« 日本からの子供 in ロス | トップページ | マリセラ 最高! »

2010年4月28日 (水)

猫が出てくることわざ

猫にまつわることわざを誤って使っていたことが分かった。が出てくることわざをまとめたページに出会って判明。

「猫、馬鹿、坊主」と、いうことわざを、「猫と馬鹿と坊主は食いっぱぐれしない」と、思っていた。猫は残飯を食べるし、馬鹿な人は誰かが恵んでくれるし、坊主はお経をあげたら恵みがもらえる。

ところが、本当は「主人の横に座るのは、猫か、馬鹿か、坊主くらいのものである」という意味で、普通、席につく時は、あまり上座に座るものではないという意味。

誤った解釈を私に教えたのは母だった。でも、母の解釈も正しいような気もする・・・?

« 日本からの子供 in ロス | トップページ | マリセラ 最高! »

知っ得情報」カテゴリの記事