« 最高潮でCM 喝! | トップページ | ぜんぜんOK ぜんぜん大丈夫 »

2010年10月16日 (土)

フォーチュン・クッキー進化中

Fortunecookie1アメリカの中華レストランで食事したら最後に「フォーチュンクッキー」と呼ばれるお菓子が出てくる。パリッと割ると中から紙が出てきて何やら書かれている。要するに日本のおみくじのようなもので運勢占い。このユニークなクッキーがアメリカ人は大好きなようで、中華料理の後の定番になっている。クッキーの中に紙を入れるわけだから、明らかな異物混入。そこは訴訟の国、アメリカだからちゃんと対策はとられてある。誤って紙を食べても、その紙は食べられる紙と大豆インクなので安心ってわけ。

このフォーチュンクッキーはアメリカ生まれ。1909年にサンフランシスコで日系人マコト・ハギワラ氏が自分の店で出したのが始まりで、あっという間にチャイナタウンの飲食店に広がった。

Img12_121 最近のフォーチュンクッキーはかなり進化しており、ここの会社のフォーチュンクッキーは凄い!日本でも流行りそうだ。でも、クッキー生地の味はアメリカ人には分からないようで、正直、美味しくない。日本人のノウハウでグレードアップできる余地はまだある。それにしてもあのシンプルだったフォーチュンクッキーをここまで斬新なものにするアメリカ人の発想は素晴らしい。

« 最高潮でCM 喝! | トップページ | ぜんぜんOK ぜんぜん大丈夫 »

アメリカのこと」カテゴリの記事