« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

兵士と馬の銅像

8812be8aaccded59c5f0866b58f32edb_s1馬に乗った兵士の銅像で、馬が両足を上げている場合、その兵士は戦いで命を落としたいう意味。

前足を片足だけ上げている場合は戦いの負傷が原因で命を落とした。

馬が足4本を地につけている場合は生涯を全うしたという意味。アメリカの情報なので他の国に関しても同様かは不明です。

このことを知っている人は少ないと思われる。

2009年11月29日 (日)

ニセ和牛霜降り肉(注入肉)を輸出

04bbd1a42b1cb6f785ce37a1ac2306bf1

オーストラリア等から輸入した赤身ビーフに牛脂などの成分を注入して霜降り肉に見せかけた「牛脂注入肉」が海外に輸出されている。和牛として輸出されているから違法早期に実態を把握して摘発して欲しい。外国の消費者の中に知らずにインチキ和牛肉を食べている人がいる。

業務用の加工機は100本位の注射針があり、白色の特殊液体を注入して冷凍。カットするとサシ入り牛肉に見える。成型肉の加工自体は合法だが、その旨の告知は必要。もし、注射針の消毒が不十分だったり、肉の調理温度が足らない場合、病原性大腸菌0-157の問題が起きる。

2005年にフォルクスが成型肉を告知せずにメニューに出して排除命令を受けた。これは内部告発で判明。今では「どん」と言う名前に改名したが、2009年9月に0-157による食中毒を起こした。「Don't」に改名したらと、言いたくなる。安いステーキ肉は成型肉と、疑った方がいい。

2009年11月28日 (土)

相撲 負けが続いて休場は卑怯

Sumo_g1301ずっっっと前から思っていたが、相撲で負けが続いたら必ず「休場」する。その際、良く仮病を使う。これって卑怯以外の何者でもない。相撲のことなど、どうでもいい私だが、この件は黙っておれない。

負けても負けても立ち向かっていく姿勢にも意義はある.。本人の意志は全く考慮されずに親方や相撲協会が一方的に休場にさせている点も問題。

力士は負けが続いたら「土俵に上がったらあかん病」になるのか?相撲の話題はこちらこちらにも毒舌意見が。

2009年11月27日 (金)

肉巻きおにぎり

08241613_4a923d8bcbdc41 宮崎発祥の食べ物として「肉巻きおにぎり」の紹介。名前のとおり、おにぎりを肉で巻いてあるもの。肉は漬け込んで味付けがされている。チーズ入り、ピリ辛などもあり、価格は1ケ250円~。牛肉と豚肉の肉巻きがあり、ハンバーグ感覚で味わえる。宮崎市内では取扱店が増えてきており、ちょっとした話題の商品。他府県へ進出している会社も出ており、ヒット商品となるか。
色々な肉巻きおにぎりはこちら
作り方はこちら

2009年11月26日 (木)

死んでから国民栄誉賞

Gnj0911210506008s612009年11月10日に96歳で亡くなった森重久彌さんへ国民栄誉賞が贈られると言う。本人が亡くなってから国民栄誉賞をあげることに違和感を感じる。日本人の潔癖、完全主義的な考えが裏に潜んでいるように思えてならない。ゆがんだ考えかもしれないが、もし、受賞者が受賞後に犯罪や問題を起こしたら、栄誉賞の権威が汚されるとの懸念があまりに優先されているような気がする。立派な功績をあげて国民的価値があると判断された時点で、国民栄誉賞をあげるべきだ。人生の輝ける期間は長くない、その時期にタイミングよくもらった方が嬉しいに決まっている。国民栄誉賞の選考規準である「スポーツ・芸能などの分野で、前人未到の業績を挙げたか、国民的盛り上がりがある」にも反するではないか。

もし、受賞後に当人が犯罪を犯し、逮捕されるような事態があっても、それを受け入れられる社会が成熟した社会。残念ながら、そんな社会は私が生きてる間にはやって来ないだろう。
受賞者の一覧はこちら

2009年11月25日 (水)

cm インチ 単位について

003_2_31日頃、何気なく使っている単位に矛盾を感じる。日本での長さの基本単位はセンチ、メートルだが、テレビ画面、自転車やタイヤのサイズはインチを使っている。電気店でお年寄りが孫とテレビ画面の大きさの話をしていた。「32インチでいい」「42インチが欲しい」
1インチが何センチ(2.54cm)かも知らずに使っており、知らなくても問題は起こらないから面白い。

2009年11月24日 (火)

食品は傷むもの

身の回りに長期間、保存されている食品を見て、ふと、忘れかけていた感覚を覚えた。「なぜ、腐らないの?傷まないの?」そう言えば最近、傷んだ食品を目にすることが少なくなった。

便利で快適な時代の裏側で添加物と化学技術が大運動会をしているような気がする。残念ながらそれは当たっているだろう。添加物の含まれていない加工食品は無いし、自宅で原料から調理しても、その原料や調味料に添加物や保存料が使われている。ある程度は受け入れないと現代社会には生きられないが、誰かが警鐘を鳴らし続ける必要は感じる。

ジャガイモから芽がでないのは発芽抑制剤や放射線処理が使われているからと知り不安になる。

21_011
          ジャガイモの射線処理中

食品が傷むのは当然であり、保存方法と効率よく使い切る知恵の継承が薄れているようで悲しい。

2009年11月23日 (月)

スチーム・アイロンはインチキ品

1450_12064348441テレビショッピングで見かけるスチームを吹きかけて衣類のシワをとるアイロンは誤解を恐れずに言えばインチキ品です。

私は10年ちょっと前にロスでTVを見ていて、感激し、衝動買いした。届いたプラスティック製のちゃちなアイロンにまずがっかり①。塩水を入れて使ってみてがっかり②。

最近、知人が購入して「騙された」と、言ってた。あのCMは誇大広告でしょう。皆さん、買ったら後悔しますよ。

2009年11月22日 (日)

粉塵爆発

韓国プサン射撃場での爆発死亡事故は粉塵爆発とのニュース。小麦粉、砂糖やプラスティックでも爆発するというから驚き。小麦粉や砂糖などの粉塵が空気中に飛散する中に火花が飛ぶと、次々と燃焼して爆発を起こすというものらしいが、化学知識の乏しい私にはキツネにつままれたような話だ。

可燃物の粉塵なら危険だと思うが小麦粉が爆発するとは私には想像できない。粉塵の大きさ、面積、湿度、温度、火元など、どんな条件化で爆発が起こるのだろう。うどん屋やお好み焼き屋にも危険は潜むと言うこと?お好み焼き屋が爆発したなんて聞いたこと無い。

2009年11月21日 (土)

死刑執行前日にインタビュー

テキサス州で死刑の執行を翌日に控えた囚人に日本のTV局がインタビューしていた。たまにこの様なシーンを見るが、その度にアメリカって国はオープンだな~と感じる。インタビューに応じた30代男性の素直な言葉にも少し驚いた。出来れば生きたいと願いながらも、罪と罰を受け入れて死ぬ覚悟は出来ていると言う。アメリカで死刑執行の半数がテキサス州とのこと。同州では薬物による執行でその場所も写し出された。窓越しに州や被害者関係者が執行を確認する。皮ベルトで体を固定して薬物が注入される。その彼はもうこの世にはいない。

2009年11月20日 (金)

ペットで医療費ダウン

Ss20091104095442226411 ペットと良好な関係で暮らしている人は、健康で医療費が少なくてすむというデータがある。分かるような気がする。ペットから癒されることは確かだし、素朴な仕草と多くを求めない態度に心が洗われる。海外ではペットを医療現場に持ち込む試みも行われており、患者を薬漬けにするよりも、効果のあるケースもあると言う。ペットたちは医療現場に一石を投じることになるのか。

2009年11月19日 (木)

一姫二太郎

この慣用句を年配者でも誤解している人がいる。子を持つには、最初は育てやすい女の子で、次は男の子がよいという順番を表す伝え。女の子1人と男の子2人の意味では無い。

女の子の方が男の子よりも夜泣きが少なく、病気にもなりにくいし、女の子の方が母親の手助けをしてくれるため、女の子を最初に生むと理想的な育児が出来るという考え

また、最初に生まれる子は後継者となる男子が望まれていたため、女の子が生まれて失望しないために、慰めの意味でも「一姫二太郎」は使われた。
詳細はこちら

英語での表現は;
1, The lucky man has a daughter for his first fruit.
2, Have a girl first, and a boy next.

2009年11月18日 (水)

スポーツとは思えないカーリング

Ss20080316212658112781_2氷の上を花崗岩でできた20キロのストーンを滑らせて的を狙うものだがスポーツには到底、見えない。寒い地方の冬場の余暇としてスコットランドで誕生したゲームと見るのが妥当。スポーツと呼んでは他の長く苦しい練習をしてきた選手たちに失礼と言うもの。あんなのスポーツじゃない。

カーリングは子供の頃に遊んだ「おはじき」と近いレベル。いつかおはじきもスポーツと呼ばれる時代がくるの?
Recommends_04_02_051

2009年11月17日 (火)

オペラ座の怪人

C0000139_01 人生で初めてのミュージカル「オペラ座の怪人」をニューヨーク、ブロードウェイで観た。あらかじめ日本語でストーリーを読んでいたので心配なく楽しめた。席が前から2列目で、出演者の生声や息遣いも伝わり、より感動的だった。銃声の大きさに驚き、火力からは熱さも伝わってきた。厳しいオーディションを合格してきたプロの演技と認めるレベルだ。小道具類や衣装も手抜きは無い。舞台下の楽団も20人前後で演技と見事にマッチしていた。本場のレベルの高さを素直に認めて、あらためて拍手をおくる。

2009年11月16日 (月)

人工衛星で犯人追跡

_1679321_indiasatelliteisro3001 悲惨な事件が後を絶たない。殺害後、死体をバラバラに切断するなど、あまりにむご過ぎる。このような犯罪には単なる殺人罪とは異なる、重罰を科すべきだ。

犯人の追跡に人工衛星は使えないのか。人工衛星の凄さは一般人もグーグルアースで知ることができる。軍事レベルの衛星なら更に詳細な映像が見られる。最新衛星では縦横4cmまで識別できるという。そんな技術を犯罪捜査に使えばよい。犯人が車で逃走しても衛星から追跡すれば、逮捕率は急激に上がるはず。また、犯罪の抑止にもつながる。まるで映画のようだが、既にその技術をアメリカは持っているはず。

2009年11月15日 (日)

新田原 (ニュータバル)

Img_second1
宮崎県に航空自衛隊の新田原基地がある。その読み方がなんともユニーク。「ニューたばるきち」と読む。漢字の「新」を英語読みするところが感性をくすぐる。ここの航空ショーは日本一との評判で全国から見学者が来るほど。

基地をかかえる新富町(しんとみちょう)には「ニューリッチホテル」がある。

2009年11月14日 (土)

試される常識 返信ハガキ・封書

Step3pic021

おかしな習慣の1つに結婚式などの招待状に同封されている返信ハガキの書き方がある。自分の住所を書く欄の御を消したり、御出席の御を消したり、宛名欄の○○行を消して、様を書いたり。常識を試されてる気がしてならない。

これがへりくだった日本文化と言うなら、時代錯誤と指摘したい。先方の手間を省いてあげる方法が親切というもの。わざわざ相手が文字を消すことを前提に文章を書くなんてナンセンス。

私は自分への返信用の封筒やハガキの名前には様を書いて出すことにしている。先方はいちいち様を書かなくてすむから助かる。
常識にとらわれた人には「こいつは常識のないあつかましいヤツ」と、思うのだろう。私はそんなことを考える人の先にいる。

2009年11月13日 (金)

映画 「2012年」

2012_small1

マヤ文明のカレンダーは2012年12月21日が最後の日。これを題材にした映画が2009年11月に封切される。概要は次の通り。

2009年、トップクラスの科学者のチームは、地球が滅亡に向かっているという事実をつかんでいた。2012年までにできるだけ多くの人類を救出するようにと世界各国のリーダーからの要請を受けていたが、人類すべてが滅亡への一途を辿る運命にあるのは明白な事実だった。

そんな中、リムジン運転手として生計を立てながら小説家を目指すジャクソンは、子供2人と旅行中、偶然、干し上がった湖底に建てられた巨大なリサーチ施設を発見する。そして政府が隠蔽している地球滅亡の真実を知ってしまう。ジャクソンは自分の家族、自分自身の身を守る為に必死で生き残る術を模索しはじめるが、大地震、火山の噴火、津波など次々と恐ろしい天災が地球を襲ってくる……。

映画の予告編はこちら

この映画の特殊映像の製作に日本人青年が活躍しているとTVで知った。

2009年11月12日 (木)

プルタグ集める客室乗務員

1d8527d8b02989621 ユナイテッド航空のアメリカ人客室乗務員が機内で、空き缶からプルタグを取ってポケットに入れていたのに気づいた。私の席にまわってきた彼女に、外したプルタグを渡すと、"Oh, Thank you."と笑顔が返ってきた。わけを聞くと子供が学校で集めており、備品の購入に充てるそう。日本でも子供たちが集めて車椅子を調達していると伝えると、「そうなの、それは素晴らしい」と、空の上で日米間エコの話ができた。車椅子1台の調達にドラム缶2ケ分のプルタグが必要。

2009年11月11日 (水)

ミルクを大人になっても飲むのは人間だけ

Cow_r1_c11
ミルクを大人になっても飲むのは人間だけってご存知?だからと言って、大人はミルクを飲む必要は無いということではありません。

哺乳類で人間だけが牧畜を行っているから、栄養価のあるミルクが常時、手に入るという理屈です。カルシウムの摂取にはミルクが効果的なようです。

ところが、ヨーロッパにはこんなことわざが「健康のためにミルクを飲む人よりも、そのミルクを配達している人のほうが健康である。」

2009年11月10日 (火)

進化論を信じないアメリカ

Img01_01_shinka1 

アメリカで進化論を信じている人は半数に満たない。

1、進化論を信じるか?

  はい       : 35% (日本は95%)
  いいえ    : 35%
  分からない: 29%

2、どのようにして世界が創られたか?
  神によって: 45%

12539891391
チャールズ・ダーウィン (1809-1882)

2009年は進化論を確立した英博物学者チャールズ・ダーウィン生誕200年。ダーウィンを主題に描いた映画「クリエーション」が、米国での上映を見送られている。複数の配給会社が、進化論への批判の強さを理由に配給を拒否した。という見方と、この種の映画では集客が見込めずにビジネスにならないとの意見もある。

2009年11月 9日 (月)

May I order you?

アメリカのレストランでのちょっと笑える話。メニューを見た後、注文が決まり、ウエイトレスを呼ぶ時に出た英語。

「May I order you?」 (あなた注文していいですか?) 当人は「あなた注文していいですか?」と、言いたかったのだが・・・

これを聞いた20代前半の若いウエイトレスはビックリ。幸いジョークの言える子で「No. You can't eat me.」(私は食べられないわよ)と返事。

2009年11月 8日 (日)

もう行列はできない法律相談所

Tv_horitsu_photo1

久し振りにこの番組を見た。橋下弁護士は大阪府知事に、丸山弁護士は国会議員となり2人が抜けた後、番組の趣が変わったようだ。弁護士たちがしゃべる時間はかなり削減されてしまい、島田紳助の毒舌が大半をしめるトーク番組になってしまった。面白くないのでチャンネルを替えた。

この番組から2人の政治家を出したのは凄いと思うし、紳助の活躍も大きいことを認める。でも、番組タイトルとは大きくかけ離れてしまった内容で、ダラダラと惰性で放送を続けるのも惨めなもの。すっかり色あせた二流番組へとなった。番組の消える日もそう遠くは無いだろう。番組のタイトルも「行列ができた時代もあった法律相談所」にしたら?

2009年11月 7日 (土)

見直した! 山瀬まみ 

F530ad79350b59381山瀬まみのことを「舌足らずなしゃべりをする単なるバカ」と思っていた。ところが、最近、TVで見る彼女は自然な態度の中に理性があり、気の利いたコメントやアドリブも放っている。今ではすっかり彼女のことが好きになってしまった。

そのきっかけはNHKの「ためしてガッテン」だ。この番組で出演者のレベルが分かる。顔だけで生きているアホ女優は的外れな返事で、直ぐに化けの皮がはがれる。レギュラー席の山瀬まみは良くその場の空気を読んだコメントで番組には欠かせない存在となっている。

「新婚さんいらっしゃい」でも、桂三枝のとっぴな言動やエッチな話題にもうまく、対応していることろも評価できる。

ごめんね、まみちゃん。誤解してて。応援しているからね!

2009年11月 6日 (金)

アガペーの愛(見返りを求めない愛)

キリスト教の教えに「アガペーの愛」がある。見返りを求めない無償の愛とか無条件的絶対愛の意味。日本で物のやり取りを行なうたびにこの言葉を思いだす。

人から物をもらったら、お返しをしないと気がすまないタイプの人がいる。返すまで、夜もよく眠れない人もいると聞いたことがある。お返しすることで世間体というルールを自分は守ったと、思っているのだろう。

先日、アメリカからチョコレートを買ってきて、身近な人達に配った。素直に「ありがとう」とさえ、言えない人もいる。別にその言葉を求めているわけではないが、少しさびしく思う。でも、そんな事を思う時点で、私はアガペーの愛には失格である。アガペーの愛は何かを他人にしたり、あげたりした時点で満足する。何ら見返りを求めずに行う。見返りの言葉さえ。
 
  
これを知ったとき、究極の生き方だと思うと同時に、打算深い自分を恥ずかしく思えた。私はキリスト教徒ではないが、この考えは100%受け入れられる。その実行は一生の課題。

2009年11月 5日 (木)

うまい! 野崎漬物CM

Top_image1

宮崎のテレビCMで「うまい」と、思ったのが「野崎漬物」。完全にやられたと思った。就職活動に悩む野菜たちが、余裕のナス君にあこがれるという内容。

「ナス君、就職が決まったって本当?」
「本当さ。就職先は野崎漬物さ」。

この他、野球編、温泉編、冷汁編がある。CMを見てみたい人はこちら

2009年11月 4日 (水)

回転寿司のカラクリ

1皿100円の回転寿司に前々から何か胡散臭さを感じていたが、とても説得力のあるブログを見つけたので紹介。

題名もずばり「回転寿司と真相の食品のカラクリ」。良識ある消費者は是非、一読をお勧めする。口にするものだから知識として蓄えていただきたい。

回転寿司ではいわゆるニセモノ魚、着色剤、保存料、食品添加物のオンパレード状態。客の目の見えない奥では、ネタ、シャリの使い回しが当然、行われている。

*赤マンボウはマグロに変身
*アンギーラ(海ヘビ)はアナゴに変身

Photo_2521
   アンギーラ(ペルー産)

2009年11月 3日 (火)

京都名物「八つ橋」 提案と夢と現実

Y151

京都名物の「八つ橋」をもらい、懐かしい味を楽しんだ。一袋全部を一度には食べきれないので袋を密閉して保存した。でも、完全密閉ではないため、翌日は少し硬くなっているように感じた。そこで同封のハガキに「ジッパー袋」の提案を書いて投函。
しばらく後、「素晴らしい提案をしていただき、有難うございます。是非、工場見学に招待したい。」とのレター。それにジッパー袋に入った新商品の詰め合わせが届いた。・・・は夢で、現実はお決まりの文章とロゴ入りシールが郵送されてきて、ガックリ。この程度の会社かと思いながら、シールはゴミ箱へ直行。

良く考えれば、この種の菓子にジッパー袋の採用提案は誰でも思いつくレベル。単純な私は夢をみてしまった。八つ橋は甘かったが現実は厳しかったという話。

2009年11月 2日 (月)

テレビ・ショッピング うまい!

さすが本場アメリカのテレビショッピングはうまい!リズミカルな口調で視聴者をどんどん引き込んで行く。つい衝動買いしたくなってしまうから不思議だ。きっと人間心理を研究し、緻密に計算された速さ、リズムと繰り返しの理論があると思う。 アメリカでは様々な基礎研究が盛んに行われているから、人間心理学、行動学などの研究がベースにあるのだろう。

「ジャパネットたかた」の名物、高田社長もうまいと思うが、背景に何かしらの理論があるのだろうか?単に個人的な天性に頼っているだけだろう。

2009年11月 1日 (日)

裸の大将に ほのぼの

M0000193620100021

久し振りにTVで「裸の大将放浪記」を観て、ほのぼのとした気持ちになった。「フーテンの寅さん」シリーズと共に、私の好きな映画だ。飾り気が無く、人間の本質を自然に表現しているところが気に入っている。

芦屋雁之助の他界後、お笑い芸人の塚地武雄を活用しての復活。塚地はうまく山下清を演じており、違和感を感じさせないが、少しばかりタッチが軽過ぎる気もする。

裸の大将は現代の世知辛い世の中に安らぎを与えてくれながら、人生で何が大切か、強いメッセージを送っているように感じる。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »