« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

スニッカーズはロシア産

Img_0547最近、TVでもCMを見かけるようになったアメリカ・チョコバーの定番「スニッカーズ」。コンビニで見かけたので買って食べてみた。まさしくアメリカの味がする。 チョコレート、キャラメルとピーナツの絶妙なバランスを舌は覚えている。疲れた時に食べるにはピッタリの甘ーい一品。アメリカから長旅をしてきたと思いきや、ラベルを見るとロシア産とあり、プチびっくり。「北方領土返せ!」と、言いたくなる。最近のロシアは中国と一緒になって日本に対して何やら良からぬ事を考えているように思える。小手先の悪巧みは直ぐに化けの皮がはがれる時が来る。
ロシアは毎年、カニを密漁して日本に持って来るらしい。それを買う日本も悪いが、私の中でロシアは胡散臭い事になぜか似合っている国のイメージがある。大統領が北方領土を訪問し、悪いイメージをますます深めるような事を国のトップがするのだから始末が悪い。

2010年10月30日 (土)

ビスケット&グレィビー

Thumbnail7こんな朝食がアメリカ南部にある。「ビスケット&グレィビー」と言う朝食メニューの一つで私の大好きな料理。KFC(ケンタッキー)で売られているビスケットに白いトロトロソースがかかっているイメージ。グレィビーソースは肉汁から作ったとろみのあるソースで朝食にはちょっとヘビーでシチューのような感じ。最後はビスケットで皿のソースをきれいにぬぐって食べる。あ~食べたくなってきた。

2010年10月29日 (金)

ユマにある日本食レストラン

Mapimage17年間いたアリゾナ州ユマ。そこに日本食レストランが3店舗できている。90年代にオープンしたパパサンは通ったから知っている。今も頑張っているようでうれしい。

アメリカ人の好きな「ニンジャ」の名前は店名の定番だが、「あ~そ~」が店名になるとはちょっと驚き。きっと、その言葉がオーナーの印象に残っているのだろう。その内に「どうもスシ・レストラン」ができるのだろうか。

1、
Ninja Sush(ニンジャ スシ)
2、Ah-So Sushi & Steak(アーソー スシ&ステーキ)
3、Papa-San Rice Bowl(パパサン ライスボール)
       
ユマの日本食レストランは現地のアメリカ人やメキシコ人相手のビジネスだから、料理の内容は想像がつく。日本食を食べ慣れた人は少ないから入門レベルでまだまだOK。
Thumbnail1スシと言ってもカリフォルニアロールのような巻物が主流で、ボリュームは常に要求される。

それにしても日本食がこんな砂漠の町にも進出して来たとは日本食のブームはまだ続いているのだろう。

アメリカでは韓国、中国や東南アジア出身者が日本食レストランを展開しており、当然、味付けはそれぞれに進化しているのは言うまでもない。

2010年10月28日 (木)

寅さんメキシコではただの人

Image811フーテンの寅さんの映画をメキシコ人に見せたら、何てことは無い「単なる日常ではないか。どこが面白いの?」と、言われる。メキシコ人にとり、男がブラブラと、あても無くなくさまよう姿は、決して非日常ではなく、ありふれたことなのだ。寅さんのような男はメキシコには山ほどいるから、話題にも映画にもならないというわけ。日本では寅さんのような生き方は、型にはまらないとっぴな、はみ出し人生で、サラリーマンにはあこがれる部分。忘れかけた人情や男気を気付かせるメッセージもある。ところが、さすがの寅さんもメキシコではただの人のようだ。

2010年10月27日 (水)

映画「バベル」のメキシコ

Gyaoの映画で「バベル」を見て印象に残っているのはメキシコからの不法移民たちの実生活の様子。メキシコとアメリカの背景を知らないとあのシーンは分かりにくいと思う。20060201uscaborderfsp11国境警備隊との駆け引きや結婚式の様子、現地の有名な芸能人のことなど、とても懐かしく思いながら見た。母が息子の結婚式で息子に向かって「まるでルイス・ミゲールのようだ」と、ほめるシーンがある。ルイス・ミゲールとはメキシコの男性イケメン歌手で日本ならキムタクと言ったところ。

アメリカに不法入国して生活するメキシコ人は今もたくさんいる。不法入国者でも税金を払い普通の生活が行えるのだから不思議な国だ。税金徴収と移民管理は連動していないから、納税履歴から不法入国者が逮捕されることはない。でも、何かで警察沙汰になると、身分がバレて強制送還になるケースも出る。バベルでもそうだった。アメリカとメキシコの不思議な関係はもはや、切るに切れない位に複雑なもの。選挙でも彼らを意識しないと勝てない。特にカリフォルニアのように半数近くがメキシコなどのヒスパニック系なので、全ての分野で彼らは影響力を持っている。他民族、多宗教を抱えるアメリカと比べたら、日本の行政の仕事はお遊びのように思える。

2010年10月26日 (火)

カタツムリ クリーム

100519011 韓国でカタツムリクリームがヒット商品らしい。カタツムリの粘液が肌にいいとのことで、日本にも輸入されている。でんでん虫には迷惑な話。フランスではエスカルゴ料理で食べられるし、今度は化粧品にされたカタツムリ。南米チリで最初に開発されたようだ。その内に中国がナメクジを使ってパクリクリームを作りそう。

先日、TVでカタツムリが全国的に少なくなっていると報道していた。カタツムリは移動範囲が狭く、周囲がアスファルト化されたために、生活できる環境が少なくなり、死滅しているとのこと。日本から消えつつあるカタツムリからのメッセージは何なのか。

2010年10月25日 (月)

これが打ち合わせの基本!

これまで色んな打ち合わせや会議に参加してきたが、スマートなものが実に少ない。ムダな時間が多すぎる。改善すべき点は;

●事前に参加者に打ち合わせ項目と会議の所要時間を通知する
●進行役を決めて議題のみを話し合い、議題からそれたら戻す
●質問は後で受け付ける

Biz101この3点を守るだけで、中身のある打ち合わせが短時間で可能。誰が何を話し、いつ終わるのかも分からないまま、進められる打ち合わせが多いのにはあきれる。参加者はよほど暇なのかと疑ってしまう。

終わる時間の定め無しで会議に参加しては、自分の抱える他の仕事に悪影響が出るのは当たり前。ところが、こんな非効率的なことを行っている会社が多いのにはあきれてしまう。

2010年10月24日 (日)

赤信号でも左折可能

アメリカの交通ルールには日本には無い、実用的なところがいくつかある。その一つに赤信号でも安全なら右折可能と言うもの。アメリカの車は右側通行だから、交差点で赤信号の場合、一旦、停止して左側から来る車も無く、横断者を妨害しなければ右折できる。

このシステムにより、渋滞緩和になるし、目的地に少しでも早く着ける。その上、無駄な燃料も使わずにすむ。危険と判断される交差点にのみ「赤信号での右折禁止」の表示がある。

T_landscape_a011日本もこのルールを採用してはどうか。赤信号でも安全なら左折可能とする。きっと、頭の固い役人たちは「どの基準をもって安全とみるかの判断がおのおの異なり、危険だ・・・」とか言い出すに決まっている。結果的に「このルールの導入は事故を誘発するため出来ない」これが今の日本が出す答えだろう。

以前、書いたアメリカの「赤信号を青に変える装置」も実に合理的だし、アメリカでは踏み切りで一旦停止も必要ない

我々はあまりに過保護な環境で生活している。温室栽培の野菜と同じで外敵から守られてはいるがひ弱で、海外に出ると直ぐに風邪を引く国民性。いつまでもこれではいけない。

2010年10月23日 (土)

吉田栄作がやきもち

20061029_24144211999年、ロスでの出来事。私はちょっとカッコいい日本人女性と一緒だった。彼女は長い髪にセンスのいい黒の服を着ていた。ガールフレンドではないが、周囲にはそう思って欲しいと願う自分がいた。男たちの視線をあびる彼女と歩くときは至福の時間。

バーに入り、カウンターに座った。場所はサンタモニカ。しばらく後、彼女が私のひじを小突いて小声で「吉田栄作がいる」と耳元でささやいた。彼女の右側、カウンターの向こうに一人で座る男性に見覚えがある。17_virgo21

カクテルを注文して2人で飲みながらナッツを口に掘り込む。男としてちょっと自慢できる瞬間。しかも俳優に対して。

今、思えば彼女が私に耳打ちするシーンは彼女の右側に座る吉田栄作には、私の頬にキスしたように見えたかもしれない。きっとそうに違いない。今になって吉田栄作にやきもちを焼かせてしまったのではと勝手に思うのだった。

 


 

2010年10月22日 (金)

グーグル クロームは速い!

食わず嫌いでグーグルには縁が無かった。数日前まではグーグルと言えば、グーグルアースで遊んだり、グーグルMAPを使う程度だった。Gメールのアドレス取得をきっかけにグーグルとの距離が一気に縮まった。数日前、新聞の1面を使ったグーグル広告の影響もある。広告に12204394861ブラウザーグーグルクロームにしたらホームページが速く見れる」と書いてあった。「速い」に魅力を感じたが、大して変わらないのではと疑いつつも、あの革新的な会社グーグルがここまで言うのだから一度、試してみようと、PC知識には大いに不安のある私だが挑戦してみた。ブラウザーとやらをダウンロードし、悪戦苦闘の結果、今まで使っていたエクスプローラーからグーグルクロームにブラウザーが代わった。実際にホームページを開けてみると、うたい文句通りに画面が早く表れる。直ぐに違いを実感できて、かなり興奮。グーグルの広告は誇大広告ではなかったことを実感。今まで知らなかったことが悔やまれる。本当に速い。

今まではヤフー画面をインターネットの最初の画面に設定していた。10年以上、同じ画面に飽きてもいた。グーグルは何と、画面をオリジナルに構成することが出来る。自分がみたい項目を選んで、最初の画面を作ることができるからうれしい。まだまだ奥があるのだろう。急にヤフーが古臭く、時代遅れに感じてきたから不思議。私のような人がどんどん増えるに違いない。どうするヤフー?と、思いきやこの2社が合併する?そんなことが許されるのか。共に巨大な情報会社だけに、危機感を感じてしまう。

2010年10月21日 (木)

笑いをこらえる女性

51大阪地下鉄内での出来事。私の隣に乗り込んできた30代くらいの男性が大事そうにかかえる物に周囲の視線が集まった。

なんとその男性は定食を片手で抱えて電車に乗り込んでいた。上にふきんも何もかぶせていない。まさか電車で出前しているわけではないだろう。匂いはしてこなかったので食品模型と思われる。写真撮影に向かう途中なのか、顧客に届けるのか知らないが、ちょっと変わった光景。

すると私の隣で一生懸命、笑いをこらえる女性がいる。笑っては失礼と感じているのだろう。次の瞬間、私と目が合い、彼女は思いっきり目で笑っている。それに私も軽くうなずいて応える。電車ではお目にかかれない不釣合いなシーンだから、笑いたくなる。

次の駅でその男性は電車を降りて歩いて行ったが、彼の運ぶ定食を多くの目が追っていた。

2010年10月20日 (水)

重力と育毛 新理論でイグノーベル賞

私の髪の毛が薄いのは必要な栄養分が重力に負けて頭のてっぺんまで届いていないからではないだろうか。こんな考えがふと頭をよぎった。Illust506_thumb1 この発想はニュートンがりんごが木から落ちるのを見て、万有引力の法則を発見したような、大発見ではないだろうか。心臓がポンプ役で血液と共に栄養成分を血管を使って体中の細胞に届けるのだろうが、一部の人は重力に負けて栄養分が頭のてっぺんまで十分に届いていないから毛が生えない。

逆立ちすれば解決しそうだが、これでは頭に血が上って死んでしまう。それなら横になればいいではないか。それではダメなのだ。横になった時点で細胞は休憩体制に入り、仕事量が一気に減る。立ったままでないといけないのだ。

T_appliance_a081 私が考えついた解決策は立ったまま、掃除機を頭のてっぺんに当てて吸い込む。この方法で栄養成分を頭のてっぺんに導く。ただし、髪の毛が掃除機に吸い込まれて更に薄くなる危険性もある。これで成果が出れば来年のイグノーベル賞が狙える。

2010年10月19日 (火)

売る時を考えて買い物するな

売る時に白色は無難で値崩れしないからと言って、本当に欲しい色をあきらめて、白の車を買うようなことはしないで欲しい。

これは若い世代に言いたい。自分の欲しい色が赤色なら赤色に乗ろう。若い時期に売る時のことを考えて、妥協するような生き方は面白くないし、年寄り臭いではないか。

わがままを通せる時期はそんなに長くない。直ぐに妥協と背中合わせの人生がやって来るのだから、若いときくらいは自我をアピールして欲しい。電車の中での若者の会話を聞いて、こんなことを言いたくなった。

私は20代のとき、世間への反発と自我のアピールのために白のワーゲンをピンクに塗り替えた。今では強烈な思い出として鮮明に残っている。

たとえ単に外側を変えるだけでも徐々に中身も伴っていくもの。外と中身を同時にGETすることは出来ない.。世の中、うまく出来ている。

2010年10月18日 (月)

白々しい さくら・やらせの拍手・笑い

テレビショッピングの「さくら」が一番、白々しい。不自然に大きな驚きの声をあげたり、感激の言葉を発する連中は前列に座る、金で雇われたさくらたち。分からないように、もっと自然にやれよって言いたい。放送倫理・番組向上機構は何とも思わないのか。ゲストを迎えたトーク番組も同じようなやらせ達が前列にいるのが直ぐに分かる。異常に大きな拍手とか、感嘆の声。シラケルのが番組制作者には分からないのか。何ともセンスの無いプロデューサーたちだ。そこまで誇大にしないと売れない商品や、笑いまで強制するような番組など必要ない。

016c2544s1さくらの語源は江戸時代の芝居小屋で役者に声をかける見物人役が「派手に景気よく声をかけて、さっと消える」ことから、桜の性質になぞらえ「さくら」と呼ぶようになった。今のさくらはさっと消えないではないか。これでは花の落ちない安物の造花と同じ。 

中国には芸能人を応援するこんなやらせをプロダクションが用意しているらしい。応援する難易度の高さでギャラが違う。もしかしたら、マスコミで見る反日運動も金で雇われたやらせなかも知れないぞ。中国ならやりそうに思える。

2010年10月17日 (日)

ぜんぜんOK ぜんぜん大丈夫

いつから「ぜんぜん○○」が肯定文にも使われ始めたのだろう。20年ほど前までは確か、ぜんぜん○○は否定文にしか使っていなかったはずだし、私は学校でそのように習った。調べてみたら確かに1990年頃から若者の間で「ぜんぜOK、ぜんぜん美味しい」などの肯定文にも使われ始めたらしい。私は1990年から日本を10年間、離れていたので帰国後に言葉の異変に気付くことができた。ウィキペフェィアから学んだことは、ぜんぜん○○を肯定文に使うことは正しいと言うこと。この事を知りショックを受けた。夏目漱石、石川啄木、森鴎外や芥川龍之介も肯定表現として、ぜんぜんを使っていたと言う。若者たちが用法をよみがえらせたと言うことか。

「ぜんぜん美味しい」と、言われたら、どの程度、美味しいのか今でも私はピンとこない。「ぜんぜん」と聞いた時点で否定形のイメージが伝わり、肯定形の「美味しい」が続くから私の中の回路は困惑している。順応するまで、もう少し時間がかかりそう。

2010年10月16日 (土)

フォーチュン・クッキー進化中

Fortunecookie1アメリカの中華レストランで食事したら最後に「フォーチュンクッキー」と呼ばれるお菓子が出てくる。パリッと割ると中から紙が出てきて何やら書かれている。要するに日本のおみくじのようなもので運勢占い。このユニークなクッキーがアメリカ人は大好きなようで、中華料理の後の定番になっている。クッキーの中に紙を入れるわけだから、明らかな異物混入。そこは訴訟の国、アメリカだからちゃんと対策はとられてある。誤って紙を食べても、その紙は食べられる紙と大豆インクなので安心ってわけ。

このフォーチュンクッキーはアメリカ生まれ。1909年にサンフランシスコで日系人マコト・ハギワラ氏が自分の店で出したのが始まりで、あっという間にチャイナタウンの飲食店に広がった。

Img12_121 最近のフォーチュンクッキーはかなり進化しており、ここの会社のフォーチュンクッキーは凄い!日本でも流行りそうだ。でも、クッキー生地の味はアメリカ人には分からないようで、正直、美味しくない。日本人のノウハウでグレードアップできる余地はまだある。それにしてもあのシンプルだったフォーチュンクッキーをここまで斬新なものにするアメリカ人の発想は素晴らしい。

2010年10月15日 (金)

最高潮でCM 喝!

大沢親分が亡くなってから最初の喝はこれ。テレビを見ていて、番組の見どころで、こちらも興奮して次のシーンを楽しみにしている時、CMを入れる技法。いい加減に止めて欲しい。こんなもったいぶったやり方で視聴者をもて遊んで、バカにするのは許せない。たま~にこの技法を使うなら許せるが、ほとんどの番組がするではないか。センスの無いプロデューサーに喝!
見る側の気持ちを理解したら、盛り上がりの最高潮でCMを入れる行為が、愚かな行為だと分かるはず。それが分からないのだから、アホとしか言いようが無い。それに文句を付けない作家やスポンサーも情けない。せっかくの作品も、ぶつ切りにされては感動も半減というもの。 こんなことが分からないのかね~。あれは昭和の手垢にカビの生えた手法。そんな小手先の手法は捨て去り、見る側の心理を理解した番組構成にしてもらいたい。 

2010年10月14日 (木)

英語が上達しない2つの理由

日本人の英語が上達しない大きな理由が2つある。
① 英語を話せるようになった人となかなか上達しない人の決定的な違いは英語と接した時間の長さ。一日にたかが数十分、英語を勉強したからと言って、数ケ月で話せるようになると期待する方が間違っている。英語をモノにしたければ、英語と接する時間を大幅に増やす必要がある。日本にいてもそれは可能なこと。

② 日本には英語を使う環境がほとんど無い。英語を勉強しても、英語を使わないから覚えない。覚えないから上達しない。こればかりは自分の生活の周りに英語圏の人がいないと、どうすることもできないが、各人の努力とアイデアで方法は見つけられるはず。日本にいても。

この2つの条件を改善しない限り、英語の上達はあり得ない。それを分からずに教材にばかり目を向けてはあまりにおろか。

2010年10月13日 (水)

パクリ続ける中国

Byd1_2 National_0603_041_small1中国の比亜迪汽車(BYD)が最初にパクッたロゴは恐れ多くも天下のBMWから。その後、当然だがBMWからのクレームで、新しいロゴを発表。今度は韓国の起亜(KIA)自動車のロゴ(下)をパクったから悪質と言うか懲りない会社だ。

比亜迪汽車の「BYD」は「Build Your Dreamsで、トヨタの「Drive Your Dreams」からのパクリであることは見え見え。こんなことを平気で行い、堂々と展示会に出品するのだから、我々の常識と価値観では到底、対応出来ない相手。パクリ問題の画期的な解決策を見つけたらノーベル賞かも。
単純だけど、パクリ品を見つけて警察に報告し、犯人が逮捕されたら、懸賞金がもらえるようにしてはどうか。その金額は億単位の魅力的なものにする。もし、中国でそんな懸賞があれば、私は直ぐに中国に飛び、パクリ懸賞ハンターになる。より過激なアイデアはパクリのレベルが最も悪質なケースで犯人が男の場合、逮捕後、手術でニューハーフにする。でも、ニューハーフになりたい連中が、世界中から中国に殺到してパクリビジネスに手を出すかもしれないぞ。

10年後、中国での会話。「となり町の△○□さん、パクリで捕まってニューハーフになったらしいわよ」「聞いたわ。顔は女優の○□さんをパクったそうよ」「懲りない人ね」「でも、手術、失敗したらしいわ」

2010年10月12日 (火)

麦之助でテレビを当てるぞ

002麦之助ビールの応募券が10枚、集まったので37インチのテレビが当たる懸賞に応募。応募のために購入したビール代総額は;
1パック(6本入) \480 X 10パック = \4,800
部屋には当たった場合に備えてテレビ台を設置。後は祈って待つのみ。でも、日頃、信仰心の無い私の希望をきいてくれる神様がいるのかが問題。思い当たる善行は少ないし、先日は年寄りに席を譲り損ねたあげく、その年寄りを痔にしてしまった001 今日は南海電車の切符自販機に10円が残っていたので、「ラッキー」と思い、切符代に使った。毎日、好きなキムチを食べながら当選通知を待つことにしよう。麦之助は韓国から来たビールだからキムチを食べてげん担ぎってわけ。我が家の近くで麦之助の空き缶は見ないから、このあたりにライバルはいないと思われる。やはりライバルは人口の多い江戸か。それでもなぜかTVが当たる予感がする。

2010年10月11日 (月)

喝!引き継ぐ

「親分」と言う言葉のイメージを塗り替えた存在として10月7日に亡くなった大沢氏に敬意を表したい。野球おんちの私だが、日曜日のサンデーモーニングのスポーツコーナーで「喝とあっぱれ」を入れるシーンは印象深く残っている。影で多くの選手たちを支えてきたことをTVの報道で初めて知った。私の中で親分と聞くとヤクザや悪人の悪いイメージが強かったが、大沢氏がいい意味での「日本の親分」の姿を見せてくれた気がする。私もブログの中で「喝」を使わせてもらっており、大沢氏の訃報の知らせは悲しい。引き続き「喝」は使わせていただきます。大沢親分。

2010年10月10日 (日)

マリアッチの定番♪♪

Thumbnail5"Cielito Lindo"(シエリート・リンドー)は「青く美しい空」という意味のマリアッチの定番。サビのところは皆さん、聞いたことがあると思います。

De la sierra morena, Cielito Lindo, vienen bajando
Un par de ojitos negros, Cielito Lindo, de contrabando
「かわいい黒い眼をした女の子たちが、きれいな空から密売をしに町に下りてきた。」


Ay, ay, ay, ay Canta y no llores
Porque cantando se alegran, Cielito Lindo, los corazones.

「泣かないで歌おう、歌えば楽しい気持ちになるから」


Ese lunar que tienes, Cielito Lindo, junto a la boca,
No se lo des a nadie, Cielito Lindo, que a mi me toca.
「シエリートリンド、君の口のそばにあるほくろは、それは僕のものだから誰にもさわらせない」

Pájaro que abandona, Cielito Lindo, su primer nido,
Si lo encuentra ocupado, Cielito Lindo, bien merecido
「1つめの巣を去った鳥が、帰ってきたらのっとられていた。しかししょうがないことだ」 (戦争に出て帰って来たら、奥さんは既に再婚していた。)

内容がわかったところでここで(音楽が流れます)歌を楽しんでください。

2010年10月 9日 (土)

出しゃばり柳沢慎吾を撃つ

出っ歯だけでなく、性格も出しゃばりな芸人だから彼のことは好きになれない。1980年代に「ふぞろいの林檎たち」に出ていた頃は単なる出っ歯だったのでまだ許せた。その後、芸能界の中で出しゃばりの芽も育っていったようだ。彼のワザとらしいウケ狙いと下品な言動は見る者を不愉快にさせる。少しでも知的さがあればいいが彼には感じられない。

114effa3b6c56be01テレビに向かって撃つピストルが欲しい。そのピストルで撃たれた者は画面上から消えていなくなる。番組の最後に誰が何発撃たれたかデータが画面上に表示される仕組みはどうだろう。消したい芸人やコメンテーターが何人かいる。

電波は公共のもので社会性や影響力が強いことをテレビに出る人たちは、もっと認識すべき。あまりに調子に乗り、電波を個人的なおもちゃ代わりにしているような芸人がいるのは許せない。

2010年10月 8日 (金)

思い出を置いてきたレストラン

010107oldman05wb1恋人と2人でレストランでの食事が終わり、席を立つと、その店のオーナーがカウンターの向こうから「お忘れ物はないですか?」 ゆったりとした言葉が聞こえた。一息おいて私は、「思い出は置いて行ってもいいですか?」と、こたえる。年配のオーナーシェフは落ち着いた声で「勿論です。また、いつか取りに来てくださいね」 すると私の隣から彼女が「お約束します」と、言いながら私の腕に手をからませる。彼女の機転のきいた言葉がとてもうれしかった。その彼女は私との思い出をレストランに置いたまま、今どこに・・・

こんな時には清水健太郎の「失恋レストラン」(1976年)が合う。彼は2010年8月に薬物で5度目の逮捕。

2010年10月 7日 (木)

神様は見ていない

宮崎で歩道を歩いていたら、ゴミ袋が風で飛ばされて道路上にあった。このままだと車が踏んで散らかると思い、拾って集積場所に置いた。Tenki021ちょっといいことをした気分と照れ隠しで、一緒に歩いていた知人に「神様は今のを見てくれたかな」と、独り言のようにつぶやいた。知人は思いがけない言葉にあっけにとられたのか何も言わない。「でも、曇りやから見えてないかな」と私が続ける。知人はまだ、何も突っ込みを入れてくれない。更に私が、「それに今日は○○パチンコの新装開店やから、この辺にはおらんかもね」 知人は笑い始めた。純粋な宮崎県民の彼に私のジョークがどこまで伝わったのか分からない。
ジョークは時に人をバカにしていると、とられる危険性を秘めているが、私には人生の潤滑油として必要。

2010年10月 6日 (水)

青さ粉 畳のにおい 

001お好み焼きにかける青のりを探していたら、「青さ粉」があり、お好み焼きに使えると書いてあるので購入。家でお好み焼きを焼いて、青さ粉の袋を開けると中から畳のにおいがしてビックリ。ちょっと違和感を感じながら食べたがパサパサだし、風味がヘン。だまされたって感じ!青のりとは完全に別物。調べてみると;

青のり:アオサ科アオノリ属の海藻。1層の細胞膜で構成
アオサ:アオサ科アオサ属の海藻。葉状体で2層の細胞膜で構成・・・よく分からない。

価格は青のりの方が10倍ほど高いらしい。アオサは畳を作るイグサを粉末にしたのかと疑ってしまうくらい、畳のにおいがする。せっかくのお好み焼きが台無しになった。

もし、私が青さ粉メーカーの社長なら、以下のようにする。
*もっと細かく粉砕する
*青のりの香料を加える

*プラスティック容器に入れて、ふりかけタイプにする

2010年10月 5日 (火)

そしてみんな黄色くなった

Flowwr2002large1メキシコ産の鶏肉は黄色い色をしている。その理由は飼料やトウモロコシと共にマリーゴールドの花を食べさせているからと知った。メキシコでは鶏肉は白っぽいよりも、黄色い方が美味しい肉とされているため、この花を食べさせているのだそう。黄色い色素にはルテインが多く含まれていると言うから、栄養剤の役割もするのだろう。マリーゴールドはメキシコ原産の花で「聖母マリアの黄金の花」という意味を持ち、死者の日のお祭りでは町中に飾られる。私も好きな花の一つで、簡単に増やせるし、初心者には扱いやすい花。R00145421  

日本人の肌が黄色いのは先祖がマリーゴールドならぬ、菊の花を食べたからではないのか。そう言えば昔から食用菊がある。墓や仏壇に菊の花を供えるのは先祖が好物だったからかもしれない。 

たくあんが黄色いのはウコン、くちなしや人工着色料を使っているから。 

2010年10月 4日 (月)

ハチの太郎を助ける

9573ba75ac622d401母が家に入り込んだハチを新聞紙でたたいて殺そうとしていた。「たたいたらあかんよ。それは太郎や」とっさに私が叫んだ。「えっ、おまえハチにも友達がおったんか?」と、母が言いながら窓からハチを逃がした。

まだ、ボケていない。ボケるどころか、まだまだ、私のジョークを受け入れるセンスもあり、違う意味での「ボケ」も健在。

ハチは振り向きざま、私を見たような気がした。もしかしたら、「ハチの恩返し」とか、あるかもしれない。くれるとしたら、混じりけのない甘~い蜂蜜がいい。こんな見返りを求めるようでは、アガペーの愛に反する。私はまだまだ修行が足りない。

懐かしい昭和の香りいっぱいの♪を思い出した。(1972年)
ハチのムサシは死んだのさ (音楽が流れます)

この歌は強烈なインパクトがあり、歌詞も不思議。もしかしたらこの歌はアインシュタインのハチの予言のことではないのか。確かにハチがいなくなっている。すごい発見をしてしまった。

2010年10月 3日 (日)

ブランドコピー品を作る中国、買う日本

中国の会社が堂々とブランド品のコピーをここでネット販売している。日本人向けに日本語で書かれているから、日本に購入者を見込んでいると言うことだ。同じような内容のページがたくさん、簡単に見つかる。日本人もグループ内にいるし、もしかしたら、893(やくざ)の資金源になっている可能性もある。

コピー品にはランクがあるようで;
C級: 素人にも
一目でコピー品とわかる粗雑な作り
B級:一見、コピー品には見えないけれど、よく見ると、縫製・刻印・付属されている箱などが粗雑
A級:付属品も製品も丁寧に作られており、素人では見分けがつかない
スーパーコピー・超A級・Sランク:素材や刻印・縫製に至るまで、本物そっくりで、プロでも判定がつきにくい。
以下は日本での数値(公表2010年春):
押収偽ブランド品の製造国;
①中国(81.2%)
②韓国(11.7%)
③日本(6.9%)


逮捕者の国籍;
①日本(78.9%)
②韓国(10.2%)
③中国(7.3%)


外国人が製造し、日本人が輸入し、販売していることが明らか。高い品質と性能の製品を作る技術が悪用されて、世界から非難の目を向けられている。コピー品を大量に作る中国だけを責めても意味がない。コピー品を買う日本人の意識もまだまだ低い。

2010年10月 2日 (土)

パラグアイとバイアグラと腹具合

Viagra1新聞でパラグアイをバイアグラと読んでしまい、これには一人笑いが出てしまった。よく見れば字数は同じだし、順番を換えれば読めなくは無い。私以外にも読み間違える人はいるだろうと、自分を便後に弁護。もし、その後、死んだら便後死???

話題を戻して、こんな早口言葉を考えた:
原監督
があぐらをかいて、パラグアイから届いたバイアグラを飲んだら、腹具合が悪くなった。
最近、巨人が弱いのはもしかして・・・

南米パラグアイのことをちょっと勉強。日本のゴマの自給率は0.05パーセントで、ほぼ100パーセントを海外からの輸入に頼っている。年間の輸入量は約16万トンで、食用ゴマは5万トン。その内の3万トンがパラグアイ産とのこと。つまり、パラグアイ産のゴマを食べる確立は60%。私の場合、ゴマ・ドレッシングも買っているし、ゴマすりも得意だから、ゴマ依存度はかなり高いと言える。

2010年10月 1日 (金)

大阪で捕まったら たこ焼きが・・・

郵便不正事件で大阪地検の怖さが分かった。えらい所に引っ越してきたものだ。捕まったら最後、組織ぐるみで犯人に仕立て上げられるのだからたまらない。Keisatsu090110s1映画のような刺激あふれる過激的なストーリーが大阪地検は好きなようだが、そんなスキャンダルな事件はめったにない。ないなら、作ってしまうらしいから困ったもの。特に政治家のからむ案件が好みのようだ。

宮崎にいる時、私が車内から敬礼すると、お巡りさんが条件反射で敬礼してくれるのが楽しかった。でも、大阪ではよからぬ犯人にされるかもしれないぞ。もし、車を止められたら「ニホンゴ スコシ」と、日系アメリカ人の振りをしてみせよう。その際、アメリカの期限切れの免許証を出し、相手の反応を見ながら大阪のお巡りさんのレベルをチェック。こんな私はどんな犯人に仕立てられるのだろうか。

A1 たとえ捕まっても、誘導尋問には屈しないぞ。でっち上げ調書に署名を求められたら「これはフィクションです」が抜けてますよって言ってやろう。取調べ中、大阪だから「お好み焼き」とか出てくるのかな・・・そんなわけないか。でも、今は世間の目が大阪地検に向いているから、取り調べは反対に親切かもしれない。となると、せめて「たこ焼き」くらいは期待できるかも。一度くらいならそんな体験をしてもいい。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »