« 自分でまつ毛をカットする夢 | トップページ | ドッキリ・カメラ »

2012年3月24日 (土)

傘との会話

Image4大阪のJR環状線、梅田駅では多くの人が電車を降りる。乗り込んだ私は置き忘れされた傘と目が合った。横の座席には誰も座っていないので明らかに誰かの忘れもの。

電車のドアーが閉まると;

傘:「あ~あ、置いていかれてしもた」

私:「かわいそうに」

傘:「どないなるんやろ?」

私:「これは環状線やから何回もグルグル回って目が回るやろね」

傘:「え~」

私:「その後、忘れ物として暗~い倉庫に持って行かれて、そこで1年ほど待機。その後、拾得物として50円で売却される運命やな」

傘:「それはイヤやわ。おっちゃん、連れて行ってよ」

傘にまで「おっちゃん」って言われるか、と思いながら水色の女性ものの傘が我が家に来た。

« 自分でまつ毛をカットする夢 | トップページ | ドッキリ・カメラ »

大阪のこと」カテゴリの記事