« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

フィット中古ボンネットも塗装劣化

私の赤色フィットのボンネットの塗装は色あせて見苦しい。そこで中古のボンネットと交換したらいくら位かかるか調べてみた。

分かった事実にビックリ。「中古品のボンネットはあるけど塗装が劣化していて、そのままでは使えない」との事。つまり、赤色フィットの殆どのボンネットは塗装が劣化していると言うことだ。何と言うざまか。これでリコールをホンダは申請しないのだから悪徳。

ボンネットの全塗装をした場合は\45,000かかるらしい。とてもそんな金額を出す気持ちはない。しばらくは見苦しいボンネットのままで乗るしかない。

2012年6月29日 (金)

TACOの偶然 「踊るリッツの夜」

プチ不思議なことが起った。世の中には不可解な事がたまにはあった方が楽しい。

00000602435000004452421つい先日、神戸まで車で行くことになり車内で聞く音楽を探すべく、押入れのカセットテープ保管箱を取り出した。その時点でTACOの「踊るリッツの夜」が聞きたいとふと思った。直ぐにそのカセットは見つかり、録音日を見ると1983年11月6日。29年近く前のもの。このカセットは10年以上、聴いていないと思う。レコードのジャケットにタコが描かれているのを不思議に思ったことを思い出す。

今日、アリゾナのドーンさんからメール情報が来た。いつもユニークな動画や情報を転送してくれる。クリックすると何と「踊るリッツの夜」を広場で踊るロシア人たちの動画だった。これにはビックリ!

数日前に車で聴いたばかりのTACOの曲に1週間もしない内に再会するなんて。TACOは一発屋のようで多くのヒット曲を持っているわけではないのでこの点でも極めて稀な一致。

もし、今晩、タコ料理が出て来たら明日、宝くじを買いに行こう。

2012年6月28日 (木)

モンド・セレクションは裸の王様

インチキな賞が日本で大きな顔をしていると言う不思議な現象が続いている。「モンド・セレクション」(ベルギー)がそうだ。いかにも権威ある立派な賞のように見せかけたインチキ商法だ。今日の新聞に1面広告を載せていたので一言、言いたくなった。

Imgb630c067xhz6j31こんな中身の無い賞に日本の有名なメーカーが騙され続けているのだから滑稽。この賞を欲しがるのは単に舶来モノと言うだけであこがれる無知な日本人のDNAが潜んでいるからだろうか。

前から胡散臭いと思っていたのでネットで検索してみると私のカンは当たっていた。食品研究者がブログで実情を公開している。

●1,100ユーロで買えるようなもの
ユーロ安、円高だからお買い得な賞?

●審査基準があいまい
日本の食品の微妙な味、色彩、形、梱包やこだわりがサンプルを提出しただけで外国人に理解できるとは思えない。

●申請数の半数は日本でその80%が入賞
日本がこの賞を支えているのが現実。ネギをしょった鴨が日本に沢山いると言うこと。お金まで持って来てくれるのだから笑いが止まらない。関係者は皆、日本に足を向けて寝ていないそうです。

●ベルギーに認められる意味が不明
そもそもベルギーが食に関してとやかく言える立場なのか?「ベルギー食」なんて聞いたこともないぞ。思い浮かぶのはワッフルとチョコレートとダイヤモンド位・・・

賞のマークを「裸の王様」に替えた方が似合っている。大阪でモンドの窓口をしていると言う人物にも会ったことがあるが、この男がまた薄っぺらくて軽い。このインチキ臭い賞にピッタリ。

2012年6月27日 (水)

メキシカン タイル 商品

Img_0969我が家では私が手作りしたダンボール製の鍋敷きがある。もう1年近く使っているので我々には慣れっこの必需品。

私の姉が久し振りにやって来て2日間を過ごして帰った。しばらくすると姉から宅急便が届き、食べ物の中に鍋敷きが入っていた。

私は直ぐに「ピン」と来た。その時は我々には何も言わなかったが、きっとダンボールの鍋敷きを使う我が家を哀れんで100円ショップで買ったものを送ってくれたのだろう。少し、おかしくなった瞬間だった。

その鍋置きに使われているタイルに目が止まった。メキシカン・タイルではないか?・・・調べると当たっていた。こんな活用方法もあるんだとプチ・ビックリ。

Titleimgtile1メキシカン・タイルのファンは日本にもいる。何と言っても色が鮮やか。こんなカラフルなタイルでキッチンやお風呂を作れば楽しくなるだろう。神戸のコンティーゴさんが輸入している。

今度、姉が来る時は破れた服を着て、テレビの録画装置が無いから不便な様子を演出する予定。

2012年6月26日 (火)

オークションで売ることからスタート

ネット通販を始めるにはステップがあるとのアドバイスをもらった。聞けばまさにその通りなので従うことにした。それはネット・オークションでモノを出品して出品方法や落札者とのやり取り、集金、発送などを学ぶのが最初とのアドバイス。全く的を得ている。

その方が経費は少なくて多くの事が学べるのも事実。その経験なしにネット通販のサービス会社を使ってネット通販を始めても売上げが出ないにも関わらず、毎月の費用が発生するのだからムダが多い。

オークションはヤフーが最も賑やかなようなので登録して手持ちの売れそうなモノを出品してみよう。探せばそこそこユニークなモノが見つかった。

Img_0970プレスリーやモンローの記念切手、アメリカ大統領選挙の応援グッズ(クリントン時代)、ツームストーンで買ったポスター、1ドルコイン、ロズウェルで買ったUFOステッカー・・・
当然、手持ちの樹皮絵のアマテも出品して反応を見てみよう。

アマテ絵を紹介するホームページも作成する準備に入る。まずは情報収集と原稿書きが必要。オークションから見込み客を誘導するようにしたい。

2012年6月25日 (月)

50肩の痛み 8ケ月経った今も

右肩に痛みを感じ始めて8ケ月が経過するが、いまだに少し痛みがある。最も痛かった頃に比べると9割は治った感じ。最悪の頃は夜の寝返りで激痛が走り、何度も目が覚めたり、シャツの着替えにも苦痛を伴った。

50肩がこんなにもヒドイとは知らなかった。直ぐに治るだろうと過信していたのは誤りだった。50肩を経験せずに過ごす人もいるようだがそんな人は幸せ者。私は男性の更年期障害を経験しているようだ。

体内には「自己治癒力」と言う、どんな医療機関よりも優れたドクターと治療ノウハウがあると信じているが、それらも徐々に機能低下しているのかもしれない。

言い訳になるが、50肩のせいで右手が頭まで上がらなかったので、育毛活動は止めてしまった。5ケ月目まで成果が出ていたのに・・・もったいない毛がする。

2012年6月24日 (日)

心斎橋筋はハロウィーン Street

1年振りに心斎橋筋を歩いた。難波から北に向かって歩き始めて直ぐに「ハロウィーンか」と思うような格好の女の子たちと次々にすれ違う。特に最近は化粧が濃くなっているし、超特大の付けまつ毛をしている子もいるので不気味に近い。

地方から観光で来て思いっきり化粧とファッションを決めて「心ブラ」(心斎橋をブラブラ)を楽しんでいる子たちもいるのだろう。ナンパ橋の上はグリコをバックに写真を撮る人が絶えない。

次に気付いたのが中国語で話しながら歩く観光客。今回、発見したのは商店街の中に外国人観光客の手荷物を預かる保管所が出来ていること。観光客の数と購入品が多いことを物語っている。

ふと、ショーウインドーにうつる自分のダサい格好を見て、場違いな所にいる自分に気付いて早々に撤退した。

2012年6月23日 (土)

ブルボンのグミ菓子は詐欺

Img_0967ブルボンの新製品「Fettuccine」(フェットチーニ・グミ)が美味しそうだったので3種類購入。1ケ88円。袋のデザインに高級感があり美味しそうに見えた。

少し期待していたが一口目で裏切られた。食べた瞬間、不自然な味が伝わり、人工化合物を食べていると分かる。

味はすっぱさが一番強く、続いて人工的な果実の甘さがくる。原材料名の欄には砂糖が最初に書いてある。販売価格88円ではそうなるのだろう。キレイな袋に誘われて衝動買いしたのが間違いだった。

砂糖が一番多く使われているのなら「砂糖菓子」と表に表記するような規制が欲しい。この商品は詐欺だ!

価格が安いので主に子供たちが買って食べると思う。原料欄には添加物のオンパレード。こんな商品を小さい頃から食べていたら健康になるはずがない。ブルボンの開発者たちは自分の子供にこのグミ菓子を食べさせるだろうか?

2012年6月22日 (金)

マンゴーの種 比較

Img_0959メキシコ産宮崎産マンゴーを食べたが宮崎産マンゴーの方が美味しかった。それぞれの果肉の色が異なるので品種が異なるマンゴーのようだ。

一番の違いはメキシコ産は繊維質だったこと。外観はアップルマンゴーで宮崎産と同じように見えるが、中の種を比較するとかなりその形は異なる。

左がメキシコ産で右が宮崎産。ネットで調べてみると以下の品種と思われる。

【メキシコ産】 ヘイデン種
果肉は黄色で少し繊維質。
種が大きいので食べる箇所が少ない?

【宮崎産】 アーウィン種
果肉はオレンジ色。繊維は少ない。

2012年6月21日 (木)

同じユニクロのポロシャツに出会う

私の持っているユニクロの安いポロシャツと全く同じものを来たヤツを見かけた。私のシャツは4,5年前に買ったもので色あせて、かなりくたびれている。今日、見かけたヤツのも殆ど同じような状態。他人が着ているのを見るとこんなヨレヨレなんだと、ガックリするほどダサい。

もう外に出る時に着て行きたくなくなった。捨てるにはもったいないから家の中だけで着るようにしよう。これで限りあるポロシャツが1枚、減った。

ユニクロのような量販店で服を買えば当然、こんな事が起きても仕方ないが絶対に同じ服同士で出会いたくない。

2012年6月20日 (水)

高いハチミツは本物?

Img_0925生産者市場で瓶詰めのハチミツを買った。300g で\1,200。こんな高いハチミツを買ったのは初めて。生産者の顔が見える地産地消タイプの商品。高いと思ったが、ハチミツは体にいいので頑張って購入。舐めてみると素朴なハチミツの味がする。はたしてこれは本物なのか?

ハチミツには3通りあることを知った。

1. 加糖はちみつ
甘みの少ない粗悪ハチミツにとうもろこしやさつま芋などのでんぷんで作った「異性化糖」を加えて甘みを足したモノ。

2. 精製はちみつ
長期保存ができるようにタンパク質やビタミン・ミネラルなどの「ハチミツ成分」を加熱処理して除去したモノ(栄養も風味もなくなる)

3, ハチミツ
混ぜ物なしの純粋なハチミツ。

90%のハチミツは中国からの粗悪な輸入品。だからハチミツは殆どニセモノと思った方が正しい。それを許可している日本にも責任があり、そんな商品に「ハチミツ」って付けるのが間違っている。政府は食品業界のいいなりなのだ。

日本の養蜂場ではハチのえさに砂糖水を与えている。花が少ないから苦肉の策ってわけだ。つまり私の買ったハチミツもその類だろう。花から集めたハチミツ+砂糖水。

やっぱりハチミツ業界はインチキだ。私の買ったハチミツもわざと値段を高く設定して本物に思わせる作戦かも・・・

もしかしたら私は本物のハチミツの味を知らないのかもしれない。

ハチのムサシは死んだのさ。 

2012年6月19日 (火)

野田総理の奥さん

ファースト・レディーの野田総理の奥さんがテレビ画面に出ることは殆ど無いようだ。ちょこっとテレビで見た野田総理の奥さんは小太りで近所のスーパーでも見かけるおばちゃんタイプ。お世辞にもキレイとは言えない。

でも、出しゃばりの元鳩山総理の奥さんよりもいいかもしれない。元宝塚の彼女は目立ちたがりでちょっとイヤミだった。野田夫人は昔ながらの内助の功で総理を影で支えているのだろう。

外交上の様々な国際的なイベントは夫婦同席が一般的だから緊張と苦労の連続だろう。ファースト・レディー同士の外交とか出来るのだろうかと余計な心配をしてしまう。

何だかんだ言っても女性は外見で損得あるのが現実。マスコミも見栄えが良くないとTVや雑誌に取り上げないのだから随分と扱いが露骨なものだ。もし、キレイな夫人なら日本の軽いマスコミたちは競って取り上げるに違いない。

あまりキレイでない女性もサッカーの澤選手のように明るければCMのオファーも来るし、世界は広がる。

2012年6月18日 (月)

スムーズな巨大エレベーターに感激

201004301504351大阪梅田にある阪急オフィスタワーのエレベーターに初めて乗った。まずその広さに驚く。畳6畳分くらいで定員80。5基あるので同時に400人運べる。(三菱製)

どんな動きをするのだろうと神経を集中していると全く振動なしで動き出し、停止する時も振動はゼロ。こんなスムーズなエレベーターは初めての体験。感激した!日本の最先端技術がこんな所にも使われているのだ。

外国人にこの良さは伝わらないかも知れない。連中は無事に運んでくれればOKレベルの感覚の持ち主が多いから。

日本にはこんな高いレベルの技術や製品が沢山ある。我々は普段からそんな技術に囲まれて生活している。これからの日本の生きる道はそんな高度な技術や製品にヒントがあるのだろうか。それともそんなものは無用の長物なのか・・・

2012年6月17日 (日)

ドッキリ22分てんこ盛り

ドッキリ好きにピッタリ! 
22分たっぷり笑えます。健康増進に栄養ドリンクよりもこれ!

2012年6月16日 (土)

記念切手は額面以下

新聞に「眠っている記念切手買います」との折込チラシが入ったので行って来た。北海道の会社が全国を買い付けに回っているようだ。切手、古銭、貴金属や商品券などを買い取るとある。

私が「額面以上で売れる切手だけ売りたい」と告げると相手の男性は「見返り美人くらいしか無いですよ」との返事。私の持つビードロを吹く女や写楽も10円以下と言うことか・・・アホらしくなって「それじゃ結構です」と言って直ぐに立ち去った。

Img_0968額面以下で売る位なら郵便用に使った方がまし。今後、今まで以上に大胆に記念切手を貼って郵便を出すぞ。

誰宛の郵便にビードロや写楽を貼るか・・・ん~考えてしまう・・・
普通郵便の80円分を貼ったらこんな感じになる。

2012年6月15日 (金)

Eストアー・ショップ・サーブ説明会に参加

3日前の楽天市場の説明会に次いでEストアー・ショップ・サーブの説明会に参加して来た。こちらはモール型では無い自社サイトタイプでその開設準備とサービスを有償で提供する会社。だから楽天、ヤフーやアマゾン等とは見込み客を奪い合うライバル関係にある。

それぞれにメリット・デメリットはあるが資本があり、一般商材を最安値で提供できる自信があればモール式に参加すれば結構、短期間で売上げアップが見込める可能性はあるだろう。

資本、実店舗や実績が無く、低価格での提供も無理と言うケースなら自社サイトで個性を出した差別化商品を長い目で売って行くことになると思う。私の場合は自社サイト型になるのだろう。

説明会の内容は楽天と似たり寄ったりで、この会社は数人の担当者が全国を回り、金太郎飴式の説明会を繰り返している様子。今日の担当者は埼玉県の出身とか言っていた。やはり、大阪人の求める雰囲気を作れないまま説明会が終わった。何か堅苦しいし、リラックスさせてくれないのだ。

前座で誰かが次のような事を言って参加者を高揚させる事が大切。この重要なことが双方の会社に抜けている事を彼らは知らないようだ。

■今、ここにいらっしゃる人達はネット通販で成功したいとの熱い思いを胸に秘めている方々です。そんな皆様に役立つ情報の提供と最高のサポートが出来ることをお約束いたします。

■ネット通販ビジネスはやっとインフラも整い、今から急激に成長すると見込まれています。それに参加しようと決めた皆さんの判断は正しいし、大きな成功をつかむチャンスがあります。是非、ご一緒にその第一歩を踏み出しましょう!

参加者の気持ちを高ぶらせてから説明に入る。この需要なポイントを若い彼らは知らないようだ。

プレゼンを審査、批判するために参加したわけではないが、今のようなプレゼンでは「穴のあいた網で魚をすくいに行くようなもの。」あまりに事務的すぎてプレゼンのレベルが低いと指摘したい。

楽天の殿様商売スタイルは気に入らない。その点、Eストアーにはそんなところは感じられなかった。

2012年6月14日 (木)

もし、私がオウムの高橋だったら・・・

もし私がオウム心理教の元幹部で最後の逃亡者となった高橋だったらどうするだろう。私の中の悪知恵を引き出してみた。

【前提】
*出頭しない
*支援者はゼロ
*逃亡用7つ道具は準備してあった
  
(マスク、メガネ、帽子、変装キット、サバイバルセット、住民票・・・)

●車を盗む(エンジンかけっぱなしの車など)
   交換用のナンバープレートも数枚、盗む。

●昼間は人目が多いので夜間に行動する。

●当座、泊まる場所は人目に触れずに入室できるラブホテルを転々。

●別荘地域に行き、通りから入り込んだ空家に潜伏。

●公衆電話から昔の知人に電話してウソの居所と出頭をほのめかし、捜査をかく乱。

●海岸(崖)に身に付けていたモノと遺書を残し、自殺を装う。

●準備してあった住民票で新たな他人に成りすまして生活を始める。

その場所はあなたの直ぐ近くかもしれない・・・

2012年6月13日 (水)

楽天市場の説明会に参加

楽天市場に店を開く為の説明会が楽天の大阪事務所であったので参加してきた。会場には15人ほどが来ており、平均年齢は40前後だろうか。参加者はサラリーマン、自営業、脱サラなど様々だろうがネット通販を始めようと思っている人達だ。

あの楽天だから斬新なプレゼンをするのかと思いきや、DVDを見ているような味気ないもの。時間内に予定された内容を伝えようと、紋切り型に終始していたのが残念。「やってみよう」と魅了するようなプレゼンとは程遠いレベル。もう少し人間味あるプレゼンがあるだろうに。特にここは大阪なのだから笑いの1つや2つが取れないようではダメ。多分、プレゼンした彼(30代)は大阪出身ではないね。

1時間半の概要説明が終わり、個別の説明も受けたが私を担当した人は20代の女性で物足りない。まだまだ社会経験が少ないので当然だが、我々の立場に立った説明が全く出来ていないのが致命的。マニュアル通りの説明だろうがゲームへのお誘いを受けているような軽さがある。

楽天市場のシステムは良く出来ている事は認める。ホームページの作れない人でもネット通販が行える仕組みを構築してある。実店舗を持ち、今後、プラスαの売上げを狙う会社や商店には直ぐにGOかも知れないが、脱サラや副収入を狙う人には初期費用が壁となる。

一番安いコースでも最初に1年分の費用として約30万円の先払いが必要。売上げなど直ぐに見込めないと思うのでこれは痛い。もう少し、初期負担の少ないコースが欲しいもの。かなり強気の楽天だ。

Eストアー・ショップサーブの説明会に明日、参加予定。こちらは楽天のようなモール式とは異なる。

2012年6月12日 (火)

心斎橋 通り魔殺人事件現場を通った

心斎橋で起きた昨日の通り魔殺人現場の通りを通って来た。殺人現場には花が多く供えられており、私が通りかかった時も花を供えて手を合わす人がいた。

その周辺には多くの報道人とカメラがそのシーンを撮るべく待機している。花を供えた人へのンタビューを狙っているのだ。良く観ると現場周辺は報道関係者の人数が一番多いので異様な雰囲気に包まれている。もし、この場で事件が発生したらこの連中は直ぐにカメラを回し始め、その瞬間を記録する作業を優先するのだろう。

大丸百貨店そばの何気ない通りでの無差別殺人事件だけに怖い。こんな時、目撃していても普通の人は体が凍り付いて何も出来ないのだろう。悪をやっつける映画のシーンのような事は特殊な訓練をした人でないと出来ないと思われる。

恨みを持っているわけでも無い全くの他人を何十回も包丁で刺し続けるなんて普通の精神状態では出来ない事。覚せい剤の常習者らしいが、刑務所からの釈放にも問題はないのか。

電車を最前列で待つのが怖くなってきた。後ろから誰かに押されそうで・・・

2012年6月11日 (月)

Invitation FACEBOOK ウイルスはウソ!

アメリカの知人からメールが来た。「重要なメールなので大切な友達に転送しよう。」 その内容とは;

「Invitation FACEBOOK が添付されたメールが来たら絶対に添付を開けずに削除すること。このメールはあなたのアドレスブックの中の人から来る。これまでで最悪のウイルスで、もし開けたらCドライブが燃えて修復不可能になる。CNNやマイクロソフトも警戒を呼びかけている。・・・」

燃えるとは「ミッション・インポッシブル」のようだぞ。「ほんまかいな」と思い、内容を確認すべくヤフーアメリカでチェックしてみたらそんなウイルスは存在せず、単なるウソの「チェーンメール」だと分かった。それを知らずに何年も転送が繰り返されているようだ。メールの転送は簡単に出来るからメール内容の信頼性を確認せずに転送するのだろう。迷惑な話だ。

2012年6月10日 (日)

フィリピン産マンゴー購入

Img_0961初めてフィリピン産のマンゴーを買った。ペリカンマンゴーと呼ばれているように形はぺリカンのくちばしに似ている。

小さな玉3つで\298。食べた感想は・・・甘さよりもサワー(酸味)が先にくる感じ。マンゴー共通の味はする。私はアップルマンゴーの方が好きだ。ペリカンマンゴーはこれはこれでOKと思うけど私が食べ慣れたマンゴーとは異なる。

45601482042111フィリピン、セブ島の「ドライマンゴー」は日本で有名だけど、このペリカンマンゴーが原料。その内に食べてみよう。でもこの商品には砂糖や酸化防止剤(亜硫酸塩)が使われているぞ。 できれば添加物の無い方がいい。

2012年6月 9日 (土)

樹皮に描いた アマテ絵

Img_0965メキシコから持ち帰ったお土産を久し振りにひも解いた。鮮やかな原色模様の絵柄がまぶしい。これはイチジクの仲間の木の皮を煮て、紙状にしたものに描かれた「アマテ絵」と呼ばれるもの。マヤ、アステカの時代から伝わる伝統あるもので当時は記録用に使われていた。

鮮やかな色彩と素朴な絵柄を見た瞬間、私の感性にうったえるものがあり好きになった。手作り感が十分なほど伝わってくるし、全ての絵が微妙に異なる点も気に入った。絵柄は生活風景、祭り、鳥と動物などがある。

Img_0964軽くて日本には無いモノなのでメキシコのお土産には最適。フレームに入れたら高級感が出る。

ネットで検索してみると何人かが通販で販売しているようだ。実物を知っている者にはその価値が分かるが、ネット上の情報でその良さが伝わるか・・・部屋に飾ると見事にイキイキする。

出来ればそれぞれの絵の背後にあるストーリーを知りたい。何らかのメッセージがあると思う。

2012年6月 8日 (金)

ゴボウ+玉ねぎ皮茶

Img_0943我が家では毎日、ゴボウと玉ねぎの皮をMIXしたお茶を飲んでいる。ゴボウ茶は「空腹が人を健康にする」の本の中に出てきたので自宅で作った。画像はささがきしたゴボウを天日乾燥しているところ。これで20才若返る・・・

乾燥後、フライパンでかるく煎って仕上げるのだが、飲むと少し焦げ臭い味がする。そこで以前、飲んでいた玉ねぎ皮茶を少し加えると苦味が消えて飲みやすくなったので、それ以来ずっとゴボウ+玉ねぎ皮MIX茶を飲んでいる。

既に2ケ月ほど飲んでいるので我が家の定番になったと言える。何か効果があったかは分からないが、毎日、飲む気になるので体は受け付けているようだ。ゴボウには整腸作用と老廃物を体内から排除する働きがあるらしい。

今年は麦茶の代わりにゴボウ+玉ねぎ皮茶をたっぷりと飲むことになりそうだ。

2012年6月 7日 (木)

インチキ産業たち

世の中には不要なモノや組織が確実に存在している。私が何を言っても仕方ないが、私の思うインチキたちを並べてみた。
ムダとそれに関わる人達が沢山いることが分かる。このことは人間が進化の途中にいて、さまよっていることの証明だろう。

●「マイナス・イオン」をうたう商品を作っている会社

●「波動」をうたう商品を作っている会社

●「健康食品」メーカーの90%以上

●ハチミツ業界の90%

●「足裏シート」メーカー全部

●「育毛剤」メーカーの90%以上(ちょっとだけ信じたい)

●「宗教団体」全部

●神社、仏閣の関連商品の会社

●お祭り関連商品の会社

●「モチベーションアップ」関連の主催者、出版社

●開運商品、印鑑などの会社

●祈祷師、占い師、姓名判断など

●ヤクザ

2012年6月 6日 (水)

ガンのこと

世界トップの病院と言われる「Johns Hopkins病院」が出したガンに関する情報。

●誰でもガン細胞を持っている。小さ過ぎて確認できないだけ。

●ガン細胞が数十億倍にならないと発病しない。

●人間は一生の間に平均で6~10回以上、ガンが発生している。

●免疫機能が正常なら発病しない。

●発病する要因として遺伝、栄養不足、環境、食事スタイル等がある。

●ガンの治療に化学療法があるが、正常な細胞も同時に破壊する。

●最良のガン対策はガン細胞に栄養を与えないこと。

*砂糖: 人工甘味料はダメ。自然のハチミツが良い。 
*塩: 食卓塩は漂白剤が使われているからダメ。海塩が良い
*ミルク: 体内で粘液の製造を助けるが粘液はガンの大好物。大豆ミルクが良い。
*肉食: 動物性タンパクはガン細胞の外皮膜を丈夫にし、ガンを保護することになる。
*コーヒー・紅茶・チョコレート: 良くない。緑茶が良い。
*電子レンジ: プラ容器に入れてチンやラップをかけてチンはダメ。プラスティックから有害物質が食品についてしまう。
*ペットボトル: 水を入れて冷凍庫で凍らせて飲むのも良くない。

 
   

2012年6月 5日 (火)

何になるの?究極のしらける言葉

それをして「何になるの?」って言い始めたらきりがない。例えば「ゴルフして何になるの」確かに小さな穴の中に遠くからボールを入れるために大人がやっきになっている姿は、ゴルフに関心の無い人には滑稽に見えるだろう。

「何になるの」って言えば元も子もない。私の趣味のアマチュア無線も「見知らぬ人と交信して何になるの?」と、言われたらそれまでだ。まともに答える気持ちは無くなる。

この「何になるの」との問いかけは慎重にしないと相手を傷つける言葉にもなり得る。究極のしらける言葉だ。

2012年6月 4日 (月)

黒五いわし 美味いけど・・・

Productimg061ご近所から「黒五いわし」と言う珍味をいただいた。初めて見る商品。黒ごま、黒米、黒豆、黒松の実と黒かりんの黒から始まる5つの原料の粉末にいわしが丸ごとまぶされている佃煮だ。

見た目は犬のウ○コを砂場で転がしたように見える。でも食べると美味い。酒の肴にはいいかも。ご飯にも合うようだ。

Img_0945どこの珍味だろうと裏を見ると製造者は大阪市内のメーカーなのでちょっと意外。価格は\500。これは手土産にいいかも。高島屋で売ってます。

この商品の悪いところは;
*見た目が悪い
*商品名が悪い
*甘過ぎる

2012年6月 3日 (日)

星座名を決め直しては

星を線でつないで形を作る星座。88星座あるらしい。ところが私が納得できるものは一つも無いのが本音。多くの人たちが同じ意見を持っているのではないのか。空を見上げて線でつないでもOKかなと思えるのは北斗七星くらいだ。

でも北斗七星は星座ではなく、「おおぐま座」の一部。その「おおぐま座」はどんな見方したら「おおぐま」に見えるのか。私には理解できない。

星座名は今の時代とすっかりずれてしまっている。星の名前を覚えたい気持ちはあるが、付けられた星座の名前と実際の配列に説得力が無いと興味は薄らぐ。だから私には全く親近感が無い。

星座は紀元前3000年頃に羊飼いたちが夜空を見上げて名前を付けたのが始まりらしい。その後、ギリシャに伝わりギリシャ神話とつながっていったようだ。だから、我々の価値観とはかなり異なる人達が決めた名前なので馴染みが薄いのは当然。

せっかくの美しい星たちも付けられた名前と複雑さで、多くの人達の関心を集めきれずにいるのが残念でもある。

そこで提案。新しい星座の形と名前を世界中から募集する。それをネット上の投票で星座の名前を決めるのだ。自分のアイデアが採用されたらそれは嬉しいぞ。星占いも替わる事に・・・

2012年6月 2日 (土)

えんどう豆をもらう

Img_0928車のワイパーに紙がはさんであった。駐車場のおばちゃんからのメモで「えんどう豆を取りに来てください」とある。

庭の畑で収穫したのだろう。旬の食べ物をもらうのは嬉しい。前回はアスパラガスをもらった。その時の喜び方が高く評価されたのかもしれない。

私はここの駐車場が新たに募集の看板を立てて第一号の契約者だ。だから一番止めやすい場所をゲットした。後に契約したした人達はハイブリッドやBMWに乗る人達もいるが、奥の止めにくい場所となった。(First come, First served.)

私は月\8,000の駐車場から移って来たが、高級車に乗る連中も案外、私と同じ理由かも知れないぞ。\5,000の魅力に誘われて移って来た仲間ってわけだ。いい車に乗っていても内情は結構、苦しいのかもしれない。車の後ろに自転車が置いてあると言うことは、自宅から自転車で来るほど遠方に住む人かも。

2012年6月 1日 (金)

ガジュマルのカット&挿し木

Img_0954Img_0936伸び続けるガジュマルをカットして人参のような根の部分を大きくすることにした。

カットした枝の一部を挿し木した。赤玉土とバーキュムライトを混ぜた土に期待を込めて挿す。

まめに葉っぱにはスプレーで水をかけて水分の蒸発を防ぐ。果たして根付いてくれるだろうか。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »