« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

マグロのレプリカ

021ロス近郊で日本人オーナーのすし店やレストランでマグロのレプリカを見かけたら、私とパートナーが販売した可能性が高い。1m30cm ~4mサイズのキハダマグロが良く売れた。

見本のレプリカを車に積んで持って回ったら、インパクト絶大で予想外の注文が取れた。寿司ブームで盛り上がっていたことも手伝った。

車からレプリカを降ろして、寿司店まで運んでいると周囲の人達が驚いたような視線をマグロに向けていたことを思い出す。アメリカ人の作るこのレプリカのレベルは非常に高く、日本の博物館へも納入した実績を持つ。

2010年6月29日 (火)

雨の日に聴きたい歌 3

田植えの時期、こんな曲を聴いてみました。田んぼではかえるたちも歌っていますが、「かえるのうた」はドイツ民謡って初めて知りました。

雨の日と月曜日は: カーペンターズ
歌の歌詞と意味はこちら

雨のバラード: 湯原昌幸 1971

2010年6月28日 (月)

捨てられないカセットテープ

022中学時代(1970年代)から録音してきたカセットテープが100本以上ある。中には私と一緒に太平洋を往復したテープもたくさんありアメリカ、メキシコでも聴いてきた。今回の引越しに際し、処分するものが多くあるが、想い出の詰まったカセットテープはなかなか捨てられないので大阪に一緒に行くことになる。車のオーディオもわざわざカセットテープが聴けるものを取り付けているので、車内でも聴ける。音楽に閉じ込めた想い出は大切にしたい。

2010年6月27日 (日)

直ぐにエアコン入れる人

私はできるだけエアコンに頼らずに自然の気温に適応するようにしている。季節ごとの環境に体が順応するように、体の持つ機能を最大限に使おうというわけ。寒いときは暖房、暑くなれば冷房と、年中、エアコンに頼っている人がいるが、そんな人に限って体の弱い人が多いように思う。

狭い車の中で隣の人と感じる温度差に違いがある場合は困りもの。勝手にエアコンを入れる人もいるが、これが一番、困るし、カチッとくる。せめて、「エアコン入れていいですか」と、聴くのがマナーと言うもの。でも、そんな人は日本には少ない。

私は出来るだけエアコンに頼らない生活で健康を維持している。要するにケチして健康なわけだ。幸い、今ではエコと呼ばれるから肩身が狭くないが、私の安上がりな健康法だ。

2010年6月26日 (土)

股開き運転のヤクルトレディー

041全国で活躍するヤクルトレディーたち。隣の家にも毎日、3輪バイクに乗ってレディーが元気にやってくる。

気になるのはヤクルトをバイクの足元にも置いて、それを両足で落ちないようにはさみながら運転する姿だ。

股を広げて運転する姿は正直、みっともない。でも、バイクに多くのヤクルトを効率よく積み込んで配達するためには格好など、後回しって言うのが本音だろう。

女性の強さを感じる瞬間でもあるが私は気になる。ちなみに、キュロットをはいているから、股を開いても下着は見えない。

2010年6月25日 (金)

柄の多い傘

Img102523926031柄(え)の多い傘をさしている人を見かけると、つい目で追ってしまう。おしゃれだし、風にも強そうだ。

写真の傘は16本も柄があり、価格は2万円近くするから私には手が出ない。でも、こんな傘だったら大切に使うだろうし、絶対に置き忘れはイヤだから気合が入る。久し振りに欲しいと思うものに出会った気がする。

こんな傘を持って素敵な女性に「もし、良かったら入りませんか?」って、言って見たいものだ。そしたら、女性は傘をちらって見てから「素敵な傘ですね」なんて言うのかな。そして私が「ぬれるから、もう少し中へどうぞ」次の瞬間、二人は目を合わす・・・っなわけないか。

2010年6月24日 (木)

中学英語で十分

時々、車でNHKの英語番組を聞く。昔のNHKと違い、肩のこらないリラックスした雰囲気で展開されており、聞き流すにはちょうどいい。また、運転しながらの自然な環境で自分の英語力を試すにもピッタリ。聞く度に思うことは、中学レベルの英語でかなりの日常会話やビジネスにも使えるということ。私の使っている英語のレベルを検証してみると、その殆どは中学レベルと分かった。でも、私の場合、語彙数が中学生よりも多いことと、英語に接してきた時間が長いため、スムーズに言葉が出る点が中学生とは違う。とにかく英語の基礎としては中学英語で十分だ。早く、英語を学科としてではなく、言葉として学ぶ体制が日本にも欲しいものだ。受験システムがそれを妨げている。

2010年6月23日 (水)

雨の日に聴きたい歌 2

毎年、雨の時期になると全国のDJたちが選ぶ定番曲。いつかカラオケで歌えるようになりたい。

雨に濡れても: BJ トーマス
歌詞と意味はこちら

悲しき雨音 カスケーズ
歌詞と意味はこちら

2010年6月22日 (火)

時代錯誤の礼金

大阪に引っ越す決意をした。元々、20年以上、住んでいた所なので、大阪に帰るという感覚の方が強い。賃貸住居をネットで探しているが、「礼金」という時代錯誤の習慣が大阪には残っているので困ったもの。「礼金」とは関東大震災や空襲の時、東京一帯が焼け野原になり、家を無くした人が多く出て貸家の供給が間に合わず、先に借りたい人が大家に賄賂を払ったことが「礼金」の語源になったよう。

私は礼金とか全く支払う意志は無いので、礼金ゼロの物件を探しているが限定されるからつらい。こんな制度をいつまでも放置しておいていいのか。法的に問題は無いのか。消費者センターへの苦情もあるはず。勇気ある弁護士が率先して改善にあたって欲しいもの。

2010年6月21日 (月)

初めてと始めて

誤字を指摘されるのはバツが悪いものだ。誤字と聞いて真っ先に出てくる単語は「初めてと始めて」だ。日本語を学習する外国人泣かせの言葉かもしれない。同じ発音だからしまつが悪い。この間、読んだ「ライ麦畑でつかまえて」の本にもこの間違いを2ケ所、発見した。正直、私も過去、これらの言葉で間違いをした経験がある。その後、英語に置き換えてみれば誤字が防げることを学んだ。
初めて=First
始めて=Start

に置き換えて意味が通じたら、正しいというわけ。

2010年6月20日 (日)

口てい疫 生石灰でヤケド

運動場の白線を引くのに用いるのは消石灰。今回の口てい疫の消毒に用いられている生石灰は水に触れたときに発熱する。宮崎県の職員が色んな部署から消毒や殺処分の応援にかり出されており、この生石灰で手や足にヤケドを負っていると聞いた。慣れない作業だから、大変であろう。家畜を埋める時にこの生石灰を大量に撒く。生石灰は水と反応して300℃近い熱を発するので、ウィルスは死ぬ。同時に土壌の殺菌にもなる。

2010年6月19日 (土)

雨の時期に聴きたい歌 1

雨音のする時期にはしっとりとした歌を聴きたい。この歌が最初に頭に浮かんだ。

小林麻美:: 「雨音はショパンの調べ
1984年4月発売。当時、よく流れていた曲で異国情緒あるれるイメージに酔ったものだ。ユーミンこと松任谷由美が日本語の詩を付けた。

原曲はイタリア人の
ガゼボ: 「アイ・ライク・ショパン
1983年にヨーロッパ各国でヒット。
是非、聞き比べていただきたい。

 

2010年6月18日 (金)

間欠ワイパーは必須

雨の国、ニッポンなんだから車のワイパーに間欠機能が付いていて当然でしょう。にもかかわらず、装備されていない車があるから、メーカーのセンスを疑ってしまう。

たとえどんな低価格の車種でもそれくらいの機能は付けべきだろう。梅雨に入り、どうしても通常のワイパーのONとOFFの間くらいの雨ってある。そんな時に間欠機能の無いワイパーってイライラしてくる。もっと言うなら、作動する間隔を無段階に設定できる方が尚よし。

2010年6月17日 (木)

わざと踏んでやる

小学生たちが帰宅途中、道路に何やら投げて、車が踏むのを待っている様子が前方に見えた。投げたのは石や空き缶などの危険物では無く、木の実のようだ。私の車が少年達の前を通過する瞬間が来た。あえてハンドルを操作して、木の実らしき物体を踏んで通過。直後にちょっとした手ごたえがハンドルに伝わる。ルームミラーにはあっけに取られた少年達の姿が映る。はたして私の行為は少年たちの期待にこたえたのだろうか。遠ざかる少年たちから視線を感じながらポルシェのアクセルを踏み込む。

せめてブログ上だけはポルシェに乗せてくださいね。

2010年6月16日 (水)

敷金返せ ダイワハウスに勝利

小生はいまだに賃貸生活。そんな中、またまた引っ越す可能性が出てきた。賃貸住宅の契約の際、敷金、保証金や礼金のことがわずらわしい。最近はそのような手数料無しで入居できる物件も増えているがまだまだ、数は少ない。思い出すのは4年程前のこと。姫路市のダイワハウスの新築賃貸物件に入居し、事情で3ケ月で出ることになった時のこと。敷金は入居時に3ケ月分、入れてある。担当者が退去時には家賃の1ケ月分を差し引くことを当たり前のように言ってきたので、不満を申し出た。その場では結論が出ずに、宮崎に移転後、大和ハウス宛に書簡を出した。その内容は「敷金の全額、返済を求める。私が預けた敷金から1ケ月分を差し引くことは認められない。敷金と現状復帰は別問題。私が入居した物件は新築であり、3ケ月で修復が必要なほどのダメージがあったとは到底、考えられない。もし、全額の返済が履行されない場合は、本意ではないが、裁判所に申し出を行うこととする。」と、こんな感じ。数日後、ダイワから電話があり、退去後のクリーニング代相当費用として小額の費用を差し引くことで合意した。敷金は全額を返済するのが当たり前。敷金と現状復帰の件は別問題だが、泣き寝入りする人が多い。O04560289103659683361 ダイワハウスには最近、ダイワマンがいるので手ごわくなっているかも?

2010年6月15日 (火)

見なくなったカタツムリ

Illust219_thumb1私の中でカタツムリはアジサイの葉っぱにいるイメージが強い。梅雨入りした今、そのカタツムリはどこにいるのか。地方都市の宮崎でも見つからない。少し山の中に入らないと会えないのだろうか。角を出してゆっくりと歩く姿を見たいものだ。それと町中から姿を消した理由を聞いてみたい。きっと「あんなところには住んでいられないよ」と、言われそうだ。

2010年6月14日 (月)

口てい疫 進入ルートのうわさ

口蹄疫のウイルスを誰がどこから持ち込んだのか、うわさが絶えない。そんな中でこんな話を聞いた。韓国で2010年1月に口蹄疫が発生している。その韓国からの酪農研修生の受け入れ依頼が宮崎県川南町の酪農家たちに来た。当初は皆、断ったが、ある宮崎県の政治家(E氏)が介入し、水牛を飼う農家が研修生2人の受け入れを受諾。その後、偶然にも最初に口蹄疫が発病したのは水牛だった。そのウイルスは韓国で発生したものにかなり近いというからウソに聞こえない。

2010年6月13日 (日)

注射後5秒でバタバタ倒れる牛たち

畜産業界の人から聞いた話。ワクチン接種された牛に殺処分のための注射をすると、何と5秒であの大きな牛がバタバタと倒れていくそう。牛舎内で注射しては埋める穴までの移動が大変なので、掘った穴の近くに移動させてから注射して埋めるらしい。将棋倒しのような光景と言うから恐ろしい。牛を育てた農家の人はそんな光景をとても見ることはできずに関係者に「花束をお願いします」と、涙ながらに頼むという。宮崎ではあちこちで募金活動が行われており、通常の募金とは比較にならないスピードで支援が集まっている。

2010年6月12日 (土)

黄色いランドセルを背負った外人女性

Img102435342281大阪、難波を歩いていたら、横道から外人の女の子が出て来て私の前を歩き始めた。白人の18、9歳くらいだろうか。

彼女のファッションに目が釘付けになった。ピンクのストッキングをはき、青のミニスカート、背中には黄色のランドセルを背負っているではないか。何といってもそのランドセルが目立つ目立つ!まるでアニメの世界から急に飛び出してきたかのようだ。

もしかして、クレヨンしんちゃんのファン?手にはJAPANと書かれたガイドブックを持っているから旅行者だと分かる。きっと母国のインターネットでランドセルを購入して、ホテルで着替え、念願の日本の街を歩いているのだろう。Imagecaklpkm1

もしかしたら、日本には沢山のコスプレの人たちが歩いていると期待して来たのかもしれないぞ。コスプレのイベントでもあり、その帰りだろうか。

それにしても1人で歩くとはなかなかの度胸の持ち主だ。街行く人達が彼女を目で追っている光景が何ともおかしい。このランドセルの女の子をわき見して交通事故が起きたら、ニュースでは何と言って伝えるのだろうと、おかしな思いが頭をよぎった。

2010年6月 7日 (月)

歯ブラシ5本のわけ

私は歯ブラシをいつも5本くらい常備して、その日の気分で使い分けている。毛先の太さ、固さや大きさが異なるブラシだ。色んなブラシを使うことで歯がきれいになるのではと思っているからだ。

仕上げは音波式電動歯ブラシで磨く。歯磨き剤も複数、用意。ここまでするのは歯医者に行くのが怖いからだ。もう10年以上は歯医者に行ったことがないが、出来ればこのまま死ぬまで行きたくない。医学が進歩しているのにいつまでもアナログ的な怖い治療をする歯医者は怖いし、嫌いだ。

2010年6月 6日 (日)

雑学情報

面白い情報を見つけたので紹介します。

●右利きは左利きより平均9年長生きする。

くしゃみを我慢すると、脳や頸部の血管が破裂し死をもたらす場合がある。

ゴキブリは自分の頭がなくても9日間生き延びるられる。

●ライターはマッチより先に発明された。

へぇ~

2010年6月 5日 (土)

車のハンドルは汚い

車を掃除する際に見落とされているのがハンドル。ハンドルは結構汚れているし、かなり不潔な状態。アカがこびりついている場合もある。

先日、他人の車を運転することになった際、ベタつくハンドルが気になり、車内にあったタオルで拭いてから乗った。

あなたの車のハンドル、最後にふいたのはいつですか?濡れたタオルでふいてみてはいかがですか。その汚れに驚くことでしょう。

2010年6月 4日 (金)

口てい疫 発生地の消毒体験

口てい疫が発生している宮崎県川南町に仕事で出かけた。農場周辺は白い消毒剤がまかれで真っ白。農場に通じる道路は通行止めの看板。農場周辺の道路を散水車が消毒液を撒きながら走っている。

川南町を出る際の消毒ポイントでは真っ白な防護服を着た人が左右に立ち、車全体に消毒液をかけるという徹底振り。宮崎市内に入るまで4ケ所の消毒ポイントを通った。1日も早く正常化して欲しいと願う。

明日から大阪に行くが、宮崎からの訪問者ということで口てい疫の話題は避けられないだろう。

2010年6月 3日 (木)

フィリピン人の友達

ロス在住の時に知り合ったフィリピン人女性のエマからメールが数年ぶりに届いた。「どうしているの、遊びに来て」と、短いメールだったが、覚えていてくれて有難い。彼女の女友達と3人で食事したり、カラオケに行ったりしたものだ。

彼女達はフィリピンから介護士として渡米し、永住権も持っている。フィリピンでは買えなかった品々や新車も買い、アメリカでの生活を楽しんでいた。彼女たちはこの地でずっと生きて行くのだろう。

当時、私の乗っていた車や服装を見て、「日本人なのになぜ、もっとしゃれた服を着ないのか?いい車に乗らないのか?」など、散々なことを言われた。彼女達は日本人は皆、金持ちと思っているようだった。私がそのイメージを壊したのかもしれない。

I love you をフィリピン語で教えてもらい、毎回、挨拶の言葉として使った私をエマたちは笑った。「マハルケタ」(Mahal Kita)と言う。ロスでまた彼女達と会いたいものだ。

2010年6月 2日 (水)

ヘタクソ野球 恩家宝首相

中国の温家宝首201005310560001thumb1 相が来日中に野球が好きだと言って打席で打つシーンとキャッチボールをする姿がTVに流れたのを見て思わず笑ってしまった。そのへっぴり腰の姿は全く運動センスのないことは素人目にも明らかで、今まで野球をしたことがあるのかと疑ってしまうようなレベル。

生まれて初めて打席に立ちバットを振ったと思われる。もしバットにボールが当たったら、三塁方向に走っていくかもしれないぞ。ボールを投げるフォームは、砲丸投げでもするような投げ方で、運動神経の鈍さを露呈している。あんな見苦しいシーンに気付いていない本人がかわいそう。

「私も野球が出来きて、先進国の仲間ですよ」と、懸命にPRしているように見えるから滑稽。おそらく、劣等感からの行為でしょう。きっと先進国の仲間入りを果たした姿を見せたかったのだろうが、ちょっと背伸びし過ぎ。太極拳だけをアピールする方が良かった。さぞかし後で筋肉痛になったことでしょう。外交で無理してもバレてますよ温家宝さん。

2010年6月 1日 (火)

正露丸は効く

Seirogan1下痢やおなかの調子が悪い時に私の場合、正露丸を飲むと殆どの場合、治るから助かる。効果が出る理由の一つは「正露丸を飲んだら治る」と、思い込んでいるところが大きいかもしれない。それくらい、正露丸には大きな信頼を置いているので、相乗効果もあるだろう。

お世話になるのは年に1~2回程度だが、有難い存在。もし、疑薬を飲んでも私の場合、治ると思い込んでいるので、ある程度の効果が出るだろう。これをプラシーボ効果と言うが、本当に効果が出るのだから人間の体は不思議だし、まだまだ未知の部分は多い。

それにしても正露丸には こんなにも種類があるとは知らなかった。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »