2017年11月11日 (土)

「モルト女子」 ミニ樽が産経新聞で紹介された

2017年11月9日の産経新聞でミニ樽が紹介されました。

ウイスキーを自家熟成させる「ミニ樽(たる)」で経年変化した味を楽しむ愛好家が増えている。ニッカウヰスキー創業者の半生を描いたNHK連続テレビ小説「マッサン」が火付け役となりウイスキーブームが続く中、ミニ樽の売れ行きも好調という。専門家は「ドラマの影響で『おじさんの酒』というイメージが薄れ、若年層に人気が広がっている」と分析。ウイスキーにハマる「モルト女子」も現れている。・・・記事全文はこちら

10月に記者から電話があり、女性とウイスキーをテーマにした記事を書きたいとのことだった。記者がプライベートで入ったバーでウイスキーを自宅で熟成するミニ樽の存在を知った。ネットで当店の存在を知り、取材に来た。

Img_3663私が「女性が樽キープしているバーがありますよ」と言うと、そこに出向いて取材をしたいとのこと。早速、関係者に連絡を取り、取材日を決める。写真は取材風景。

2017年10月26日 (木)

「電話してくるヤツと仕事をするな」って分かる

ホリエモンが本で「電話してくるヤツと仕事をするな」って書いている点には私も同感。電話って急な時、以外にされては困るというもの。こちらの事情も知らずに一方的に電話されたら迷惑でさえある。

電話を頻繁に使う人の共通点は仕事が出来ないこと。その点は見事に当たっているから滑稽。こんなことを書きながら数人の名前が浮かんでくる。彼らには申し訳ないが社内の評価も想像がつく。

電話の内容がメールで用が足りる場合、怒りが込み上げてくると同時にこの人への評価は更に下がる。インターネットが無い時代にはこんなことは無かった???

2017年10月11日 (水)

ミニ樽プランター タテ&ヨコ型

Img_3644
天使のミニ樽を使ったプランター。作業の合間に加工。これに植物を植えるとオシャレ度は抜群!タテ型とヨコ型の2種類。サイズは1リットル、2リットル、3リットルと5リットルあり。アンティーク風にペイント。購入はこちらから。

2017年10月 9日 (月)

夜中、徘徊する老人を保護

昨晩は初めての経験をした。23時半頃、誰かが庭を歩く足音で目が覚めた。独り言をつぶやきながらグルグル回っているようだ。布団から出て2階の窓からのぞくと白髪の老人が歩いている。変だ!直ぐに痴ほう症の老人が徘徊しているのだと悟った。

家の電気を付けて外に出ると知らない老人がよろよろと歩いている。同じ場所をグルグルと何周も。「ちょっと休みませんか?」と声をかけると「県警本部の〇〇です。ご苦労様」としっかりした返事が返ってきたのでちょっとビックリ。

現役時代はどこかの警察官だったのだろうか?知的な感じはする。玄関近くに呼び寄せて110に電話。事情を説明すると「警察官を行かせます。」とのこと。家の前の道路に出て警察を待っていると女性が現れておじいさんを探していることが分かり、引き渡す。事故になる前に見つかってよかった。高齢化の問題は直ぐ近くでも起きているのを実感。

 

2017年10月 1日 (日)

20年ぶりの再会

昨晩は楽しかった。アメリカで働いていた頃の日本企業の仲間たちと20年ぶりに京都で会った。不思議なもので会って直ぐに20年のギャップなど吹き飛んでしまった。皆、アメリカで一番、暑いと言われるエリアで過ごしたことは連帯感を強めるようだ。夏場は40℃を超える地域なのだから・・・

当時、それぞれ異なる3社で働いていて、私以外の2人は大企業なので今も同じ会社。二人とも出世している。テレビに出た人もいた。

順にその後の経緯を話すとそれぞれに面白い人生を歩んでいる。彼らの会社は大きく、世界に拠点があるので今もあちこち出張しているとのこと。かなり差をつけられた感じがする。

最後に私の番が回ってきて話し始めた。まずは昨晩からかぶり始めたウィッグから話さざるを得なくなった。皆の目線が私の頭にあることに気づいたからだ。「実はウィッグです。」と、告白すると一斉に「ホー」と、声が上がった。「髪が増えてるからおかしいと思った」「似合ってる」「高いんでしょう?」・・・次々に質問が飛んでくる。

ウィッグを見る目を持つ人は少ないから助かる。私のウィッグは安いものだがほとんど人に数十万のウィッグに見えるようだ。この話題で一気に場が和んだのは事実。「〇〇さんらしいわ」で次の話題に移る。   

つづく

2017年9月21日 (木)

ミニ樽プランター

Img_3455使わなくなったミニ樽の再活用として「プランター」を作った。これが結構、オシャレで気に入っている。樽は本格的なモノだからどっしりしているし、植物との相性もバツグン!一気に数個、作ったのでホームページでも販売することにした。

2017年9月 4日 (月)

ウイスキー自家熟成キット

Photo
世界に1つ自分だけのウイスキーを造るための「モルト・ウイスキー樽熟成キット」販売開始!

ウイスキー愛好家のために国内蒸留(山梨県)のモルト原酒とヨーロッパ・アジアの若いモルト原酒をブレンド。熟成3年前後のウイスキー原酒(58度)にウイスキーに水割り最適な天然高アルカリイオン水とミニ樽をセット。

山梨県のウイスキーメーカーとリカオー、それにアイリーの3社コラボにより実現!
お求めは楽天市場リカオーからどうぞ

セット価格:39,900円(税込)
【内 容】
ウイスキー原酒(58度) 750ml×3本
裂石温泉の源泉  2L×3本
天使のミニ樽  2Lタイプ
オーク棒2本入り ×1袋
ステンレス製じょうご ×1個

2017年8月27日 (日)

REDをミニ樽で90日間、熟成

Img_6929
ペットボトル入りのサントリーREDをミニ樽で熟成させた。左がペットボトルに入った状態で右が90日後。しっかり色が付いて濃くなっている。

味はアルコールのトゲが取れてまろやかに。これをREDだと当てる人はいるのか?

2017年7月22日 (土)

歩きスマホ 略して あホ

Photo歩きスマホは世間の迷惑。兵庫県が過激なポスターを作った。これを三ノ宮駅に貼るより大阪の難波駅の方が似合う。

「チカン アカン」のポスターと並べて貼っては?

2017年7月14日 (金)

熟成スパイラル 凄いぞ!

17714田苑シルバー(麦25度)に熟成スパイラルを投入して1週間が経過。結構、色が付いている。色合いは隣の樽熟成の田苑ゴールドを超えている。

市販の熟成焼酎は左側程度の色付けしか許されていない。熟成させた際の色はウイスキーの10分の1以下でないといけないと酒税法で決められている。

しっかり熟成した焼酎を飲みたいならオーク製ミニ樽で熟成させる方法とこの熟成スパイラルで熟成させる方法がある。

熟成スパイラルはオーク材をスパイラルカットしてオーブンで焼いてある。お酒との接地面積が増えるために短期間にお酒を変化させることが可能。基本的に1回きりの使い切りタイプ。

2017年5月31日 (水)

詐欺サイトに注意!

当店が販売する商品の1つ「熟成スパイラル」の画像と文言をそのまま真似てネットで販売している会社を発見。販売価格は40%引きとかなり安い。何と悪質な会社だと思いながら、会社の情報をネットで集めるとなんと詐欺サイトの会社として多くの書き込みが見つかった。これには参った。問い合わせ先の電話番号も無いので怪しさは増す。会社概要の住所はグーグルマップで調べると茨城県のアパホテル。

通販大手の会社も同様の被害にあっており、自社のホームページ上でこの会社名(株式会社ケールバーム)を載せて注意喚起しているので確実に詐欺サイトだ。

価格の安いショップや電話番号の無い店での買い物は気を付けてください。お金を振り込んだら最後、商品は届かない事態に・・・

2017年5月29日 (月)

これは凄いぞ!

一人でこんなことができるの!

2017年5月24日 (水)

ボツになった川柳

最初のハガキが新聞に載ったので気をよくしてその後も出すがボツばかり・・・

● ミサいる? ビックリさせるな 以後禁句

● 国指示か 偶数月だけ 孫が来る

● ヒジ痛い もっと痛いと ヒザが言う

● 煙あびる 医者と お寺で鉢合わせ

● イチゴ狩り カメラが気になり 元取れず

Imagecapgnhyo

2017年4月15日 (土)

素晴らしい対応のソニー損保

自動車保険のことでソニー損保に電話。対応してくれた女性は無駄の無いテキパキとした処理を進める。私の質問にも的確な返事が返ってくる。なんとも気持ちのいいやり取りがスムーズに進む。

最後に「本日、〇〇が対応させていただきました。」みたいなことで終了。そこで私が「〇〇さんの対応は100点満点です。とても気持ちよくやり取りができました。」と言うと、謙遜しながら「そう言っていただけると励みになります。」と、素直な返事が返ってきた。

きっと素晴らしい家族や友達、同僚たちに囲まれているのだろうと彼女の人生を勝手に想像してしまった。私も顔の見えないビジネスをしているので大いに学ぶところがある。

2017年4月 7日 (金)

オリジナル コースター完成

Photo天使のミニ樽のオリジナル・コースターが完成。地元の会社にオーダー。なかなかいい感じに仕上がりました。

「父の日」のプレゼントにミニ樽を選んでいただいた方にプレゼントする計画。

2017年3月30日 (木)

シングルモルトをミニ樽に入れる

ミニ樽に入れるお酒は様々。初回から高級なシングルモルトを入れる人もいる。居酒屋さんで1リットルを樽キープしたお客さんがそうで、2ケ月後に飲んだら凄く美味しくなっていたとの連絡を頂いた。「もう元の酒は飲めない・・」と、言っているとのこと。

熟成の変化を短期間で実感するには1リットルのミニ樽がいい。お酒とオーク材との接触比が高くなるので短期間に熟成が進むのが理由。

2017年3月18日 (土)

人は見かけによらない・・・

信号の無い横断歩道で左右をキョロキョロしながら横断するタイミングを待っていた。そこに黒くていかついワンボックスカーが走って来た。「これは止まってくれないだろう」と、決め込んであきらめていたら、何と私一人のために止まってくれたではないか。これにはちょっと意外。

車に向かって手で合図をして歩道を渡る。運転手も合図を見てくれたと思う。こんな時って嬉しくなりながら、見かけで判断した自分をアカンと恥じながら、世の中、捨てたもんじゃ無いと思った。

運転手は「今日はちょっといいことをした。」と、いい気分になれば互いにWINWIN となる。こんなことが一日の中で何度もあれば世の中、平和で楽しくなるに違いない。

2017年2月19日 (日)

毎日新聞の川柳に載った。

連日、トランプさんがニュース・メーカーとなっている。彼の発言にまつわる川柳を毎日新聞に投稿したら載ったのでご紹介。

● 見せたいよ 日本の軽を トランプに

アメ車を買えと迫るトランプさんに日本の軽自動車を見せたいとの思いをうたって採用された。続いてこんな投稿もした。

● アメ車買え デカイ悪い高い それでも買え

2017年2月17日 (金)

熟成スパイラル 販売開始

Img_2954_2 142_2

ボトルに入れてお酒を熟成させる「熟成スパイラル」を販売開始。アメリカの特許品で斬新!らせん状にカットすることでお酒に触れる面積を増やしているのが特徴。

市販の焼酎に入れてみると写真(右)のように色が付いた。ほのかにオークの香りも加わっているのが分かる。2週間でここまで変化したのにはビックリ。安価なウイスキーに入れても味の変化が楽しめる。

熟成スパイラルは永久的に使えるものではない。説明書ではその効果は1回きりのようだが、効果を復活させる裏技がある。今は内緒。

2016年12月26日 (月)

「メリー・クリスマス」って言うのは25日だけは寂しい

アメリカにいたころは12月に入ったら挨拶はメリークリスマスって言っていた。今は宗教上の問題で「Happy Holidays」になっているようだが。

私が12月中旬頃から「メリー・クリスマス」って言うと、ほとんど人から「早すぎますよ」って言われた。今日、26日に行きつけのスタンド・バーの女性に「メリー・クリスマス」と言うと、「もう終わりましたよ」と言われた。

日本でメリー・クリスマスは25日限定の言葉のようだが、これはアカンや寂しい。もう少し、幅が有ったほうがいい。

家に飾っていたイルミネーションを早速、片づけている家を見かけた。次は正月の準備だろう。日本は息苦しいね。

«大根ドロボー と タマゴ