« 超能力者 ジム・ワトソン氏 | トップページ | 相撲をギャンブルに »

2009年9月27日 (日)

「雲の上の人」へ

Ph_031

JALの経営危機にひと言。
客室乗務員に美人としゃれた服はいらん。
客室乗務員は「雲の上の人」に違いないが、仕事内容はウエイトレス。でも、地上の高級レストランのウエイトレスには到底、及ばない。
高級店では多彩なメニューやその日のお勧め料理など、高度な知識とサービスが要求されるが、雲の上では
「レンジでチン」レベル。それに料理の種類もせいぜい3種(ビーフ、チキン or フィッシュ)。

なぜ、そんな仕事が女性の人気職業なのか?海外では単なる普通の仕事の選択肢の1つに過ぎない。特別な職種に祭り上げてブランドにしたのは日本だけ。「JALスマイル」を社員一同、続けた結果が経営危機。

アメリカの大都市間を結ぶシャトル便は日本の電車感覚。座る席は決まっておらず、空いている席に座る。

無駄な飛行場をあちこちに作り続けて来た金権自民党政治にも責任あり。新政権、民主党の前原国交大臣、頑張れ!

« 超能力者 ジム・ワトソン氏 | トップページ | 相撲をギャンブルに »

ここが変だよ日本」カテゴリの記事