« ラーメン店でゴキブリと目が合う | トップページ | 鈍くなった第六感 »

2011年9月 6日 (火)

どうでもいい 「ひつまぶし」

うなぎ料理の「ひつまぶし」は名古屋の郷土料理。この名前が「暇つぶし」と1文字、順番が違うだけだから、笑ってしまう。同じ思いの人はいると思う。

Image1うなぎの「う」の字も出て来ないし、うなぎを連想させるような表現でもないから、私に言わせればミス・ネーミング。おかしな名前で損しているのでは、と余計な心配をしてしまう。

損も何も、私は食べたことがないし、わざわざ食べようとも思わない。要するにまず、うなぎめしとしてそのまま食べ、次にわさびや漬物と食べ、最後にお茶漬けで食す。ただ、それだけのこと。目新しさも斬新さもなく、それがどうしたの?って感じ。「ひつまぶし」が、今の域を出て、脚光を浴びる日は絶対に来ないね。

« ラーメン店でゴキブリと目が合う | トップページ | 鈍くなった第六感 »

My 視点」カテゴリの記事