« 気楽な日本のクリスマス | トップページ | 使い捨てマスクの活用法 »

2010年12月26日 (日)

異物混入発見&クレーム

トルティーヤ商品を食べたくなって、コンビニで買ったのが伊藤ハムから出ている「ラップス」\210。厚切りハムとチーズをトルティーヤで巻いてあるもの。レジでチンしてもらい、車を運転しながら試食。ボリューム感は乏しく、子供だましのようだが、チーズが高い日本ではこんなものだろう。

ほとんど食べ終えようとした時に、ハムの中に噛み切れない物が出てきた。Img_0548口から出して見ると「骨」のようだ。異物混入を発見した瞬間だった。

帰宅後、お客様相談室に電話すると年配の男性が対応に出た。私から事情を聞いたその男性の口から「お詫びの品を送る」との言葉が出た。証拠を見ずにそれは無いでしょうと思いながら、手ごたえ?を感じた。異物を郵送したいと伝えると、袋に書かれている工場の担当者○○宛てに送って欲しいと言われた。

 異物の骨を袋に入れて、外袋、レシートと文章を添えて出すことにした。文章には「長年、この商品の愛好家であるが、今回の件は非常に残念」と、少しばかり、ベーキングパウダー(膨らし粉)を入れて書いた。

「お詫びの品を送る」と聞いたので、住所と名前をしっかりと記入。伊藤ハムから確実に何らかの品が届くだろう。田村正和の宣伝する「伊藤ハムセット」だろうか?それともラップス商品のセットだろうか。年内着は無理だろうから年明けに期待したい。思いがけないお年玉となりそうだ。

 

« 気楽な日本のクリスマス | トップページ | 使い捨てマスクの活用法 »

知っ得情報」カテゴリの記事