« IKEA神戸に思うこと | トップページ | 歌手は英語の歌がうまい »

2010年9月 1日 (水)

小沢一郎の日本語 わからん

いい年(68才)をしてまともな日本語を話せない男、小沢一郎。民主党代表選に関する菅総理との会談後、会見に応じた小沢一郎は何を言っているのか、相変わらず分からない。彼の話すメチャクチャな日本語を聞いて、うんざりした人は沢山いると思う。特に海外の記者たちは日本語が堪能だろうが、小沢語をどこまで理解したのだろうか。文字に起こしたら、どんなに間違っていて、分かりにくい内容かが見えてくるだろう。また、無愛想な表情からはインパクトも何も伝わってこない。彼はマスコミの前に出れば出るほど、評価が落ちていくようで、可愛そうにも思える。せめて彼が死ぬまでに、まともな日本語を話せるようになって欲しい。あまり時間は残されていない。

« IKEA神戸に思うこと | トップページ | 歌手は英語の歌がうまい »

My 視点」カテゴリの記事