« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

IKEA神戸に思うこと

IKEA神戸に行って来た。駐車場に続く通路の広さやゆったりした駐車スペースはアメリカ並み。店舗の大きさもスケールが違う。
最初にIKEAに行ったのはロスだった。入り口が最上階にあったので、ショックを覚えた経験がある。「何でやねん」と、思ったが、直ぐに仕組みが理解できた。最上階から客を入れて、店内をグルグルと矢印通りに進ませて、何かしら買ってもらおうという作戦だ。「これには浪速の商人もビックリやな」と、当時、思ったものだ。
Advert4icon_ikeakobe_130x111
基本的には同じシステムが神戸店にも取り入れられているが、うまく機能しているとは思えなかった。円高なので割安感は感じたが、和室と和式の生活主体の日本には不釣合いな商品が山ほどある。日本仕様の物があるのだろうか。 IKEAさん、
日本市場をちょっと甘く見てないですか?海外で販売している物をそのまま日本に持って来て、並べただけではダメでしょう。今後、大量に不良在庫品が出ると私には見えた。(余計なお世話だが)
私にはニトリの方が向いている。

2010年8月30日 (月)

宮崎県応援フェアー

027郵便局で宮崎県応援フェアーのチラシを見つけた。口てい疫で被害を受けた宮崎を応援しようというもので、売上げから5%を寄付するというもの。

チキン南蛮、鶏の炭火焼などの特産品が売られている。全国の郵便局にこのチラシが置かれているのだろう。県外でこのようなチラシを見ると、元県民だった私としては感謝の気持ちが湧く。

やっと収束宣言が出たが、畜産農家はこれからたて直しへの道のりが続く。大阪から応援したい。チキン南蛮は美味しいから是非、食べて欲しい一品。特に食欲の落ちた夏場にピッタリ。ご飯がすすみます。弁当屋さんで売ってるものとは別物。

2010年8月29日 (日)

ほめられることに慣れていない

銀行の窓口で女性が大きな笑顔で私に対応してくれたので、つい嬉しくなって「素敵な笑顔ですね」って言ったら、その女性はテレたのか、へんな空気になってしまった。別に口説く意味ではないんだけど・・・ こういう場面ってたまにある。私としては「ありがとうございます」とか、素直に受け入れてくれればいいだけなんだけど。もし、キレル女性なら「お客様のシャツ、お似合いですよ」な~んて言われたら、素敵な会話のキャッチボールができたことになる。でも、日本でこんなシーンはなかなか期待できない。
根っこをたどれば、人がほめられる事に慣れていないからだ。日常生活の中で、言葉でほめられるシーンは少ない。私はできるだけ自然な言動を心がけているが、時として、私の言葉は映画やドラマの中でしか、使われない言葉となるようだ。そんな言葉を薄毛のオッサンが言うのだから、さまにならない。

2010年8月28日 (土)

メキシコ産 199円マンゴー

026

マンゴーが2ケ398円で売っていたので、夏のFinal 思い出と思い、大決心して購入。見た感じ、かなりくたびれていたので在庫品の放出ってとこでしょう。メキシコから長い船旅でやってきたマンゴーをにぎるとまだ、ちょっと硬い。食べ頃までは、少し待たないといけないようなので、ラップを外して涼しい場所に置く。ユマにいる頃は、これ位の大きさのマンゴーは3つ1ドルで買えたから、1つ30円程度。Mango_net1 日本ではそんなわけにはいかないから、1つ199円は妥当と言える。メキシコのマンゴーが宮崎マンゴーのようにネットに入った姿を見たら、どう思うのだろう?きっと、「日本じゃマンゴーもハンモックで寝るの?」って驚くのでは?

2010年8月27日 (金)

ユーミンの才能

ユーミン(松任谷由美)を初めて聴いたのは高校生の頃だったと思う。彼女の歌い方は詩を読んでるのか、歌ってるのか、歌が上手なのか、ヘタなのか区別が付かなかった記憶がある。ユーミンは女の子が聴く歌だと当時は、はっきりとレッテルが貼られていた。だから、ユーミンは私には入り口ではじかれていた存在。とは言ってもTVやラジオからイヤでも聴こえてくるから、サビの箇所は知っているというレベル。Yuming11

私の世代の女性達はかなり高い%でユーミンを聴いて育っている。それを逆手に取った記憶もある。女性を車でデートに誘うとき、「ユーミンのカセットを持って行けば役立つ」と、いうもの。曲に好き嫌いはあってもユーミンを流せば無難ということだ。

私がユーミンの曲を受け入れ始めたのは30才を超えてからと思う。正直、ユーミンは私の美的受け入れ範囲外の存在だった。だから若いときは受け入れられなかった。彼女の歌の良さを30才を超えてから分かり始めた。

最近の彼女は妙に大掛かりなショーをコンサートで行っているようで「ちょっとやり過ぎじゃないの」と、思ってしまう。私が何を言っても、ユーミンはたくさんの女性に夢と希望を与え続ける存在として認められているのは事実。

2010年8月26日 (木)

ピアノ売ってちょうだい♪

Ms_take1宮崎でもインパクトのあるタケモトピアノのCMが流れ始めた。大阪で10年前に見たものと同じ内容だが、宮崎の人には新鮮に見えるのだろう。思い出される情報はこのCMを見たら、泣いている赤ちゃんが泣き止むというもの。当時、保育園で立証実験が行われたりして、ホントに泣き止むシーンを見て頬が緩んだものだ。

はたして買い取ったピアノはどこに行くのか。予想通り、中国行きが増加している。一人っ子政策と経済発展のおかげだろう。世界36ケ国に輸出しているというから凄い。新設した本社倉庫に在庫が常時2,000台あるらしい。大阪港埠頭はピアノ輸出で日本一になったから、タケモトピアノ様々だ。

2010年8月25日 (水)

小沢さん 陰のボスがお似合い

20090331232759c731_2

なぜ、自ら政治資金問題を抱える小沢さんが民主党の代表になって、総理大臣になろうとするのか。検察や我々、国民をバカにしている。確かに、今、民主党の代表になれば、総理大臣の椅子に座れるから大きなチャンスだ。でも、おかしいでしょう。
小沢さんは
陰で政界を操る(操ってるつもり)のがお似合いで、表舞台に出るべきタイプの人ではない。一昔前(昭和時代)なら、小沢さんタイプも受け入れられた時代もあったが、もはや時代は新しいリーダーを求めている。

彼の他のマイナス面は決定的な「表現力不足」だ。何を言っているのか、したいのか分かりにくい言動は現代の幅広い価値観の国民には理解、納得できない。世界に対しても彼の表現力では誤解こそ与え、共感して評価されることは無いだろう。このことを小沢さん自身や周囲の人たちが気付かないことが不思議だ。小沢さんは「自分は表舞台には向かないし、自分のやり方は、もはや時代に合わなくなった」と、認めるべきだ。自分に正直なことを何も言わない(言わせない)人たちに囲まれている小沢さんはまるで「裸の王様」を思わせる。
権力維持のためのゲームを続ける小沢さんは国のことを考える政治家ではなく、自分のことしか考えない
政治屋。「国民の生活が一番」ではなく、「自分の利権が一番」にしか見えない。

イラスト:ほうらいたけし 

2010年8月24日 (火)

変える・代える・換える・替える

私を悩ませている単語がこれ。今でも使い方には自信が持てない。

①「変える」:物事を以前と違った状態・内容にする。変化させる。
例文:壁紙を変える・
顔色を変える・態度を変える・方針を変える・予定を変える・生まれ変わる・心変わり・季節の移り変わり  

②「代える」:を交代させる。あるものにほかのものの役目をさせる。
例文:責任者を代える・
これをもってごあいさつに代えさせていただきます・代わりの品・命には代えられない・その代わり・身代わり・投手を代える

③「換える」:AとB、を交換する
例文:車とバイクを換える・
古本を金に換える(換金)・言い換える(換言)・置き換える(置換)・空気を換える(換気)引き換える(交換)

④「替える」:別のものと取り替える
例文:畳を替える・
買い替え・クラス替え・衣替え・差し替え・付け替え・詰め替え・切り替え・着替え・並べ替え・日替わり定食

まだ、良く分からない。私は使いこなせないまま死んで、閻魔大王からしかられるだろう。覚悟しておこう。
  

2010年8月23日 (月)

見なくなった グミの木(実)

0921小学生の頃、通学の途中で道端にあるグミの木から赤い実をちぎって食べたものだ。さくらんぼを思わせる見た目からは甘そうに見えるが、すっぱい感覚をしっかり覚えている。

最近、このグミの木を見なくなった。鋭いトゲが嫌われて都会から消えたのだろうか。宮崎にいた時も、そう簡単にはお目にかかれなかった。全国的に少なくなっているような気がする。

2010年8月22日 (日)

鈴木英人とピンクのワーゲン

41wltznpw3l_sl500_aa300_11981年から10年近くワーゲン(かぶとむし)に乗っていた。その頃、アメリカの50年代と言うか、カリフォルニア西海岸を思わせる、今まで見たことの無いイメージのイラストにショックを受けた。

鈴木英人の作品だった。原色の風景に切り紙が舞うような画風にすっかり、とりこになった。024

当時乗っていたピンクのワーゲンにカッティングシールで同じようなイメージを貼り付けて、堺市内を走ったものだ。「ちょっと違うんじゃないの」って声が聞こえてきそうですが、お許し下さい。

鈴鹿サーキットでワーゲンの大会に出たら雑誌に載りました。私が25,6才の頃。この車で女の子を家に送るとき、家の前まで行かせてもらえなかった事を思い出す。「ここでいいです」と、言って車を降りるのだ。ピンクのワーゲンで家の前まで来て欲しくないのだろう。

2010年8月21日 (土)

ハイビスカス 実はシルク製

1e81346beca35034edb6191a844b19f31スーパーで真っ赤な花を咲かせたハイビスカスがあった。先月まで宮崎でよく見かけていた花だったから、少し懐かしく思いながら眺めていると、私の後ろを「きれいなシルクの花ね」って言いながら通り過ぎる女性がいた。その言葉が気になり、ハイビスカスを良く見ると、確かにシルク製ではないか。実に良く出来ている。鉢を持ち上げると、とても軽く、土が入った重さではない。

最近のシルク製の観葉植物や花の完成度は高く、本物と見間違える。そんな中、安易にシルク製を買って、何年もほったらかしでホコリまみれになったものは実に見苦しい。その人の無精さを表しているようだ。日々の手入れが不要な代わりに、たまには水洗いして欲しいと思う。でも、考えれば手入れをしたくない無精者がシルク製を買うのだから、水洗いなどするはずが無い。

2010年8月20日 (金)

37℃と扇風機

025暑い日が続く。温度計は37℃を指している。熱中症で若い人にまで死者がでているから大変。

昼間、室内で扇風機を回したら熱風がきて、余計に暑く感じた。この感覚は昔、アリゾナ州ユマで夏場にバイクに乗っていた時のことを思い出す。

バイクで走っている方が熱風を受けて、暑く感じるのだ。信じてもらえないかも知れないが、信号で止まった時の方が涼しい。

今日の扇風機を止めた方が涼しく感じるのと同じ。PCのスピードも熱のためか、かなり遅い。早めに切り上げて休ませてあげよう。

2010年8月19日 (木)

フォー(PHO) ベトナム麺

Pho1たま~に、はまってしまう食べ物に出会うことがある。ベトナム麺のフォー(Pho)がそうだった。週に何度も通って食べたこともあった。

フォーはベトナムを代表する麺料理で、鶏や牛から取ったあっさりスープに、米でできた生の麺を入れ、スパイスや野菜を合わせて食べる。

ベトナム人は朝昼晩、3食食べても飽きないくらいフォーが大好きらしい。マイルドなスープとの組み合わせは日本人にも馴染みやすく、さっぱり、しかも食べごたえがある。麺も量も選べるからうれしい。Vietnamesephorecipeherbs1

写真はビーフフォー。別の皿にちぎっていれるバジル、パクチー、もやし、チレやライムが出てくる。日本で流行ってもいいと思う。

2010年8月18日 (水)

育毛中なので・・・

20年ぶりに大阪に帰ってきたことをメールで友達に知らせると、「会おう」と、メールが来た。会いたいが、正直、照れくさい。

「今、育毛中だから、もう少し後で会いたい」と返信。直ぐに返事が来て、「そんな断り文句は初めて。相変わらずやね。」と、言われた。相手の笑い顔を想像しながら、育毛技術の発展を望む。

P1_photo113億キロも離れたイトカワに無人探査機ハヤブサを着陸させて帰還する技術よりも、私は育毛技術の発展を望む。

「育毛ハット」のようなものが開発されて、かぶると3ケ月くらいで髪の毛が生える時代が来ないだろうか。この技術の方が日本を豊かにすると思う。41ebmyghyvl_aa300_1 ネットでこんな帽子を発見。「睡眠中専門育毛キャップ」 Hair Grow Cap \5,250

2010年8月17日 (火)

ビール・発泡酒・発泡性・リキュールの税金

整理してみました。

①ビール
【酒税】
1ℓあたり222円(350ml缶
77円
例:アサヒスーパードライ、キリンラガー、一番搾り、エビスビール、サントリーモルツ・・・


②発泡酒
【酒税】
1ℓあたり134円
(350ml缶 46.9円
例:麒麟淡麗(生)、アサヒスタイルフリー、サントリーダイエット、サッポロ北海道生搾り・・・


③第3のビール(新ジャンル) 2種類あり
【酒税】
1ℓあたり80円(350ml缶
28円
1,その他醸造酒(発泡性)
例:キリンのどごし(生)、サッポロドラフトワン、アサヒぐびなま、サントリージョッキ生・・・

2,発泡性リキュール
例:麦之助、バーリアル、クリアアサヒ、キリンストロングセブン、サントリー金麦、サッポロ麦とホップ・・・

2010年8月16日 (月)

マルちゃん 国民的人気

Sscn5859s1東洋水産の即席ラーメン「マルちゃん」はメキシコで国民的な人気食品。即席ラーメン市場の85%のシェアーを獲得しているというからすごい。

その多彩な味も驚き。チキン、海老、ビーフ、トマトチキン、レモンハラペーニョチキンまたは海老チーズ。メキシコの伝統料理もビックリ状態。

メキシコでは「マルちゃん」という単語が「簡単にできる」「すぐできる」という意味で使われているから、その定着ぶりが理解できる。0505031300021_2 日常会話の中で「そんなことマルちゃんだよ」と言えば、通じるかもしれない。

私は名前の関係で「まるちゃん」と、呼ばれることが多いので、軽くあしらわれそうで、ちょっと複雑な気持ち。

メキシコのマルちゃんの刺激的なHPはこちら。東洋水産はロサンゼルス郊外に工場があり、北米、メキシコに出荷している。さすがの日清食品もかなわないようだ。
 

2010年8月15日 (日)

ユマで最高気温記録

8af1c70794b14e08aa45e607511f33771アリゾナ州ユマと聞けば、ヤクルト・スワローズが過去に冬季キャンプを行っていた場所として、結構、知られている。

ユマに仕事で7年間、滞在した。私の中ではアメリカの故郷って感じの土地。そのユマはギネスブックによると世界で最も日照時間の長い場所。確かにユマにいた頃、雨でイベントが中止になったことは無かった。年間降水量は約76 mmしかない。Yumatimezonemap1

私が滞在していた1995年7月28日、ユマで 51 ℃の過去最高温度を記録した。

漫画に暑いたとえを「As hot as Yuma」(ユマみたいに暑い)と、書いてあるほど。

暑くなるとユマを思い出しながら、日本の暑さを我慢する自分がいる。ユマの天気、気温はこちら。驚きます。
写真はユマ市のランドマークの水タンク。

2010年8月14日 (土)

70m歩けば1,700円安い駐車場

フィット用の駐車場を自宅の真横にある駐車場と契約した。月々8,000円と保証金3万円。ところが、ちょっと歩けば安い駐車場が空いていることを住み始めた後に発見。そこなら月々6,300円と保証金は12,600円。これにはやられた。でも、今の駐車場は自宅の直ぐ横で超便利。70m歩いて安い駐車場に替えるか?月に1,700円の違いは大きい。1本83円の麦之助で割ると、凄い結果となるから大問題!

1,700円÷麦之助 = 20本/月

髪の毛にも悪い悩み事が発生してしまった。

2010年8月13日 (金)

麦之助 from Korea

Img559634451大阪に来て、近くにイオン系スーパーが無いので、愛用の88円ビールもどき(バーリアル)が買えないので困っていたら、「麦之助」を見つけた。韓国からやって来た麦之助はバーリアルと同じ、リキュールのジャンル。ビールでも発泡酒でも無い。なんと値段が83円で販売されていて、これは魅力的な値段。アルコール5%なので、しっかりとほろ酔い気分にさせてくれる。内容量が330mlとちょっと少なめ。今ではすっかり麦之助ファンになった。Img565101741

ネットを見てたら糖質50%オフの「麦之助ハーフ」もあるようだ。H0031 更に調べると、こんな麦之助もあり、オランダ産とある。一体、どういうことだろうか?のどごし生からバーリアル、今は麦之助と1ケ月の間に振り回された私。
サラハムニダ(愛してる)、麦之助!

2010年8月12日 (木)

Tシャツを頭から先に着る Head First

私はTシャツを着る時、頭から先にシャツに通して着る。実はこの着方にコンプレックスを持っている。と言うのも、この方法は子供の着方で、大人は腕から先に通して着ると、中学の頃に言われたことが今でも忘れられない。

確かにTVや映画で見るシーンは全て腕から先にシャツに通してカッコよく見える。私も何度か試したかも知れないが、50を超えた今も頭から先に着ているから、ダメだったのだろう。

昨日、見たGyaoの映画で主人公がシャツを着替えるシーンがあり、やはり腕から先に通していたのを見て、忘れかけていたコンプレックスが顔を覗かせた。

今から練習して着方をかえる自分を想像しただけで、おかしくなるから、私は頭から先にシャツを着る。この方法を Head First と、呼ぼう。少しはカッコよくなった気がする。とは言え、頭から先に突っ込んで、突っ込んだ先が腕の穴だった時は、自分でも情けなくなる。

2010年8月11日 (水)

ロスで茶道体験

Chasen011ロスにいた頃、知人女性から茶道の見学に行かないかと誘われて、日本人女性宅を訪れた。手入れの行き届いた庭と、畳を敷き詰めた茶室があった。実際に茶室を見たのは初めてで、しかもロスで自分が茶室に入ろうとは想定外。

日本人に混じってアメリカ人とメキシコ人女性もいた。驚いたことは初回の私にいきなり、「見よう見まねでやってごらんなさい」と、先生が言った。

日本なら細かな決まりごとをゴタゴタ言いながら、なかなかお茶をいれるようなことはさせてもらえないだろう。ところが、初日からあのシーンをすることになったから、面白い。ヒゲそり泡だて器のようなものでかき回しても、なかなか泡が立たないし、全てがぎこちない。結果的に先生の戦術にはまって、しばらく通うことになった茶道は江戸千家

2010年8月10日 (火)

ダメなホンダのクレーム対応

フィットのボンネットの塗装劣化に関し、近くのディーラーにクレームを申し出ると同時にホンダHPから苦情をメールで送った。すると翌日、ホンダのクレーム担当者の島○さんから電話が来て、私と押し問答となった。彼の年齢は50代だろうか。クレームの窓口だから過去にいくつかの修羅場を経験してきているだろう。

私はしっかりと彼の言葉尻を捕まえて、反撃を忘れない。何しろ、宮崎市内で私と他の友達2人の赤色のフィットのボンネットの塗装が同じように劣化しているのだから、これは単なる偶然とは考えにくい。明らかにホンダ側に塗装ミスがあると考えるのが自然。

でも、「5年を経過しているため、対応できない」の一点張り。予想はしていたが、担当者は杓子定規的なことしか言わない、守りの姿勢。せめて劣化の度合いを再検証させて下さい」と、言うべきではないのか。残念ながら、その言葉は最後まで出てこなかった。あくまでも5年経過した時点でアウトということ。

私の最後の言葉は「わかりました。私はこのままホンダフィットの塗装は悪いということを乗りながら宣伝する役目をさせていただきます。」

ホンダは短期間でムラが出るような塗装の車を販売していることは事実だ。日本中に多くの被害者がいるだろうが、その殆どは泣き寝入りと思われる。外観に手抜きをしたホンダはあまりにおろかだ。ムラのある塗装のホンダ車が全国で悪い宣伝を繰り広げているのだから、ホンダのダメージは大きい。経営陣は目先の利益しか考えないのか。情けない、宗一郎さんが泣いているぞ。

クレーム処理は大変な仕事と思う。顧客には千差万別の言い分があるし、相手が感情的なケースもあろう。でも、決してしてはいけないことは冷たい事務的な対応だ。この点に於いてホンダはもっと勉強する必要がある。対応レベルは非常に低い。

2010年8月 9日 (月)

アメリカ人もビックリ!フォークの背にご飯

久し振りにフォークの背にご飯を乗せて食べるシーンを見た。仕事仲間だったので、遠慮なしに「フォークの背にご飯を乗せて食べるのは昭和の時代に間違って広まった食べ方だよ。自分の利き手ですくって食べたらいい」と、アドバイス。

40代の彼は「その方が食べやすいと前から思っていた。」と、言いながら、直ぐに改めた。実に謙虚なのか、合理主義者なのかは分からないが、私のアドバイスは目からウロコだったのかもしれない。

おかしな習慣が根強く残っているものだ。そんな私も若い頃、「洋食の時、ご飯はフォークの背に乗せて食べるものだ」と教わった。フォークですくって食べた方が食べやすいと思いながらも従ったものだ。確かに皆、フォークの背にご飯を乗せて食べていた。

アメリカ在住時代、アメリカ人たちが自由にナイフやフォークを操り、時には直接、手でつかんで食事する光景を見て何か吹っ切れた気がした。食事は楽しむもので曲芸のようにして食べる必要の無いことを学んだ。

2010年8月 8日 (日)

「ジェネリック」 より 「エコドラ」

私のおかあちゃんが「ジェネリックって何?」と、聞いてきたから、説明してあげた。ジェネリックという言葉はあまりに難しすぎる。高齢者に横文字をカタカナにしただけの言葉を押し付ける厚生労働省はアホかと言いたい。高齢者には必要な言葉なのだから、もっと分かりやすい言葉にすべきだ。「後発医薬品」という硬い名前があるようだが、二番煎じの悪いイメージが大きくてイマイチ。「後期高齢者医療制度」が嫌われたように、ジェネリックという言葉も直ぐに新しい単語にかえるべきだ。

さて、何という名前がいいだろうか? 
エコなドラッグだから、「エコドラ」
この名前で決まりだね!
あっち系の薬と間違うヤカラも出るかな?

2010年8月 7日 (土)

ハート引越しセンター エコへの取り組み必要

引越しに「ハート引越しセンター」を使った。宮崎と大阪の双方で仕事ぶりを見ることができ、基本的には満足のいくものだった。仕事内容は実に丁寧というのが感想だ。でも、気になった点もある。

〔汗臭いスタッフ〕
スタッフが部屋に入ってきた瞬間、汗の嫌な臭いがした。夏の時期、引越しに汗が大量に出るのは当たり前。でも、他人の汗の臭いは嗅ぎたくないもの。プロとして作業するのだから、消臭してから次の作業場に向かうくらいの気配りをして欲しいもの。

〔大量の梱包材のゴミ〕
家具、電化製品などを厚手の紙で個別に梱包するのだが、実にクラッシックな方法だし、手間と時間がかかる。他社ではキルティング生地のカバーをすっぽりかぶせて運搬しているところもある。その方が早く、使い回しができるのでゴミが出ない。引越し先で梱包に使った厚手の紙、プチプチシートとダンボール箱のゴミが大量にでた。これはエコ対策としても改善の余地がある。

宮崎と大阪の若いスタッフ達の仕事ぶりには満足した。帰る前に顔を拭くための冷えた濡れタオルを差し出すと、気持ちよさそうに汗を拭いて立ち去った。彼らの上に立つ幹部達が、より効率的でエコな対策に取り組むことを祈りたい。

2010年8月 6日 (金)

お洒落な店の前、道路に草ボウボウ

お洒落なレストランや店の前の道路沿いに草がボウボウに生えている場合、店のオーナーの感覚を疑ってしまう。私はそんな店には入りたくない。せめて店の前の道路の草ぐらいは、まめに抜いて欲しいものだ。外観をバッチリ決めても、店の前の草が気にならないような人はどうかと思ってしまう。特に飲食店の場合、良からぬことを勘ぐってしまう。ゴキブリやねずみがいそうとか、厨房の中で不潔なことをしているとか・・・

2010年8月 5日 (木)

カーテンの汚れにビックリ

引越しでカーテンを取り外すことになったので洗濯してみたら、なんと洗濯機内の水が黒く濁って回っている。かなりカーテンが汚れていた証拠で、正直、こんなに汚れているとはビックリ。

乾燥は脱水後、そのままフックを付けて元のレールに吊るして自然乾燥。是非、カーテンの洗濯をおすすめします。同じカーテンでも部屋が明るくなります。年に一度はカーテンの洗濯が必要と実感。カーテンと蛍光灯をきれいにするだけでかなり部屋の明るさがアップ。これって金のかからないエコ!

2010年8月 4日 (水)

宮崎市から大阪狭山市に移住

大阪狭山市に宮崎市から移住して来た。元々、大阪に25年ほどいたので、「20年振りに大阪に帰って来た」という感覚の方が強い。

周囲の人達との会話が始まると、当然だが、コテコテの大阪弁が聞こえてくる。私も大阪弁が抜けずにずっと過ごしてきたが、やっぱり本場は一味違う。長年、大阪で過ごした私ですらそう感じるのだから、初めて大阪に来た人は大阪弁にはビックリするだろう。

私のボケのセンスを大阪で試すのも楽しみだ。負けない自信はある。宮崎で大阪のボケは受け入れられずに浮いた存在だった私だから。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »