« 映画「バベル」のメキシコ | トップページ | ユマにある日本食レストラン »

2010年10月28日 (木)

寅さんメキシコではただの人

Image811フーテンの寅さんの映画をメキシコ人に見せたら、何てことは無い「単なる日常ではないか。どこが面白いの?」と、言われる。メキシコ人にとり、男がブラブラと、あても無くなくさまよう姿は、決して非日常ではなく、ありふれたことなのだ。寅さんのような男はメキシコには山ほどいるから、話題にも映画にもならないというわけ。日本では寅さんのような生き方は、型にはまらないとっぴな、はみ出し人生で、サラリーマンにはあこがれる部分。忘れかけた人情や男気を気付かせるメッセージもある。ところが、さすがの寅さんもメキシコではただの人のようだ。

« 映画「バベル」のメキシコ | トップページ | ユマにある日本食レストラン »

メキシコのこと」カテゴリの記事