« パスワードの管理 | トップページ | 似合わないって無い »

2011年11月25日 (金)

ラム肉を食べたいNZ人

ニュージーランドから大阪に来て英語を教えている男性と話す機会があった。雑談の中で「何が無くて寂しく思うか」と聞くと、彼は「美味しいラム(仔羊)が食べたい」と答えた。なるほど、人間よりも羊の数の方が多いニュージーなら食卓に羊肉が並ぶのは理解できる。その味が恋しいらしい。

羊肉は日本でも手に入るが、彼は味の点で満足できないようである。日本では一般的でないから出回っている量と品質はニュージーランドとは比較にならないだろう。日本人は1年間に1人400gしか羊肉を食べないらしいから、この数字は「食べていない」のと同じ。

私はこれまで羊の肉を食べて美味しいと思ったことは一度も無い。そのほとんどはマトン(羊肉)だったかもしれない。まず臭いが好きになれない。自分のお金を出してまで食べようとは思わない。こんな私の考えを覆すような羊肉料理ってあるのだろうか。

ラム肉の話題を取り上げた「ためしてガッテン」を発見。臭いと言う先入観も影響しているらしい。

ラム(仔羊)は1歳以下の羊と言うから、可愛そうな話だ。益々、食べる気がしなくなる。

« パスワードの管理 | トップページ | 似合わないって無い »

大阪のこと」カテゴリの記事