« 新婚さんいらっしゃい出演者の離婚率? | トップページ | 太い指で八百長メール »

2011年2月 6日 (日)

闘牛はホントに残酷!

新聞にスペインの国営TVが闘牛の放映を止めると出ていた。「動物虐待だと子供が思ってしまうから」と言うのが理由とのこと。それに国民の1/3が闘牛には関心が無く、反対に闘牛反対派も多数いるのも原因らしい。
Image10私もメキシコのメヒカリと言うアメリカとの国境沿いの町で、一度だけ闘牛を観たことがある。丸い形のコロシアムで満員の観客の中、大きな歓声が上がっていた。

初めて観るシーンは正直、残酷そのもの。放された牛を数人が剣で刺しながら、少しずつ弱らせて行く。写真の牛に刺さっているのがそれ。

その後、主役の「マタドール」と呼ばれる華やかに着飾った男が登場して、例の赤いマントで牛をからかいながら、最後に長い剣でトドメを刺すと言うもの。

闘牛はもはや時代錯誤で文化とは呼べない。野蛮すぎて、許されるべきでは無いと思う。本場スペインで衰退しているのだから、メキシコでも止めて欲しいもの。

« 新婚さんいらっしゃい出演者の離婚率? | トップページ | 太い指で八百長メール »

メキシコのこと」カテゴリの記事