« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

横断歩道でのちょっとした心づかい

横断歩道の手前で車で待つときに「コノヤロー」と、思うのは携帯を操作しながらゆっくりと歩くヤツを見かけたとき。少しでもいいから急ぎ足で歩くそぶりでもすればいいのだが、周りのことなどお構いなしに歩くヤツがいる。こんな連中はひき殺したくなる。

歩行者優先は分かるけど「おまえを優先させるつもりは無い」って、言ってやりたい気持ち。

歩きながら、ちょこっと頭を下げる人、手で小さく合図する人、ニコッと合図する人、2,3歩を小走りする人・・・この一瞬に人柄を感じる。

2010年7月30日 (金)

セミ セミ セミ

Cicada1セミたちが一斉に鳴き始めた。夏本番って感じの暑さをクマゼミの鳴き声があおってくる。温暖化の影響だろうか、近年、クマゼミが異常に発生しているように思える。夏の風物詩といえども、うるさくて困っている人もいるだろう。

正直、私の所ではTVのボリュームを少し上げる必要があるほど。セミが鳴くのは求愛行動だって。恋の邪魔はしたくないから許してあげる?色んなセミの鳴き声がここで聴けます。

2010年7月29日 (木)

熱中症ってしっくりこない

TVで「熱中症」と聞く度に違和感を感じるのは私だけだろうか。ちょっと昔までは炎天下に長くいると、「日射病にかかるよ」と、言ったものだ。いつの間にか日射病から熱中症に摩り替えられたような感じがする。私は熱中症と聞くと、何かの趣味に時も忘れて没頭する人に対して、「あの人、○○に熱中症ね」って感じで使う方がしっくり来る。私と同じような思いを持つ人もやはりいた。ここで熱中症、日射病のことが分かりやすく書かれている。

結論は日射病は一部の症状なので、総称の「熱中症」を使うようになったそうだが、私にはしっくり来ない。

2010年7月28日 (水)

カーナビにカバーはケチ臭い

Telaffy_cardcv21カーナビにカバーをかぶせている車を見かけるが、何のためにカーナビを付けているのって言いたい。ケチでせこいヤツに見える。使わないカーナビなら買うな。カーナビは常にONにして使うもの。それとも、カーナビを持ってることを自慢したいの?

私はカーナビには感謝している。特に知らない地域に行った時は声を出して「ありがとう」と、言う時もあるくらい助かっている。特に夜間の案内はありがたい。
目的地を設定して、到着予定時刻が分かるのもありがたい。

こんな技術をタダで提供しているアメリカはすごい。これも90%の人に無料サービスを行い、10%の顧客からしっかりと料金を取るビジネス・スタイルだろうか。もし、この技術が使えなくなったら大変も大変!日本の衛星だけでは、今のような正確さは確保できないだろう。

2010年7月27日 (火)

堺引越しセンターのパンダ芝居

宮崎から大阪への引越しの見積もりに2社が来た。1社は堺引越しセンターで私が長年、住んでいた堺市に本社を置く、業界大手。やって来た若者が算出した額は2時間前に来た他社よりも、10万円ほど、高い。これでは全く話にならないと言うと、何度も電卓をたたきながら、価格を下げてくる。上司にも電話したり、茶番劇を開始。

結果的に最初に提示した額から10万円ほど下がった額になったので、いい加減な見積もりだと思わざるを得ない。最初からその価格を提示せよと言いたい。こんな対応では不信感につながるというもの。

下手なパンダ芝居の堺引越しセンターにガッカリ。ハート引越しセンターに決めた。堺引越しセンターに見積もり依頼したら、1キロ入りの米がプレゼントされるので、ちゃっかりと頂きました。

2010年7月26日 (月)

コーヒー空き瓶でビール

124_thumb1私はインスタントコーヒーの空き瓶でビールを飲む。けち臭いと思うかもしれないが、これが結構、口あたりも良く、飲みやすい。このアイデアはアリゾナ州にいた頃、たまに行くバーでビールを頼むと、ジャムでも入っていたような空き瓶で出て来た。最初はビンボー臭いと思ったが、その内、飲みやすいことに気付いた。そのバーの名物として多くの酔っ払いから受け入れられていた。今ならとりわけ「エコジョッキ」と言うことになるだろうか。ガラス製であれば何でもOK。色んな形を試す楽しみもある。氷を入れた飲み物は、振ると何ともいい音がしてくる。

2010年7月25日 (日)

あえて訳あり商品を作るメーカー

知らなかった。メーカーが本来の商品を故意にこわして、流行の「訳あり商品」を作っているなんて。昨日のTVで見た辛子明太子工場で本来なら「1本もの」として高値で売れるはずの明太子の端を故意にちぎって「きれこ」として製造、販売している。

市場のニーズに合わせたビジネスだろうが、どこかすっきりしない。小手先の手法であり、こんな対応で経営が安定するとは思えない。そこの社長も疑問を感じながら本筋のビジネスに戻ろうとしていた。

本来、工場で出る端材品を「訳あり商品」として市場を作ったことは意義がある。でも、意図的に訳あり商品を作ろうとした時点で、誤った方向に行くことになる。一時的には売り上げが上がっても、根本的な問題解決の先送りとなるだけ。

2010年7月24日 (土)

「クラマト」はトマトとハマグリ

2aed3603s1クラマトとはフレッシュトマトとハマグリがドッキングしたシーフード感覚のヘルシードリンク。ウォッカを割ったり、ビールと混ぜれば簡単にカクテルに!欧米では「スパイシー・トマトカクテル」と呼ばれ、ウォッカベースのカクテル「ブラッディー・メアリー」が有名。そういえば、確かにClam(ハマグリ)とTomate(トマト)の合成語になっている。

2010年7月23日 (金)

金賢姫元死刑囚に遊覧飛行?

頭にくる。なぜ、金賢姫(キムヒョンヒ)元死刑囚に遊覧飛行させるの?日本政府の無神経さにあきれてしまう。チャータージェット機を使ったことも税金の無駄遣いだし、今回の特別扱いはどう見てもおかしいでしょう。日本のおバカぶりを世界に露呈しているようで情けない。別荘を貸す鳩山坊ちゃんもアホ丸出し。その辺のホテルで宿泊や面談は出来たはず。彼女を空港に出迎えた車も左ハンドルのベンツだった。これら一連のことをKYと言わずに何と言うのか。今回の参議院選挙で民主党が仕分けされたことにまだ、気付いていないらしい。

2010年7月22日 (木)

ホンダフィットの塗装は最低

Img_0650赤色のフィットに乗っているが、ボンネットの塗装が色あせて実に見苦しい。紫色のような濁った色むらがあり、これは他の赤色のフィットにも表れている。私の目で何台も同じような色あせを見てきた。知人2人の車も全く同じ色あせで、これは単なる偶然とは言えないレベル。明らかにホンダ側の塗装ミスだ。

今日、ディーラーに出向きクレームを申し出たが塗装の保証期間は5年間と告げられ、あっさりと断られた。担当した50代の男性に本社に今日のクレーム報告をしてくれるように依頼し、引き下がった。次はネットからホンダ本社の顧客サービスにアタックする。

皆さん、ホンダのフィットは塗装が悪いですよ。塗装が悪いのはどうやらフィットだけではないようなので、くれぐれもホンダ車の購入にはご用心ください。私は二度とホンダ車は買わない。

GMへのクレームで勝利した私としては、ホンダの対応をじっくりと観察したいけど泣き寝入りするのは辛い。

こんな塗装の悪いフィットが日本中で走っていてもホンダさんはぜんぜん平気な様子。ホンダってそんな会社なんですね。それにしても今時、こんな塗装の悪い車を販売するのだからホンダの将来はしれたもの。

2010年7月21日 (水)

地デジはブラウン管TVでも見れる

49812549803781地デジへの準備、切り替えを連日、テレビでうったえているが、ずるいと思いませんか?。その理由はあたかも薄型の新しいTVに買い換えないとTVが見れなくなるような誤解を国民に与えているから。今のブラウン管TVに地デジを見るためのチューナーとアンテナを設置すれば、引き続き今のTVは使える。国とメーカーがぐるになって経済活性のためにTVの買い替え作戦を行っていることに気付かないといけない。Bakanshop_u204g1 また、エコポイントの裏側でメーカーと国がコソコソしていると、思いませんか?写真のチューナーは5,000円代で購入可能。また、こんなアンテナが必要。

2010年7月20日 (火)

勝手にブーゲンビリア

Hu0201118年間を過ごした宮崎を去ることになった。大阪に帰ることになった。またいつか宮崎に来ることもあるかもしれない。

今のアパートの庭に植えたブーゲンビリアが元気に育っており、成長ぶりを見れなくなるのが残念。後に入る人が気に入って、手入れをしてくれることを期待したい。でも、トゲがあるから嫌われる可能性もある。

勝手に庭に植えたのだから、大家から処分されるかもしれないが、見過ごされることを祈りたい。挿し木で増やした分を大阪に持って行くが、育つだろうか。

2010年7月19日 (月)

ハマイカ ジュース

091014_2_img_021ハマイカと言うジュースがメキシコにある。浜でイカをジュースにするわけではないが、生臭い響きがある。写真のようにあざやかなワイン色の飲み物。味はさわやかな酸味をともなっており、メキシコの定番ジュース。

花のハイビスカスを乾燥させたジュースだと長い間、知らずに飲んでいた。原産はアフリカらしく、植民地時代にメキシコでも栽培が始まり、おなかの虫下し、消化・利尿作用が高く、肝臓の働きを促進し、コレステロール数値を低くするといわれているとても優秀な飲み物。Hino1041

乾燥させた花を煮出すだけと簡単。美しいワイン色のさっぱりとしたテイストのハマイカティーができあがる。お好みで砂糖を加えて飲む。

ハイビスカスと言えば日野てる子ですよね。

2010年7月18日 (日)

おとなげない 宮崎の知事さん 

種牛の殺処分命令にキレた宮崎県の東国原知事が山田農水大臣に対して「どんなツラして来るのか?」と、低レベルな言葉を報道陣の前で放った。県民として恥ずかしい限り。バカなお笑い芸人の本性だろうか。

彼は最後まで宮崎県を守るために国を相手に戦ったヒーローのつもりでいるのかも知れないが私には県民に受けようと、計算づくのパフォーマンスにしか見えない。

大きな打撃を受けた宮崎県は立ち直りに多くの予算が必要となるだけに、国を敵に回すような言動はダメ。今回の知事の発言は宮崎県にとり大きなマイナス。直ぐに訂正し、大臣に謝るべきだ。

2010年7月17日 (土)

ワカモーレ

Img_82441アボカドと言えばメキシコ産。日本ではワサビ醤油で食べるのが主流のようだが、ぜひ、「ワカモーレ」を作って味わって欲しい。アボカドをつぶして、完熟トマト、たまねぎ、ピーマン、青とうがらし、にんにく、コリアンダー、ライム、塩、黒こしょうを混ぜるだけ。チップスですくって食べてもいいし、クッキーやパンにつけても美味しい。一度、食べたらはまる味。

2010年7月16日 (金)

1本88円のビールもどき

Barr_lu011マックスバリューで1本88円のビール(正確にはリキュール)バーリアルを見つけたので、買って飲んでみた。私にはちょっぴりニガめだが、この価格に文句など出ない。第4のビールってことになるのか。「のどごし生」から切り替える人が出るのか?ゴミ出しの日に空き缶を観察してみよう。

2010年7月15日 (木)

上手な外国人力士の日本語

すもうのことをいつも批判し、バカにしている私だが、唯一、スゴイと思うのが外国人力士の日本語のうまさだ。彼らは短期間に言葉を覚えているようで、テレビで見る上手な日本語には驚く。横綱白鳳は実にうまく日本語を使っており、外国人というイメージを感じさせないほどのレベル。違う見方をすれば、相撲業界はアホな人達が多いから、その中で外国人力士が母国語を話していては誰も相手にしてくれない。彼らは生きるためには日本語を覚えるしか無いので、語学を学ぶ最高の環境にいると言える。アホな相撲界に語学習得のヒントありというわけだ。

2010年7月14日 (水)

帰って第3のビール飲もっ

暑い日の終わりに「帰って、第3のビール飲もっと」と、私が言うと、「えらい具体的なことを言う人ですね」と、笑われた。普通なら「ビール飲もう」だろうが、あえて正確に「第3のビール」と表現したのがウケタ。私はあれくらいの薄いビールが好きだ。アメリカのBud LightやCoors Lightの感覚で飲めるのがうれしい。空き缶のゴミ出しの日に一番、目にする缶は私の好みでもあるキリンの「のどごし生」だ。値段も手ごろでほろ酔い気分にさせてくれるありがたい存在。

2010年7月13日 (火)

フェリー内でステテコおやじ

ステテコはみっともない下着。私がはくことは一生、無いだろう。夏場、汗を吸収すると言ってステテコを好むおやじたちもいるが、見苦しい。そんなステテコ姿でフェリー内を歩くおやじを見かけた。「バカか」と、つい声に出して言ってしまった。甲板から海に落としてやりたい気持ち。海外のホテル内をステテコで歩くおやじが今でもいると聞く。あー情けない日本のステテコおやじ。

2010年7月12日 (月)

光るホイール

Velne21夜、ホイールが青やピンク色に光る車をたまに見かける。かなり目を引く存在。ネットで調べてここで販売している。アメリカでの販売会社

車好きには欲しい商品。これで夜の街を走ればヒーロー間違いなし。

2010年7月11日 (日)

忘れがちな物 携帯充電器

先日もあわやのところで大阪に行くときに携帯の充電器を忘れそうになった。直ぐに同行する人物に「充電器を忘れないように」と、メールしたら時、すでに遅しで、「忘れた」との返事。私の携帯とは機種が違ったので、充電器の共有は出来なかった。私の携帯(ムーバ)があまりに古かったのが理由。幸い、フェリー内に充電設備があったので助かった。
振動で充電できる携帯なら最高。自動巻きの腕時計のような。これを開発したら、世界が喜ぶ。

2010年7月10日 (土)

雨の時期に聴きたい歌 4

私の大好きな大滝詠一の曲。好きといいながら、いまだに彼の顔を知らない。彼は意識的にマスコミの前に出ないような生き方をしているのか、不思議な存在でもある。私の想い出の中で彼の曲は大切な役割をしており、私の彼のイメージのようなものはぼんやりと私の中にある。

この曲が流行っていた頃、歌に出てくるワーゲンに乗っていたので、私生活と重なってしまった。あの頃、助手席に座っていたあの子はどうしているのか。

壊れかけたワーゲンの
ボンネットに腰掛けて
何か少し話しなよ
静か過ぎるから
海が見たいわって言い
出したのは君の方さ
降る雨はすみれ色
Tシャツもぬれたまま

雨のウェンズディー」大滝詠一

1981年の「A LONG VACATION」に収録

2010年7月 9日 (金)

薬の味 ベビーコーン

Img101041975201ベビーコーンをいつ食べても私には薬の味がする。これって私だけが感じる味覚だろうか。あのカワイイ姿とは裏腹に畑から農薬成分を思いっきり吸い上げたような人工的な味がする。いつか誰かに聞いてみたいと思いながら、いまだにそのチャンスがない。

2010年7月 8日 (木)

電話を優先する必要は無い

このタイトルを書いた私でも条件反射的に電話が鳴ると最優先して出ようとしてしまう。何とかこの行為を打破したいのだが、条件付けされた飼い犬のような行動になるからおかしい。あわてて電話に出ようとしてこけたり、頭をうったりと悲劇も起きるから大変。こけてまで出た電話が一方的なセールスの電話だったら怒りがこみ上げて来る。

昔、電話は貴重で高価な存在だったため、最優先するようになったのだろうか。今やそんな扱いをする必要はない。電話に出ない権利だってあることを学びたい。

腹が立つ事が起きた。役所で長い間、待ったあげくに自分の番が回ってきたところに外線から電話が役所に入り、私を担当しようとしていた男性がその対応を始めた。長々と電話で対応し始めたので、「電話は後にしてくれませんか。」と、大きな声を出した。その男性は困った様子で電話の対応を他の人に代わった。これも電話を優先した結果、招いた間違いと言える。

「電話、急げ」とは昔の話。
「善は急げ」に引っ掛けました。(念の為)

2010年7月 7日 (水)

無料回収所のしくみ

70726f647563742f3438663431323838383最近、あちこちの空き地に無料回収所が出来て家電品が無造作に置かれている。テレビや冷蔵庫などを処分する場合、リサイクル料が発生するが、自分でそこに持ち込めば無料で引き取ってくれる。通る度に家電品や自転車などの山が大きくなっていく。

この仕組みがなかなか見えてこない。調べてみると少し見えてきたのは、レアメタルが最大の目的のようだ。その他、鉄、リサイクル品、部品取りなど、専門の業者が細かく分類し、それぞれ販売される。

無料の理由は;
○廃棄物として集めるには廃棄物処理の許可が必要
●だから有価物として譲り受ければ許可は不要
○有料で集めるには古物商の免許が必要
●だから無料で集めれば免許は不要
○その後、免許を持つリサイクル業者に転売して収入を得る

これらが日本国内で正規なルート、方法で処理されればいいが、もし、東南アジアに渡り、民家の軒先や掘っ建て小屋で塩酸や硫酸をかけて基板の部品を溶かし、金やレアメタルを取り出しているとすれば大問題。有害な廃液は川や溝に垂れ流しに決まっている。処理中に発生する有毒ガスを吸い込んで健康被害も出るだろう。フィリピンでこの問題は既に発生している。

我々は知らないうちに環境汚染に手を貸していることになるのか。何かウラがあると思わざるを得ないビジネス。きっと一時的なものだろうが、近隣の人たちには迷惑な話。突然、空き地がゴミの山になり、二次的な問題が起きる危険性もある。それにこのままではリサイクル法が形無し。

佐賀新聞にも詳細が載っているのでこちらをどうぞ。

2010年7月 6日 (火)

ソーメンにワサビ

暑くなると冷やしソーメンを食べることが多くなる。私は生姜ではなく、ワサビをつゆに入れて食べるのが好きだ。ワサビを入れ始めたのはチューブ入りの生姜は何やら薬のような味がしてきて、とても人工的に感じるからだ。同じチューブ入りでも、ワサビは自然の味に近い。今では冷やしソーメンにはワサビが定番になった。それにしても生姜のあの変な味は何とかして欲しいもの。ハウス食品さん。

2010年7月 5日 (月)

厚かましいぞ大阪の家主たち

20年ぶりに大阪で生活することになる。何とか住家も見つかったが、結構、この物件にたどり着くのに苦労したし、イヤな思いもした。何と言っても「礼金」システムが厄介モノ。先日もこの件に触れたが、実際に現地の不動産屋に行って希望の物件を探し始めたときに、この礼金の壁が立ちふさがった。私の場合、「礼金を払う意志はありません」と、言った上で物件探しを始めたのだが、これでかなり数が限定されてくる。あらかじめネットで調査して物件を絞って行ったが、現実は厳しかった。大阪人の気質にこの礼金制度は全く合わないように思えるが、なぜ、いつまでも大家の横暴を許しているのか理解できない。
礼金
制度を持つ物件には入居者が集まらないような時代に早くなって欲しいものだ。

チカンはアカン!
礼金もアカンやろ!

2010年7月 4日 (日)

選挙で一致団結する宗教団体

選挙の時期になると音沙汰の無かった人から不意に電話が来たり、訪問を受けたりする。全て創価学会のメンバーたちだ。いつしか一種の風物詩になった。

目的の公明党への投票依頼を露骨に言ってくる人も最近は増えた。「期日前投票に一緒に行こう」と、強引な人もいる。私の場合、ちゃっかり昼食をご馳走になった上、送り迎え付きで期日前投票を済ませてきた。誰に投票したかは私しか知らない。

学会メンバーたちは事前集会で「頑張ろう」と決意して来たのだろう。選挙が宗教団体の一致団結の手段の一つに利用されている。私はその彼らを利用するオッサンである。

2010年7月 3日 (土)

許すな ワクチン拒否の農家

口てい疫が収束の様相を見せているが、まだまだ油断はできない。危険なことは、いまだにワクチン接種、処分を拒否し続けている農家がいることだ。東国原知事は「何とか農家に理解してもらい、穏便に解決したい」と、きれいごとを言って強制執行を行っていない。この判断は誤りで日本を危機に落とし入れる危険性があることを知事は認識すべきだ。直ぐに国が動いて、法律に従った行動を取るべきではないのか。口てい疫などのウイルスへの対処は時間との戦いであることを権威ある専門化や国はもっと強調すべき。ワクチン拒否の農家には警察が出動して強制執行するくらいの行動が必要だ。県の対応は甘いぞ!

2010年7月 2日 (金)

エスカレーター手すりに広告

大阪市内の地下鉄に久し振りに乗った際、エスカレーターの手すりに広告が貼り付けられているのを見てビックリした。浪速の商人魂を感じてしまう瞬間だった。「ここまでするか」と、言うのが正直な感想。

調べてみたら海外でもあるようだ。寿司ネタのようにそれぞれが異なる絵柄なら楽しいかもしれない。でも、手すりに見とれて降りるタイミングを見失い、ケガでもしたらアメリカでは訴えられそう。

その内、トイレの便器や便座、カバーにも広告が表れるのではないだろうか。

2010年7月 1日 (木)

こんな人と食事はしたくない

50、60や70代になってもマナーを心得ていない人はいる。特に食事の時にはその人の育ちが分かるとは良く言ったもの。私はこんな人と食事するのは遠慮したい。

○ クチャクチャと音をたてて食べる人
○ 口を閉じないで食べる人

○ 好き嫌いのある人
○ カレーとご飯を全部混ぜて食べる人
○ 早食いの人
○ 箸を持ったまま振り回して、話をする人
○ おかずをご飯にかけてネコめしにする人

ここまで書いたらすっかり食欲が無くなりました。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »