« 海外での女相撲 | トップページ | 電車を土葬する中国 »

2011年7月25日 (月)

中国のパクリ列車がパクリ列車に追突

中国で何か国内問題が起きる度に「ざまあみろ」と、思うのはなぜだろう。良識ある大人として私は失格だが、本当にそう思ってしまうのが正直な気持ち。

2e1今回、列車が追突されて鉄橋から落ちて多数の死者がでたが、可愛そうより「ざまあみろ」が先だった。新幹線をパクった高速列車がカナダの列車をパクッた列車に追突したからだ。

1a1なぜ、こんないけない感情が出てくるのだろう。1度や2度の悪い中国のイメージからでは無く、悪いイメージが積もっているのだ。私に入ってくる中国の情報はマスコミからのものがほとんどだから、マスコミの影響が大きい。出来ればこんな偏見は持ちたくない。

10年のアメリカ生活でも残念ながらチャイニーズの良い印象は持っていない。マスコミからの情報はどちらかと言えば、私の印象を裏づけすることが多い。

外国の人にこんな感情を持たれるのは、国として大きなマイナス。中国は国策で世界から嫌われるような言動をしているのだから始末が悪い。

« 海外での女相撲 | トップページ | 電車を土葬する中国 »

知っ得情報」カテゴリの記事