« しゃぼん玉の歌 ビックリ背景 | トップページ | アメリカ運転免許証で臓器提供の意思 »

2010年3月23日 (火)

お茶を挽(ひ)く 意味は?

70代男性が使った「お茶を挽く」の表現が分からずに、その意味を尋ねると、「当てが外れた」の意味だと言う。何となく気になったのでネットで調べてみると、次の意味であることが分かった。

「お茶を挽く」とは、水商売や風俗関係で、お客さんがつかずに暇な状態。

江戸時代、幕府に高級遊女を呼んで、茶の接待をさせる習慣があった。接待役を命じられた遊女は、その前日は客をとらずに、お茶を挽いて過ごしていたそう。幕府のお役人に対する気遣いだろう。そこから、遊女が暇な状態を「お茶を挽く」と言うようになった。ちなみに「お茶を挽く」というのは、お茶の葉っぱを挽いて、抹茶などを作ること。
今も水商売や風俗業界でこの表現が使われているのだろうか?

お茶にまつわる言葉はこちら
実にたくさんあるものです。

« しゃぼん玉の歌 ビックリ背景 | トップページ | アメリカ運転免許証で臓器提供の意思 »

知っ得情報」カテゴリの記事