« 普段、受けている「自然放射線」 | トップページ | 放射性物質の拡散シミュレーション&全国放射線量マップ »

2011年4月 1日 (金)

洗面所で顔を洗うアメリカのネコ

014_s1 年寄りをからかうのもたまには楽しい。ネコが手を舐めて顔を洗うシーンがテレビに流れた。私が「アメリカのネコは水に手をつけて顔を洗うよ」と、言ったら、83才の母はマジ顔で「アホなこと言うな」と、私の顔を見た。その顔には「83年、生きていて初めてそんなこと聞いた」と、言わんばかり。私は引っ込みがつかなくなって「ステファニーを日本に連れて帰ってくる前に、日本では手を舐めて顔を顔を洗うから、練習させて連れて来た」と、ウソの上塗りをしてしまった。その後、コタツで寝たふりをして話題が替わるのを待つしかなかった。

ボケ防止にこんな会話もたまには刺激があっていいと思うが、家の外でこの話はして欲しくなかった。ところが、年寄り会でこの事を母は話してしまった。暇を持て余している年寄りの間に、その話題はあっという間に広まり、孫に聞かせる者あり。その孫が保育園で友達に話す。友達の中に絵の上手な子がいて、洗面所の蛇口をひねって顔を洗うネコを書いてしまった。ネコの目はブルー。

その絵を見た母親が自分のブログでその絵を紹介したら、それが絵本作家の目に止まり、絵本出版の話に発展。その作家はストーリーを聞き出そうと大阪入りし、園児に聞き込み調査を開始。園児からおばあさんへ、そして次のおばあさんに・・・ついに私の母を突き止めたのだった。

私は仕事を辞めて、水に手をつけて顔を洗うネコの物語に今、取り組んでいる。絵本の発売は2011年夏を予定。 

そんな事より、放射性物質の行方が心配なあなたはこちら。

« 普段、受けている「自然放射線」 | トップページ | 放射性物質の拡散シミュレーション&全国放射線量マップ »

大阪のこと」カテゴリの記事