« こんないたずらはイヤだ | トップページ | 変なあいさつ その1 山びこあいさつ »

2011年5月 5日 (木)

牛・鶏・豚の生食用の肉は市場に無い!

「現在、牛・鶏・豚の生食用食肉は流通していません。生食用食肉として提供できるのは馬の肉・レバーのみです。」と、寝ぼけたことを政府は言い出した。焼肉店に行ったことはないのか?レストランのメニューを見たことはないのか?

食の世界でも日本の安全神話が崩れかかっている。先進国の日本がこんなセリフを言うとはビックリ。屋根に上った後、ハシゴを外されてその後、雨が降ってきたみたいな気がする。もしかして、日本のドミノ倒し崩壊現象の始まりなのか・・・そんな小説を書きたくなる気分だ。

今まで食べてきたユッケや牛、鶏などの刺身やタタキは民間企業や食べる人の個人のリスクで食べてきたことになる。何とも恐ろしい話だ。

これからユッケ、刺身、タタキなどのナマの残るメニューには「加熱用の肉で調理されています。ご希望の方は事前に当店用意の承諾書にサインの上、お召し上がりください。食中毒保険への加入も必要となります。食後に健康上の問題が発生しても当店は一切の責任は負いません。」と、明記するようにしてはどうか。

日本人がグルメ、グルメと走り過ぎたことへの反省も必要な気がする。

« こんないたずらはイヤだ | トップページ | 変なあいさつ その1 山びこあいさつ »

知っ得情報」カテゴリの記事