« プリンを超えたフラン | トップページ | 写真はもっとアップで撮ろう! »

2011年1月 8日 (土)

異物混入 お詫びの品 到着

Img_055112月にトルティーヤ商品のラップスを食べたら豚肉の骨がハムの中に入っており、お客様相談室に電話し、骨を工場に送付。昨日、工場の担当者からお詫びの電話あり、今日、品物が届いた。中には名前だけを入れ替えたお決まりの文章と写真のようなソーセージと生ハムが入っていた。レターには私が使った80円の切手も添付されてあるという気の使いよう。伊藤ハムの誠意ある対応を受け入れたいと思う。

ここで終わらないのが私。私なら名前を入れ替えただけの文章は出さないね。私が購入した商品名や異物名を使い、オリジナルな文章を1、2行でもいいから入れる。会社のファンを増やす絶好のチャンスでもあるのだから、更に踏み込んだ前向きな内容にして、一気に相手を伊藤ハムのファンにしてしまう。残念ながら伊藤ハムの対応は紋切り型のサラリーマン対応でしかなかった。

もし、このお詫びの品の中に異物があったら、どうしよう。今度は工場に直接、電話だ。伊藤ハムはどんな対応をするのだろうか。

« プリンを超えたフラン | トップページ | 写真はもっとアップで撮ろう! »

知っ得情報」カテゴリの記事