厳しいぞ。自分の思惑通りには入札してくれない。

スタート価格を下げて魅力ある低価格にしないと入札する人は増えないようだ。目玉商品を出して価格が吊り上がって行く様子を見てみよう。

2012年7月23日 (月)

情けは人のためならず

私はこのことわざの意味を長い間、誤った理解をしていた。

「情けをかけたら、その人のためにならないからアカン」と思っていたのだ。でも、それは間違いで正しくは;

情けは人の為ならずとは「人に情けをかけるのは、その人のためになるばかりでなく、やがてはめぐりめぐって自分に返ってくる。人には親切にせよ」という教え。

ところがこんな調査結果がある。
文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味である「人に情けをかけておくと、巡り巡って結局は自分のためになる」で使う人が
45.8パーセント。

間違った意味「人に情けをかけて助けてやることは、結局はその人のためにならない」で使う人が45.7パーセントという結果が出ている。

分かりにくい日本語表現が誤解を生んでいるのだ。「一姫二太郎」も間違って理解している人が結構いる。

2012年7月22日 (日)

マウスは消耗品

このところパソコンの調子がおかしいので沈んでいた。メモリー増設に問題があったのかと後悔し始める。買い換える余裕は無いし、オークションへの出品を始めたから今、使えなくなると困る。

誤動作はネットでホームページを見ていて、1つ前の画面に戻るとき、左上の←をクリックするが、2つ前の画面に戻ってしまうから困る。

又、デジカメから取り込んだ画像処理を行っている時も1度のクリックで2つ先まで進んでしまうからイライラする。マウスの速さに問題があるのか?と思い、速度を変えてもダメ。

もしかして・・・と思い、別のマウスが1つ有ったので交換するとそれらの症状はピタッと止まった。何だよ、単に光学式のマウスが壊れていただけ。PC技術のPOORさを痛感した瞬間。

そう言えば「マウスは消耗品」だと読んだことがある。

2012年7月21日 (土)

初めての落札 「ちょうちん」

Img_1114_2「やきとり」のちょうちんが落札された。20年近く前に難波近くの道具屋筋で買ってアメリカに持って行き、室内で飾ったりしていたもの。

押入れの中から出て来たのでオークションに出品。これは業務用で確か2,000円前後したと思う。それを700円(送料込)で出品し、同額で落札された。入札者は1人だったので価格が吊り上がる事は無かったのが残念。

早速、落札者にメールで連絡したのだが、返事が来ない。2日後にやっと返事が来たが、自分の名前、住所と電話番号のみ書かれている。肝心な支払い方法やその予定に関する事は何も書かれていない。

「変な人」と思いながら、2回目のメールで支払い方法を聞く。2日経つが返事が来ない。最初からおかしな人に落札されたものだ。その人の評価を見ると120とあるのでかなりオークションの経験はある人のようだ。

あと2,3日待って返事が来なければキャンセルして再出品しよう。世の中には色んな人がいる。これも勉強だと思うしかない。

2012年7月20日 (金)

大阪市 次は不倫調査実施へ

橋下大阪市長の不倫報道を受けて大阪市職員を対象に「不倫調査」を実施しようと言う動きが出ている。

この運動を推し進めているグループは「入れ墨調査」で屈辱を味わった職員たち。彼らはここぞとばかりに結集し、逆襲に出た。

不倫調査は自己申告制では無く、周囲に不倫をしていると思われる人を内部告発する方式を取るらしい。匿名でもOKだが、記名してその事実が確認された際には特別手当が出る。手当の財源となるスポンサー会社が生産しているモノが「フーリン」と言うから面白い。

(これはフィクションです。)

2012年7月19日 (木)

セミが鳴き始めた

最近、30℃を超える蒸し暑い日が続いている。私の部屋は2階なので1階から階段を上ると、その温度差にうんざりする。

50m程先にある大木には毎年、セミが押し寄せて夏場は楽器になる。今年も2、3日前からうなり始めた。うるさいの一言。心地よいメロディーを奏でることは出来ないのか。

昼間はクマセミが主役。空には入道雲。夏の定番たちとの付き合いがしばらくは続きそう。

まだクーラーは使っていない。扇風機でガマン。アリゾナ、メキシコの砂漠地帯にいた頃を思えば、この程度の暑さなんてしれたもの。40℃超えが連日なのだから。

暑くなるとメキシコの「オチャータ」を飲みたくなる。

2012年7月18日 (水)

とうもろこしのヒゲ茶

R003363300031健康食品売り場で面白い商品名に目が止まった。名前はズバリ「とうもろこしのヒゲ茶」韓国で良く飲まれているらしい。とうもろこしのヒゲが原料とはちょっと意外でビックリ。最初にヒゲ部分の栄養分析をした人は凄いぞ。

とうもろこしのひヒゲにはカリウムが豊富に含まれ、利尿作用により、体内にたまった水分代謝の促進や血圧を正常に保つ働き、心臓系統の健康維持にも効果があるらしい。

膀胱や尿道の炎症による頻尿や排尿困難の症状を緩和。腎臓結石では結石の形成を抑え、結石による症状を緩和すると言われ、特に腎臓に有効と言われている・・・

韓国って時々、面白い商品を作る。カタツムリクリームもそうだ。あの粘膜に注目して化粧品を作るとは!

2012年7月17日 (火)

プロポーズ & 離婚

ヤフーで紹介されたYouTube動画が面白かったので紹介します。見逃した方はどうぞ。

プロポーズ編 YouTube
彼女には内緒で友達や知人たちが展開。これは感動もの。

離婚編 YouTube
彼には内緒で展開される離婚版のパロディー。

同じ曲が替え歌になっているところもユニーク。

2012年7月16日 (月)

プチ~が流行中

私も「プチ~」と言う表現は何度かブログ内で使ってきた。TVで聞いて、何となく響きが軽いし気に入っているのだろう。若者言葉のマネだ。フランス語の小さいを意味する Petitが元と知った。

若い女性たちの間で「プチ贅沢、プチ旅行、プチ整形」のようにちょっとしたイベントの時に良く使われているとTVキャスターが言っていた。流行語のようだ。

「プチ=ちょっと」と同じ意味なのだが「プチ」の方が可愛いいので、ついしたくなると言うのだ。その気持ち、分かるような気がする。

私のようなオッサンが「プチ痛い」、「プチ元気」とか人前で言ったら相手はどんな反応をするだろう。

2012年7月15日 (日)

中国産キムチ 1kg \248

Img_0934業務スーパーで売っている中国産のキムチは安い。1kgで 248円は他の約半額。我が家ではキムチ鍋用に使っている。

中国産なので中に何が入っているかかなり疑わしいが、唐辛子とにんにくで体に悪い成分は消毒されているいると信じて購入している。

出来れば業務スーパーでの買い物は卒業したいのだが近くにあるので、つい通ってしまう。ウソ。本当はビンボーだから・・・業務スーパーに助けられてる。

2012年7月14日 (土)

ピンピンコロリ

最近、高齢者の間でささやかれているのは「ピンピン・コロリ」らしい。それを「PPK」と略す。

Omanjyu1「元気で周囲に面倒をかけずに毎日を過ごし、ある日、コロリと死ぬ」のが理想と言うのだ。介護の苦労を家族や周囲にかけたくないとは誰でも願うこと。

ご利益のある地蔵もあるし、グッズも通販で買えるという便利さ。と言うか軽さ・・・まんじゅうも売っている。これを食べたらコロリと死ぬ「毒まんじゅう」?この運動は長野県が発祥らしい。

Image2我が家の前に「ピンピンコロリ賽銭箱」を設置しようか。賽銭箱の設置に許可は不要だと分かった。これは意外。ネット・オークションで賽銭箱(\5,000~)も手に入るではないか。「PPK48」で商標登録して準備に入ろう?

お供え物を入れる冷蔵庫も賽銭箱の横に置こう。毎日、中を見るのが楽しみだ。この続きは夢の中で考えよう!

2012年7月13日 (金)

西部劇 WANTED ポスター

Img_1133_21990年代に訪問したアリゾナ州ツームストーン。「OK牧場の決闘」で有名な町。そこで買った WANTEDのポスターを100円ショップで買った木製フレームに入れてオークションに\980(送料込)で出品。

このポスターはわざと古く見えるような紙に印刷してあり、中々良く出来ている。私のお気に入りのレトロなポスター。長い間、押入れにしまってあったが、この際、手放すことにした。10枚程、出てきた。

と言うのも、アメリカに同じ商品の仕入先を見つけたので、もし売れるようであればネットで購入できると分かった。アメリカン・グッズのマニアや西部劇ファンには欲しい逸品と思われるがどうだろう。

2012年7月12日 (木)

橋下市長は雄弁でスマート

大阪にいると橋下市長の出るニュース番組を見るチャンスは多い。彼が出演すれば視聴率も取れる上に芸能人のようなギャラも発生しないのでTV局としてはエコ。

それにしても橋下市長は良く勉強している。どんな質問にもたじろぐことなく即答する姿には関心するばかり。彼のスタイルは相手をやっつけるディベート(討論)式が多いようだ。相手に逃げ場を与えながらも、自分の理論の正しさを主張していく。憎らしいほど雄弁だ。

何と言っても凄いのは直ぐに何らかのコメントが言えること。質問に口ごもっては聞き手に不安を与え、不信感につながる。彼はどんな状況下でも直ぐに言葉を発してボールを投げ返すところが凄い。

今までの政治家の言動とは明らかに異なる。発する言葉が生きているし、自分の信念で話している様子が伝わって来るから聞いていて惹きこまれる。原稿の覚え読みとは違う。

周囲のスタッフは彼の要求やペースに合わせるためにはかなりの勉強が必要だろう。でも、大きく成長するチャンスでもある。これからどんな展開になるのだろう。

2012年7月11日 (水)

蝶のマークは聴覚障害者

Img_1041私を追い越していった車に貼ってある蝶のマークの意味は何だ?自宅に帰ってネットで調べるまで知らなかった。「聴覚障害者」のマークだと54才になって初めて知った。

私には蝶と聴覚の関係がピンと来ないのだが・・・見て直ぐ分かるようなマークでないと意味がないと思う。

この運転手は75才UPで耳と体の不自由な人と言うことか。それにしては追い越し車線を走り、私を追い越して行ったぞ。

「蝶」で思い出すのは、メキシコで色んな女性に声をかけていたら「お前はマリポーサ(蝶)だ」と、女の子から言われたことがあったな~。

2012年7月10日 (火)

オークションの世界にも悪がいる

今まで数回、オークションで購入したことはあるが販売した経験は無い。購入も手数料なしで行える5,000円以下のモノのみ。

出品している人は個人から実店舗を構えるプロまで様々な人がいて、中には素人を装ったプロの出品者もいるとのこと。

おかしいと思えるのは1円スタートのモノ。もし、他人に数円で商品を落札されては出品者は損をするに決まっている。そこには必ず仕掛けがある。別のIDを使って自動入札して希望最低価格まで価格を吊り上げる仕組みになっているらしい。

あるいは数円で落札しても喜ぶのはまだ早い。送料が高く設定されている。こんな詐欺まがいのことが許されていいのか。その他、騙しの手口は複数あるようで、オークション界はまだ発展途上。

色々と不安はあるが一度、出品して体験してみよう。買う側の心理を良く考えて、安心して入札、購入してもらえるように心がけよう。今日、何とかエルビスの切手とアマテ絵を出品できた。入札者が現れるか楽しみ。

2012年7月 9日 (月)

ハラペーニョ缶購入

Img_1028直ぐ近くの業務スーパーでハラペーニョの缶詰(メキシコ産 \78)を見つけたので懐かしく思い購入。以前は売っていなかったので最近、棚に置いた様子。ハラペーニョがこんな身近な所まで来るとは意外。

5年程、食べていないので久し振りだが、一口目であの衝撃的な辛さが伝わる。体の細胞たちも久し振りの刺激にあわて気味。汗腺開放担当は急いで仕事に取り掛かる。その直後に鼻の頭と目の下から汗が吹き出す。

ハラペーニョを買った人はどのようにして食べているのだろう。何か裏技を持っている人がいるかもしれない。使用法を知りたいもの。

2012年7月 8日 (日)

アマテ絵 販売戦略

ヤフー・オークションへの登録準備中。樹皮絵のアマテの写真撮影をしたり、商品説明文を考えたりしている。日本人には馴染みの無い商品なので、とにかく敷居を低くしてアマテ絵を買いやすくしたい。そこで以下のような戦略で臨みたいと思う。

■ヤマト・メール便(\80)で送れるサイズ(A4以内)でスタート
■販売価格は衝動買いが可能と思われる \1,000(送料込)
■「フレームは100円ショップで購入してください」とアドバイス

Img_1039100円ショップに行くと丁度いいフレーム(A4サイズ)が有ったので試しに購入。アマテを入れると確かに見栄えは良くなる。このことを落札者に教えてあげる。

メール便対応の厚紙でできた封筒も売っているではないか。100円ショップ様様だ。

2012年7月 7日 (土)

モルモン教とアメリカ大統領

2012年11月はアメリカ大統領選挙。共和党の大統領候補にモルモン教徒が選ばれるとは意外だ。ロムニー氏は予備選挙の途中で消え去るとばかり思っていた。

24511271893895bq3v1一般的なアメリカ人はモルモン教徒を異端視しているにも関わらず、ロムニー氏を代表に選んだ理由は何なのだろう。やはりアメリカ経済の建て直しを実績ある人物に期待するのだろうか。そのためには目をつぶる点もあるのかも。オバマ大統領に経済の建て直しを推し進める豪腕なイメージは無い。

初の黒人大統領に続き、次はモルモン教の大統領誕生。その次はヒラリー・クリントンが初の女性大統領の座に着く・・・結構、当たるような気がする。

サンディエゴにモルモン教の凄い教会がある。フリーウェイから見えるが、それは立派な建物。宗教の力を高らかに見せ付けている。今年の大統領選挙へのモルモン教徒の期待は大きいに違いない。

2012年7月 6日 (金)

迷惑な1人乗り電気自動車

03_s1「勘弁してよ」って言いたい。1人乗りの小型電気自動車「コムス」をトヨタが発売するようだ。これが公道を走ると言うのだからたまらない。時速60キロ出るとあるが、こんな中途半端な車が公道を走っては渋滞を引き起こし、邪魔者扱いされるのは確実。

エコなら何でも許されると言うのか。人身事故多発でトヨタは新たな課題を抱えることになるだろう。

サンディエゴ沖にあるサンタ・カタリナ島(恋の島)にならコムスの市場はある。そこでは電気自動車しか走れないのだから・・・

2012年7月 5日 (木)

プレスリー切手 フレーム入り

1993年にアメリカで買ったエルビス・プレスリーの記念切手を30シート持っている。(40枚/シートX30=1,200枚) 残念なことに長年、押入れに入れたままだったので湿気で切手が台紙に貼りついてしまった。

湿度のある雨の日にゆっくりと剥がそうと挑戦。一度、貼りついた切手はそう簡単には剥がれないが、ゆっくり時間をかけて剥がすと何とか剥がれた。でも、中には切手の裏面の紙が剥がれたモノが出てきた。

Img_1029これでは切手の値打ちは無くなる。何とかオークションで売る方法はないかと思案。そこで4枚セットに切り離して100円ショップで見つけたフレームに入れてオークションに出すことにした。

「切手の裏面に傷あり」と、正直に明記して販売。500円(送料込)スタートでどうだろう?

2012年7月 4日 (水)

メキシコ・シナロア州 麻薬組織

メキシコの話題が毎日新聞の一面に載っていた。珍しいこと。その記事に目をやると「麻薬組織掃討作戦」とある。メキシコで麻薬と言うと「シナロア州」。分かりやすく言えば、メキシコ西海岸のマンゴーの産地で日本にも大量に輸出されている。

麻薬組織の拠点があることは知っているし、首都のクリヤカンは危険だとメキシコ人から聞いていた。5,6年前、私が「シナロア州に仕事で行く」と、言ったら彼は驚いて「あんな危険な所に俺は絶対に行かない。」と言い放ったことを思い出す。

新聞を読むと身震いするようなことが書かれている。殺人事件は日常茶飯事。警察、政治家や行政内部に麻薬組織に買収された連中が大勢いて映画さながらの様相。

麻薬組織カルテルは大麻を栽培する山村地区にインフラを整備し、学校、病院まで作り、住民サービスが行われているとある。メキシコ政府が行わない事をして住民を束ねている。もし、組織に逆らったら命が狙われる。何と殺人の請負料は2万円~34,000円だと言うから怖い。

麻薬の最大消費地はアメリカ。需要があるから売買が成立する。アメリカとメキシコは互いにののしりあっている点もあるが、根絶への道は険しいようだ。

組織トップのホアキン・グスマンには500万ドルの賞金がかけられている。

2012年7月 3日 (火)

モンド・セレクションの仕組みは凄い!

先日、モンド・セレクションをコケにしたが、別の見方をすれば実に良くできたビジネス・スタイルだと気付く。

モンドの担当者は賞をもらうために世界中から送られて来る食べ物をタダで試食できる。食いしん坊にはたまらない話。しかもそのサンプル品にはお金まで添えられているのだから笑いが止まらない。

世界のグルメをタダで食べて、お金まで手に入るようなビジネスを最初に考えたヤツは凄い。ミソは「賞」を与えてブランド化したこと。「よいしょ」すれば相手が喜ぶことを理解した上での作戦だ。

ブランド好き、海外モノ好きな日本人がその甘い罠に見事にはまったと言うことか。賞を申請する代行業者まであるではないか。インチキもここまで来ると市民権を得たと言うことなのか。

2012年7月 2日 (月)

ジャック・ダニエル ハイボールを飲む

1106411高くて買えないテネシー・ウイスキー(700ml \2,180)の「ジャック・ダニエル」がハイボールになり、缶入りで売っていたので1本、購入(\188)。冷やして飲むと懐かしい味がした。ウイスキーの度合いも私にちょうどいい感じ。

夏場はどうしてもソーダ類が欲しくなるので、ソーダ水を買って焼酎をソーダ割りで飲むようになった。

グラスの氷の音を聞くと夏を実感する。節電の厳しい夏が間近。そろそろ扇風機を出そう。

2012年7月 1日 (日)

アマテ絵到着

Img_0972
注文していたアマテ絵がメキシコから無事に届いた。レジスター・メールで発送後、10日で到着したので満足。

メキシコ側の販売者は30代のドイツ人青年で、彼のまじめな性格が感じられる梱包方法だった。開けると樹皮と絵の具の香りが漂ってくる。絵柄は生活風景を中心に購入。原色の中に活き活きとした動きが表現されており、見ていて元気が出てくる絵。

今回は初回なので試験的に25枚購入。
大: 59cm x 39cm   10枚
中: 39cm x 29cm     5枚
小: 19cm x 14cm   10枚

これらをオークションで販売する予定だが、買い手は現れるだろうか。何しろ日本では認知度が低い樹皮絵なので、絵の価値をどう伝えるかが課題。何らかの工夫や仕組みが必要と思われる。

額に入れたら見栄えも良く、値打ちもアップするけど額代や発送費がかかるのでアマテ絵だけで販売予定。

絵を描く前の「アマテ樹皮」も画材として扱いたい。初回の注文を出した後に思いついたが、日本に市場があるか調査してみよう。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »